OBS

番組内容

ワケありシリーズ #復活

2018/05/23  |  番組内容

息子が復活!

photo

photo

井上和仁さんは、60年前にお父様が作り、荒廃してしまっていた農園の営業を今年のG.Wから再開しました。
大分発祥の甘夏。しかし、酸っぱく、剥きにくいというイメージから人気がなくなっています。それを覆し、美味しさを再認識してもらうために奮闘中です。

★ソフィッコランド
場所:大分市上白木8
電話:097-574-4930
開園日:土・日・祝日
営業時間:10~14時
※6月末まで入園料無料

 


常連客が復活!

photo

photo

別府冷麺の老舗、胡月。
今年2月に10年来の常連客 高木徹さんと加藤剛史さんが味を引き継ぎました。
前店主からの一番の要望は「材料をおとさないこと」。一番の決め手は「スープ」だそうです。

★胡月
場所:別府市石垣東8丁目1-26
電話:0977-25-2735
定休日:毎週火曜日

 


常連客が復活!

photo

photo

JR豊後竹田駅のロータリーの一角にある店で、15年以上愛されているのがカレーパンです。
3代目として、今年1月から味を守っているのは、瀧下雅幸さん。
採算がほとんど取れていないなかでも作り続けるのは、カレーパンの味を文化として伝えていきたいからだそうです。

★ランチカフェ「らんぷ屋」
場所:竹田市会々2332-1
電話:0974-78-1008
定休日:木・日曜日(ただし、農作業で休む日も有り)
営業時間:11~19時

 


本人が復活!

photo

photo

大分市上野丘、大分市美術館で長年愛されていた「グランメールチキン」の生みの親、山村孝二さん。
2年前に惜しまれながら閉店しましたが、お客さんの要望により、故郷 竹田市荻町の古民家を改装して、新たに去年7月お店をオープンしました。
自家菜園で野菜作りも始め、スローライフを楽しみながら、愛される味を守っています。

★ぞんた~くひかり
場所:竹田市荻町馬背野380-1
電話:0974-68-2217
営業日:土・日・祝日
営業時間:11~17時
※平日は予約に応じて営業

民泊新法どうする民泊

2018/05/23  |  番組内容

アパートなどの空き部屋を活用し、宿泊場所を提供する民泊サービス。手頃な価格で宿泊ができるため、今、外国人旅行者に人気を集めています。観光庁は2020年には 日本を訪れる外国人旅行者は4千万人。地方都市で宿泊する外国人の数はのべ7千万人まで増えると予測しています。その需要に応えるため、来月15日から住宅宿泊事業法いわゆる民泊新法が施行されます。民泊新法では自治体へ届け出て、年間180日まで旅行者の宿泊が許可されます。民泊新法で何が変わるのか?また、急増する外国人旅行者の受け皿となることができるのか?県内の動きと課題を探りました。

別府市の中心部の旅館では急増する外国人宿泊客のニーズに応えようと去年4月からインターネットの仲介サイトを利用した民泊サービスを始めています。始めたのは、アパートの空き室を活用したホテル事業。賃貸用のアパートをおよそ半年かけて旅館業法で定める簡易宿所に改装しました。部屋の広さはおよそ60平方メートル。2泊から宿泊の予約を受け付け、料金は一泊およそ一万円です。アパート型ホテルを始めて一年あまり。稼働率は徐々に上がり、6割に達したそうです。

photo

大分市の不動産会社はJR大分駅から徒歩5分の立地にあるアパートの空き部屋を活用して、民泊で新しいビジネスができないか模索しています。しかし、民泊を始めるには消火器や誘導灯などの義務付けがあり設備投資が必要です。ゴミの処理や夜間の騒音対策など近隣住民への配慮が事業主に求められます。地方でも新たな民泊ビジネスは根付くことができるのか?一過性ではなく、長期的に続けられる環境づくりが必要です。

