OBS

番組内容

シェフの感動グルメリレー第2弾

2019/01/16  |  番組内容

食のプロが感動した味をリレー形式で紹介する「シェフの感動グルメリレー」第2弾。

 


photo

photo

豊後炭火焼肉山崎光吉店 山崎貴紀さん ⇒ 喜々(大分市都町) 鶏料理

photo

photo

喜々 足立壮士さん ⇒ Kitchen WILL(大分市都町) だしを使った料理

photo

photo

Kitchen WILL 西岡佳史さん ⇒ 味あら井(中津市)のすべて

photo

photo

味あら井 荒井寛義さん ⇒ ハルチョコレート店(中津市)

photo

photo

ハルチョコレート店 塩崎光治さん ⇒ 丹羽茶舗(中津市)どら焼き

photo

photo

 


【問い合わせ】

★喜々(大分市都町) 097-532-3115
★Kitchen WILL(大分市都町) 097-532-2202
★味 あら井(中津市) 0979-23-5550
★ハルチョコレート店(中津市) 0979-24-6634
★丹羽茶舗(中津市) 0979-22-0123

元日 大分空港を利用するワケは?

2019/01/09  |  番組内容

元日に空港を利用する人達にそのワケを調査しました。

photo

photo

大分空港では元日に初日の出を見るイベントを実施。
来場者にはドリンクや記念品のプレゼントも!
今年は県内外から380人が展望デッキに集まりました。

photo

photo

東京から大分への始発便には大晦日に紅白歌合戦で氷川きよしさんとコラボレーションしたDRUM TAOのメンバーも搭乗していました。

photo

photo

そしてこの日、大分に帰って来た橋本容昌さん・茜さん夫婦。
去年12月に結婚し、夫婦として初めてのお正月を容昌さんの実家で過ごすために帰省してきました。
今回、お二人の帰省に密着。幸せなご家族と出会えました。

高校生×地元企業・自治体 コラボ商品開発

2018/12/19  |  番組内容

大分商業×成美×トキハインダストリー

大分商業高校・商業調査部が成美(豊後大野市)とコラボレーションして開発した「大商カレー」が2018年トキハインダストリーのお歳暮ギフトに!

大商×成美大商カレー

中津東×村のぱん屋・SUN+丸善かまぼこ+翔天食堂

中津東高校マーケティング部が村のぱん屋・SUN(福岡県上毛町)とコラボレーションして開発した「中津東のぎょろっけバーガー」。さらに今月、第2弾の新商品が誕生!その名も「鶏メンチカツサンド」。

中津東マーケティング部中津東のぎょろっけバーガー

国東高校双国校×国東市×国東市商工会

3者が連携して発足した「商×官×学連携 地域ソーセイプロジェクト」。記念すべき第1弾商品は「鬼おんちっぷす」(協力:国東ゴコク堂)と「鬼バーガー(赤鬼・青鬼)」(協力:国東食彩ZECCO)。

双国校鬼バーガー

シェフの感動グルメリレー

2018/12/12  |  番組内容

シェフが脱帽した感動の味をリレー形式で紹介!

 


★番組で紹介したお店★

・四季の味 ぎんなん
ことし発売されたミシュランガイド熊本・大分にも掲載された人気店。
店主の西崎さんはおおいたの新たなおもてなし料理「豊後料理」の創作にもたずさわりました。

photo

photo

松花堂ランチ 2,000円

住所:大分市中央町3-6-1
電話番号:097-537-3528
定休日:なし

 


・函館らーめん 藍

四季の味 ぎんなんの西崎さん絶賛の塩ラーメン。黄金色のスープは昆布を中心にいりこや鰹節などを出汁としてつかっている。

photo

photo

住所:大分市 青崎2丁目121
電話:097-523-1008
休み:水曜日

 


・クールフーズHANA

函館らーめん藍の店主山本さんが絶賛したのはHANAのしゅうまい。
江藤さんは元々カフェを営んでいたが、現在は冷凍食品のテイクアウト専門店。しゅうまいの豚肉には九重“夢”ポークが使用されており、後味が良いと評判。

photo

photo

住所:大分市 中鶴崎1丁目10−18
定休日:土曜日・日曜日・月曜日・祝日
電話: 097-527-2823

 