photo

今後、ますます外国人旅行者を呼び込む為のヒントとは!?
由布市湯布院町の湯平温泉。山城屋は、ここ数年で外国人観光客から高い人気を集めていて、去年は世界的な旅行サイトトリップアドバイザーの日本の旅館部門で3位に選ばれました。客室の案内サービスは英語や韓国語など4か国語に対応していて、浴衣の着方や温泉の入り方などを学ぶことができます。また、旅館のホームページには空港から旅館までのルートを写真つきで紹介し、所要時間や料金などを細かく記載しています。

photo

宇佐市四日市には築70年の旅館を改装して、去年10月に市内初のゲストハウスがオープンしました。ゲストハウスを運営する高坂亮佳さんは、3年間にわたりバックパッカーとして世界およそ50か国を巡りました。ゲストハウスは複数の旅行者が共同で使う簡易型の宿泊施設です。6部屋ある客室のなかには色ごとにテーマをわけた個室があって、茶色を基調にしたアースの部屋はアフリカをテーマとした小物や絵が飾られています。また、高坂さんは地域の歴史や文化を知ってもらおうと周辺の案内ツアーを実施していて、外国人観光客に自分のおススメの場所を伝えています。

photo

美しきバラの世界

2018/05/16  |  番組内容

県内各地で見ごろを迎えている花の女王「バラ」。観光バラ園の見どころや個人宅のオープンガーデン、海外展開するバラ生産企業を紹介。

 

大神ファーム(日出町)

ローズガーデンには600種1000株のバラが咲き誇ります。植物をこよなく愛すスタッフ梛木大輔さんは「バラの花園に迷い込んだかのようにガーデン内を歩いてほしい」とのことでした。

問:大神ファーム 0977-73-0012

Still0516_00008Still0516_00007

千財農園(宇佐市)

藤棚で有名な千財農園では2年前からバラ園をオープン。5000平方メートルの広大な敷地に2500株のバラが植えられています。千財康雄さんのおすすめスポットは「バラのトンネル」だそうです。

問:千財農園 0978-33-2388

Still0516_00004Still0516_00005

湯布院 ホテル森のテラス(由布市)

ホテルから約2キロ離れた場所にあるローズガーデンは、バラを中心としたイングリッシュガーデン。宿泊者以外でも無料で見学可能。

問:湯布院 ホテル森のテラス 0977-28-2000

Still0516_00009Still0516_00010

海のみえるバラ園 Suga(佐伯市)

本田重工業向かいの高台にある海の見えるバラ園 Suga。垂れ下がるつるバラを接木して傘のようなカタチをつくる「ウィーピング」は必見。

Still0516_00012

自家焙煎工房 モカ珈琲(佐伯市)

海の見えるバラ園Sugaの菅さんがバラの栽培を教えてもらった喫茶店。菅さんの師匠だった児玉勝義さんは昨年がんで他界。現在モカ珈琲のバラ園は菅さんが手入れしています。

Still0516_00002Still0516_00011

柳迫バラ園(佐伯市)

佐伯市狩生にある柳迫さん宅オープンガーデン。ベルサイユのバラシリーズや世界殿堂入りのバラなどが見どころです。

Still0516_00013Still0516_00014

有限会社メルヘンローズ(玖珠町)

玖珠町の高台にあるバラ生産企業。80~100種のバラを年間100万本切り花として出荷。メルヘンローズオリジナルの品種も多いです。アーチング栽培法をいち早く取り入れた企業で海外のブリーダーとの取り引きもあります。

Still0516_00001Still0516_00015

大人気!マルシェ型イベントの魅力に迫る!

2018/05/09  |  番組内容

複数の雑貨店やベーカリー、カフェなどが一堂に会して商品を販売したり来場者と触れ合ったりする「マルシェ型イベント」。ここ数年、女性を中心に人気を集め毎回多くの人でにぎわいます。番組では5月6日に大分銀行ドームで開催された「青空マーケット」に密着。なぜ「マルシェ型イベント」が人々の心をひきつけるのかを取材しました。

青空01

来場者にとっての最大のメリットは、さまざまなジャンルの店を一度に楽しめること。特に「青空マーケット」の場合は主宰の中晴紀子さんが出店店舗に妥協せず全体をコーディネートをしているため、年々ファンが増えています。出店側にとっては、店の知名度を上げることはもちろん、新商品へのチャレンジや出店者同士の横のつながりなど複数のメリットがあります。