・鶴亀フーズ

大分県産の生海苔を使って加工海苔を製造。
レーザー加工をして繊細なデザインのカットのりも生産できる。オーダーメイドでの製造も受け付けています。

photo

photo

住所:大分市大字里2422番地の1
電話:097-524-2265
休み:土曜日・日曜日・祝日

 


・十割蕎麦 円寿

今年発売されたミシュランガイド熊本・大分に掲載された蕎麦屋さん。
そば粉は関東のものを中心に時期によって香りのよいものをブレンドしている。

photo

photo

住所:大分市田尻583
電話:090-7829-7119
休み: 木曜日

 


・豊後炭火焼肉 山崎

庭園を望む個室から最高級黒毛和牛をリーズナブルな価格で味わえる。
焼きしゃぶは片面焼きでおよそ20秒という早さで焼きあがる。

photo

photo

住所:大分市光吉1129-1
電話:097-524-5988
休み: なし

旬感ゼミ おおいた講座「下藤キリシタン墓地」(臼杵市野津町)

2018/11/28  |  番組内容

不定期トライアル企画「旬感ゼミ おおいた講座」。
大分県のことを、よりディープに知ることができるクイズ形式のご当地ゼミナールです。
今回のテーマは『下藤キリシタン墓地』(臼杵市野津町)。
墓地遺構全体が良好に残る国内最大規模のキリシタン墓地で、国指定史跡にもなりました。
発掘調査を手がけた臼杵市教育委員会の神田高士さんに下藤キリシタン墓地の秘密について説明してもらいました。
66基の石組遺構(墓標)のうち仏教石塔の部材を再利用して長方形状に敷き詰めたものがあることや、頭を西に向けて埋葬された理由として考えられる他のキリシタン遺跡との位置関係、広場状石敷遺構(石敷きの広場)の真ん中に石造十字架が建てられていたと考えられることなど、興味深い話をたくさん聞くことができました。
下藤キリシタン墓地は、日本におけるキリスト教の歴史を語る上で、長崎と同等の価値がある史跡と言っても過言ではありません。

photo

photo

photo

photo

photo

ゲキアツ!最新大分ラーメン

2018/11/07  |  番組内容

★紹介した店舗

photo

photo

(1)味噌の達人(大分市生石)
臼杵市「カニ醤油」を熟成させた特製味噌を使用した濃厚な味わいが特徴的な味噌ラーメン。

電話: 097-529-7529
営業時間: 午前11時30分~午後10時
定休日: 水曜

 


photo

photo

(2)和中華 黄金パンダ(大分市中央町「おおいた元気横丁」内)
ブランド豚「桜王」を使用したニラ豚つみれラーメンが話題!

電話: 097-579-6353
営業時間: 午後5時~午前0時(土・祝日は午後3時~午前0時)
定休日: 日曜

 


photo

photo

(3)夢を語れ(別府市石垣)
行列ができる人気店が大分初上陸!
店主のこだわりが光る「夢を語る」場所。

電話: なし
営業時間: 午後5時~11時(日曜は午前11時~午後2時)
定休日: なし

街角調査!おおいた紅葉ランキング2018

2018/11/07  |  番組内容

日ごとに深まる秋。県内各地で紅葉が見頃を迎えています。
今回の旬感!3chは、大分市内200人にアンケートを取り、人気紅葉スポットを紹介しました!

 


第5位  九重“夢”大吊橋(13票)

九重町の九重“夢”大吊橋。
日本最大級の吊橋から360度 紅葉を眺めることができます。

photo

photo

 


第4位 湯布院(14票)

金鱗湖では朝の早い時間に湯気が立ち上がる様子も見られます。

photo

photo

 


第3位 九酔渓(17票)

九重町の九酔渓。
渓谷の中で上下左右に広がる壮大な紅葉を見ることができます。

photo

photo

 


第2位 用作公園 (47票)

豊後大野市の用作公園。池に映る紅葉が人気。
シーズンには土日を中心にライトスポットが行われる。

photo

photo

 


第1位 耶馬渓(74票)