青空02青空03

これまで何度も出店している布ナプキン専門店クラソの秦紀子さんは「気軽に手にとってほしいので布ナプキンの普及のためにマルシェ型のイベントは欠かせない」と話していました。また今回が初出店のパン工房エトワル・渡辺直也さんは「イベントの際は普段より材料や製法にこだわって、自分が本当に作りたいパンを作って販売することができる」と今後も積極的にマルシェ型イベントに参加したいと意気込んでいました。

青空04青空05

新たな可能性 ドローンビジネス最前線

2018/05/09  |  番組内容

photo

私たちの仕事や生活が飛躍的に変わる可能性を秘めた小型無人機ドローン。国内のドローン市場は急速に拡大していて、2022年には2600億円を超える市場になると予測されています。大分は、ドローン産業で世界を制することができるのか!?ドローンビジネスの最前線を追いました。

 


(1)日建コンサルタント(大分市)

ドローンが撮影した映像を解析することで自動的に測量ができるシステムを導入し、新しいビジネスを始めています。撮影した写真は、パソコンに取り込んで専用のソフトで立体地形図をつくります。立体地形図は、さまざまな角度から距離や高さを計測できて、土地の断面が解明できます。日建コンサルタントのドローンは先月、中津市耶馬渓町で起きた山崩れ現場でも重要な役割を果たしました。

 


(2)柳井電機工業 (大分市)

柳井電機工業はドローンでメガソーラーの点検をしています。点検は、これまで3日を要していた作業が20分に短縮できて、人手もかからなくなりました。また、赤外線を搭載した特製のドローンを販売しています。今後は、機体の価格を手の届くものへと近づけて、性能の向上を図っていきたいということです。

 


(3)イームズジャパン(大分市)

国の内外で需要が高い農業用ドローンの販売や開発に力を入れるイームズジャパンは、海外にも取引先があり販売ルートを築いています。部品はすべて、業務提携するグループ企業が製造し、独自のブランドを立ち上げています。今は、陸上用のドローンや水上用のドローンの開発にも力を入れています。

 


(4)先端技術イノベーションラボ(大分市)

先月、県産業科学技術センターに完成した施設で西日本唯一のドローン開発拠点となるべく使命を担っています。建物は大きく2つの部屋にわかれていて、磁気シールドルームには高効率モーターを開発するために必要な世界最高水準の磁気測定装置が設置されています。また、電波暗室はドローンが飛行する際に電磁波が誤作動を起こし飛行の妨げにならないように試験が繰り返されています。今後、県産業科学技術センターは大手電機メーカーへ測定器や研究スペースを提供し、実験で得たデータを中小企業へ還元したいとしています。

全国が注目!福岡・糸島エリアの魅力

2018/05/02  |  番組内容

全国各地から人が集まる、福岡県糸島エリア。
移住者も増え続けている、今話題のスポットの人気のヒミツを探りました。
ポイントは、豊かな自然・豊富な食材・ものづくりです。

★ご紹介したスポット・お店★

photo

海岸にあるインスタ映えスポット“天使の羽”

東側にあるため、撮影は午後~夕方にかけてがベスト。

★PALM BEACH THE GARDENS
場所:福岡市西区西浦285
電話:092-809-1525 (ALPACINO)

 


photo

インスタ映えする真っ赤な“ロンドンバス”の正体はカフェ。

ジェラートやホットドッグを購入すれば、バスの中に入ることができます。
撮影は、開店直後~午後あたまがオススメ。

★糸島 LONDON BUS CAFE
場所:糸島市志摩野北2289-6
電話:なし
営業時間:11:30頃~日没
定休日:不定

 


photo

海岸沿いに数多く並ぶオシャレなカフェ。

食材にもこだわり、糸島産の野菜を使っている店ががほとんどです。農家さんも食の多様性に柔軟に対応される方が多く、いつでも旬の野菜を楽しめます。
これからの季節、バルコニー席が人気。狙うは、開店時間直後か夕方。

★Beach cafe SUNSET
場所:福岡市西区西浦284
電話:092-809-2937
営業時間:11:00~OS 21:00
定休日:木曜・第3水曜
※サンセットライブ2018…9月1日(土)・2日(日)開催予定