岩肌に根差す紅葉が魅力。
特に人気なのが一目八景で8つの岩々を一望できる。

photo

photo

市民の記録を未来へ繋ぐ 8ミリフィルム映画化プロジェクト

2018/10/31  |  番組内容

竹田市は市内の家庭に保管されていた8ミリフィルムに残る映像記録を1つの映画にする「竹8シネマプロジェクト」を去年8月にスタートさせました。

photo

地域おこし協力隊として活動している小笠原順子さんの呼びかけで、古い町並みや美しい景色、家族の風景など昭和10年から50年代の貴重な映像が記録されたフィルムが400本以上集まりました。

photo

映画監督を務める三好大輔さんは長野県を拠点に全国で8ミリフィルム映像をデジタル化して地域映画にする取り組みを行なっています。
今回、小笠原さんからの依頼を受けて竹田市民の記録を作品にすることになりました。

三好監督が映画作りで重点を置いたのが「映像による地産地消」。
地域に住む人たちも制作に参加することで今と昔の記憶を未来へ繋げます。

監督の強い思いから映画制作には300人を超える市民が協力。

photo

音声が入っていない映像には市内の子どもたちが家庭から持ち寄った道具を使って自転車を漕ぐ音や石畳を歩く足音など映像の動きに合わせて効果音を録音しました。

photo

今月28日に竹田市総合文化センターで開かれた上映会には映画の完成を心待ちにしていた市民約500人が駆けつけ、当時の思い出に浸っていました。

完成した映画「竹田ん宝もん」は今後、小学校の地域学習に活用されるほか地区の公民館などで上映して高齢者の認知症予防のツールとしても役立てられることになっています。

宇佐(USA)でEXILE USAさんと踊ろう!(※USAさんのUの字は正式にはUの上に点2つ表記です)

2018/10/31  |  番組内容

文化の祭典 国民文化祭おおいた2018。
県内各地でさまざまな文化活動の発表や交流が行われています。

photo

photo

27日(土)に宇佐市で開催された祈りの音をテーマにしたステージではEXILE USAさん!(※USAさんのUの字は正式にはUの上に点2つ表記です)と宇佐市のキッズダンサーたちが共演。
番組ではそのステージに密着しました。

photo

photo

フードバンク東九州 設立した医師の思いとは

2018/10/24  |  番組内容

まだ食べられるにも関わらず廃棄されてしまう食品を企業や家庭から集めて、食べ物に困っている人に届ける取り組み「フードバンク」の活動を追いました。

photo

日本では、年間646万トンの廃棄される食品いわゆる食品ロスが社会問題になっていて、全国的にもフードバンクの活動が広まりをみせています。
県内ではフードバンク大分と、今年8月に本始動した大分市大在に事務所を置く「フードバンク東九州」の2つがあります。

photo

新たにフードバンクを設立したのは、大分市大在の精神科医 三好修さん。
三好さんは患者と向きあう中で、家計を支える人が体調を崩し家庭の経済状況が苦しくなっている人たちが増えてきたと感じ、フードバンクの活動を始めます。

photo

「1人でも多くの人を救いたい、支えたい」
三好さんの強い思いに、今支援の輪が広がり始めています。
家庭や企業から持ち寄られる食料は150種類を超えました。
支援を受ける個人や施設もさまざまなところから聞かれ、多くの人のもとへ食料の提供が行われています。

photo

photo

フードバンクで食品を提供したい人、また食品をもらいたいという人はフードバンク東九州(電話:097-592-7302)まで連絡してほしいとのことです。食品を受け取りにいくことや宅配することもできるそうです。

三好さんは、これまでたくさんの善意が寄せられ本当にうれしいと話します。
一方で、フードバンクというだけで、抵抗があったり暗いイメージを持たれていたり、そうしたマイナスな印象から利用したくてもできない人が多くいるとのこと。
まずはそのイメージを変えて誰もが気軽に利用でき、様々な人との交流の場所にしていきたいのだと力強く語られていた姿が印象的でした。
フードバンク東九州は今月28日(日)午前9時~
大分市大在の九州調剤薬局大在駅前店の駐車場で2回目のイベントが開かれます。会場では食品の提供を受け付けています。賞味期限前のものでしたら受け取って下さいます。ぜひ参加してみてください!!

1 / 3012345...102030...最後 »