 


photo

糸島には、多くのアーティストが移住しています。

ものづくりの人たちが来ることによって今の糸島を作り上げていったともいえるそうです。
木工、陶芸など糸島生活の中で作られた作品に触れてみてください。

★糸島くらし×ここのき
場所:糸島市前原中央3-9-1
電話:092-321-1020
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜

 


photo

大分市出身の方が開いた工房。

独立をきっかけに場所を探していたところ、糸島にたどり着いたとか。
一つ一つ手作りで作る家具は、とても繊細でオシャレです。
予約をすれば、ワークショックもできます。(2,300円~)

★贈り物家具 みはたや
場所:糸島市志摩馬場897-1
電話:090-8414-6136
※訪問前に一度連絡してください。

 


photo

糸島は、天然真鯛の漁獲量が6年連続全国1位。

今年は、市をあげて「鯛」を売り出そうとしていて、これから多くの商品が開発されるとか?!
ぜひ、糸島の「鯛」を味わってみてください。

★やますえ
場所:糸島市多久523-1
電話:0120-417-555
営業時間:10:00~17:00
定休日:年末年始

2018春~夢への挑戦~

2018/04/25  |  番組内容

【1】大分県警察学校 奈良淳史さん(33)

photo

photo

11年間の社会人経験を経て、この春大分県警察学校に入校。
刑法など法律知識の学習だけでなく柔剣道の心得を習得、さらには4月だけ行われる「特別訓練」など厳しいながらも充実した学校生活に密着しました。

 


【2】別府市在住 橋本剛さん(31)

photo

photo

25歳の時、留学中のシドニーでの事故により四肢麻痺に。
去年、別府市に移住し車いす生活を送っています。
ミヤマキリシマの美しい時期に「くじゅう連山」登山に挑戦。
クラウドファンディングによる支援を募っています。

(支援ページはこちら)
https://camp-fire.jp/projects/view/66145

おおいたトレンドLABO #焼き肉

2018/04/11  |  番組内容

総務省統計局が3月に公表した家計調査に基づく全国都市ランキングで大分市の焼き肉消費額が全国第2位となった。県内は人口に対する焼き肉店の店舗数が全国第4位。顧客のニーズに合わせた店づくり競争が激化している。そこで大分市内の特色ある焼肉店を取材。

 


・リーズナブルでおなかいっぱい!食べ放題

photo

KAJA中島店(大分市碩田町)はメニューブックまるごと食べ放題を実施。その手軽さから「ひとり焼き肉」の客も多い。

 


・キッズ大喜び!子ども用遊戯施設

photo

韓国苑下郡店に隣接する広大な屋内型キッズスペース「韓国苑キッズパーク」。韓国苑で食事をすれば入場料500円が無料になる。小さな子ども連れファミリーに大人気。

 


至福のひととき 焼肉フルコース

photo

焼肉羊馬(大分市牧)はこだわりの旬のお肉を部位ごとにじっくり味わってもうらおうと日本料理やフランス料理のようにコース仕立てで焼肉が堪能できる。

 


みんなでワイワイ!居酒屋スタイル

photo

無敵のおやじ(大分市中央町)はもつ鍋やラーメン、一品料理と一緒に焼肉が楽しめる居酒屋スタイルの店。

 


豊後牛の魅力を伝える伝道師 肉追い人

photo

にくの蔵 焼肉銀山亭(大分市都町)オーナーの今井治さんは長年精肉流通業に携わってきた肉の目利き人。豊後牛の良さを多くの人に知ってもらうため全国各地を飛び回る。

 


新天地で再スタート!70歳の挑戦

photo

炭火焼 焼肉なり田(大分市都町)のオーナー成田均さんは、70歳を機に都町を離れ、自宅のある別府市に移転オープンする。新店舗では焼肉だけでなく都町店で人気だったサイドメニューのトンカツやカレーライスをランチで提供する。

一芸で街を元気に!輝く!地域の"スター"を発掘

2018/04/04  |  番組内容

一芸で街を元気にする輝く"スター"にお会いしました!

 


(1)日本一の演歌男子・元永航太さん(18)
この春、中津東高校を卒業した元永さん。
4歳から本格的に歌い始めた演歌は、カラオケの全国大会(18歳以下)で日本一に輝くほどの腕前です。
今月から、地元に就職を開始し、社会人としての新生活が始まりました。

 


(2)日田の木をPRするヒーロー戦隊「木レンジャー」
今年の2月に誕生したヒーロー戦隊「木レンジャー」
メンバーは小学4年生の6人組で、日田の木を積極的にPR!
リーダーの高村虎志郎くん(9)は、フリーペーパーを自作するほど日田愛にあふれた小学生です。

 


(3)佐伯市の歌姫・姫奴こと加藤太助さん(82)
佐伯市内を中心に活躍中のベテラン歌姫・姫奴さん。
佐伯商工会議所の議員時代に、地元の祭りを盛り上げたいと女装を発案。
以来約30年にわたり、佐伯市の盛り上げに一役買っています。

 


(4)誕生!挾間発のご当地アイドル「医大ん坂830」
先月、由布市挾間町に誕生したご当地アイドル。
メンバーは30~80代の男女20人。
通称・医大バイパスの坂道から、その名が付きました。
今後は町内のイベント出演をしながら、握手会や総選挙も行っていきたいと野望(?)を語って下さいました。

大分で就職&起業する留学生 YOUのお仕事教えてください

2018/03/29  |  番組内容

今月16日におこなわれたAPU春の卒業式。そこで、世界中から集まる留学生に今後の進路をきいてみました。

留学生たちの主な進路は以下の3つ。

(1)大学院進学もしくは、母国に帰る…3分の1
(2)日本の首都圏で就職…3分の1
(3)母国、日本以外の第3国で就職…3分の1

しかし最近、大分での就職や起業を考える留学生が増えているそうです。そこで、実際に会いにいきました。

 


◆株式会社 STEQQI

タイ出身のワチャレイントーン・カムガードさん(通称ビルさん)は、動画制作やSNSコンサルティングの会社を起業。来月からスタートします。ビルさんは、タイのビデオコンテストなどで数々の受賞歴を持つ凄腕クリエイター。APU在学中に学生募集のPR動画をつくりました。今の目標は、よりハイクオリティーな動画制作ができるようにスキルを磨くこと。そして、大分と海外を結ぶ架け橋になりたいと考えています。

photo

株式会社STEQQI
住所:別府市京町11番8号 APUプラザ大分2F 個室B

 


◆ゲストハウス松亀荘(まつきそう)

スリランカ出身のヤサス・カルナーナーヤカさんは、去年4月に別府市でオープンしたゲストハウス松亀荘のマネージャーを務めています。ゲストハウスとは、大勢で一つの部屋をシェアする宿泊施設。長期間の旅行をするバックパッカーから人気があります。松亀荘は、古い旅館を改築した日本らしい風情ある建物を利用しています。その為、外国人観光客からの支持が多く宿泊客の半数を占めます。ヤサスさんはもともと、スリランカの銀行や証券取引所で働いていたエリート会社員。しかし、観光業に興味を持ちAPUに入学。別府で就職しました。ヤサスさんは、「たくさんの人に会える今の仕事が楽しい」と言っていました。

photo

ゲストハウス松亀荘
料金   :3,000円~ 一泊二日・食事なし
問い合わせ:0977-76-5658

 


◆豆田インフォメーションセンター

日田市観光協会が留学生と連携し期間限定(今月31日まで)で開設した観光案内所。常時2人のAPU留学生が住み込みでスタッフを務めるシステムです。最近、豆田町には外国人観光客が急増中。より詳しい観光案内が必要だという声があった経緯があります。取材の日は、アメリカ出身のジョシュアさんと韓国出身のヘイ・ウォンさんがスタッフを務めていました。2人は、スタッフを務めながら日田の歴史や文化を学び地域の人々との交流を深めていました。今後、観光協会は「優秀な人材がいれば是非、採用も」とのことです。

photo

日田市観光協会
問い合わせ:0973-22-2036

1 / 2712345...1020...最後 »