OBS

番組内容

東京五輪 新種目 3人制バスケットボール 3×3

2018/01/18  |  番組内容

いよいよ2年後に迫った東京オリンピック・パラリンピック。東京オリンピックに追加された新種目のうちのひとつが3人制バスケットボール3×3(スリーバイスリー)です。3×3とはかつて3オン3として知られていた3人制バスケットボールに国際バスケットボール連盟が世界統一競技ルールを設けたもの。12秒に1回シュートを打たなければならない12秒ショットクロックや21点先取のノックアウト制などのルールがあるため5人制と比べ攻守交替が早く試合展開がスピーディー!スタジオには去年12月東京で開催された「第4回3×3 U18日本選手権大会」で日本一に輝いた「STAMPEDE(スタンピード)ユース」のメンバーを招き3×3の魅力を聞きました。

stampede01t001

おおいたコンビニ事情

2018/01/10  |  番組内容

食品や日用品などさまざまな商品が販売されているコンビニ。
今回の旬感!3chでは大分の地域に根差したコンビニの取り組みを取材しました。

 


★番組で紹介した店舗★
・ローソン
去年6月、杵築市のローソンに移動販売車が登場しました。山香の山浦地区と向野地区を週2日ずつ回っています。中山間地域を回る移動販売車は全国でも珍しく九州では初めての取り組みということです。

photo

photo

 


・ファミリーマート
城南団地内にあるファミリーマートでは団地に合わせた商品をそろえています。調味料やスープの素が多くそろえられていたり、野菜も豊富にそろえています。
またファミリーマートでは店内にイートインスペースを設けた店舗が増えており、お客の地域交流に利用してもらいたいという思いで作られているということです。

photo

photo

 


・デイリーヤマザキ
山崎製パンが運営するコンビニ、デイリーヤマザキ。地域に愛される商品になればと3年前からご当地焼印入りのパンを作っています。2018年1月現在大分県では3店舗のデイリーヤマザキで販売されています。

photo

photo

インドに恩返しを!24時間似顔絵チャレンジ

2017/12/21  |  番組内容

大分市在住の今長学さん。4年前、転職を機にインドへ渡り人生観が大きく変わりました。子どものころから苦しんでいたアトピー性皮膚炎がインドのアーユルヴェーダで劇的に改善。また日々インドの人々と接していくにつれ「人間の最大の幸せはお金ではないのではないか」と思うようになり人生の価値観が変化していきました。「自分の人生を変えてくれたインドに恩返しがしたい」。今長さんはずっと心に秘めていた思いをついに今年カタチにしようと動き出したのです。その今長さんの思いに心を打たれたのが人気似顔絵師・ラクガキヤのマコこと大澤真琴さんです。全国各地で似顔絵を描き人々をハッピーにしているマコさん。「マコさんがインドの子どもたちの似顔絵を描いたら、きっと彼らはとびきりの笑顔を見せてくれるに違いない」という今長さんの思いにマコさんが賛同。2人は「マコさんがインドの子どもたち100人の似顔絵を描く」というプロジェクトをクラウドファンディングで立ち上げたのです。

manabu&maco

そのPR活動として12月11日午後0時11分~翌12日午後0時12分までマコさんが24時間似顔絵を描き続けるというチャレンジを決行することにしました。場所はふたりが初めて出会ったふくろうの森ビル(大分市王子中町)。チャレンジ当日はビル1階のカフェを24時間営業してくれるという古山圭二オーナーの粋な計らいが。チャレンジ当日、人が来てくれるかどうか心配していた2人でしたが、開始1時間後には店内は似顔絵を待つ人で満席になりました。訪れた人の多くは小さな子どものいる家族連れ。夜になると仕事を終えてかけつけた会社員や女性グループなど客層が幅広くなりました。極限チャレンジに挑むマコさんを応援したいという人や、今回のプロジェクトに共感し今長さんと直接話をしたいという人などが夜中~未明にかけて訪れました。まったく人が途切れないため、マコさんはノンストップで似顔絵を描き続けました。食事もパンやお菓子をつまむ程度。今長さんも訪れた人ひとりひとりに今回の趣旨説明とプロジェクト支援を呼びかけました。マコさんがもっとも睡魔に襲われたのは空が明るくなってきた午前7時30分ごろ。しかし朝からマコさんの似顔絵を求めてやってくる人があとをたたないため、ドリンク剤を飲んで眠気を吹き飛ばしていました。

n002n003

そして12日午後1時、マコさんの24時間似顔絵チャレンジが終了。総勢199組の似顔絵を描きました。そしてクラウドファンディングはチャレンジ1週間後に見事目標金額100万円を達成!来年1月下旬~2月上旬にインドへ渡り子どもたちの似顔絵を描くそうです。

n004

200人にききました!人気おんせんランキング

2017/12/13  |  番組内容

全国一の湧出量・源泉数を誇るおんせん県おおいた。街頭インタビューを元に大分の人気おんせんランキングを作成した。

 


★番組で紹介した温泉★

・ひょうたん温泉
年間30万人が訪れる人気の温泉で旅のガイドブックミシュランでも3つ星を獲得した。鉄輪地域の高温の温泉を竹製の冷却装置、湯雨竹で適温にする。そのおかげで源泉100%のお湯を提供している。

電話:0977-66-0527
営業時間:9:00~翌1:00
定休日:なし

photo

photo

 


・竹瓦温泉
明治12年(1879)創設、別府の公衆浴場。入浴料金は100円で実は男湯と女湯で泉質が違う。観光客には砂湯も人気。

電話:0977-23-1585
普通浴:6:30~22:30
砂湯:8:00~22:30(最終受付21:30)

定休日:なし(砂湯は第3水曜日休み※祝日の場合は翌日)

photo

photo

 


・明礬温泉
硫黄が香る明礬温泉。わらぶき小屋の中では天然の温泉成分「湯の花」が作られている。近隣の地獄蒸しプリンは作られる蒸気の違いによっても味が違う。

明礬 湯の里
電話:0977-66-8166
営業時間:10:00~21:00
定休日:なし

photo

photo

おおいたの介護男子

2017/11/29  |  番組内容

「介護男子フォト&動画コンテスト」(大分県社会福祉介護研修センター主催)で入選した作品と被写体の介護男子を紹介しました。

photo

最優秀賞作品の被写体 介護老人保健施設「希の里」(豊後高田市)に勤務する奥村直也さん(36)は同施設でただひとりの男性看護師です。「病院とは違い入所者の日常に寄り添い深く関われるところがやりがい」と話す奥村さん。奥村さんを慕う入所者の山本キヨ子さん(87)は「奥村さんは優しくてなごやかなので一番好きです」と笑顔で語ってくれました。
また奥村さんの同僚で介護福祉士の才藤祐一郎さん(31)と介護士の宮本晋吾さん(29)もイケメン介護男子でした!

photo

photo

photo

photo

優秀賞3作品のひとつ中城多喜子さんが撮影した作品の被写体は特別養護老人ホーム寿志の里(大分市中判田)で介護福祉士として働く小野友也さん(35)。元高校球児というだけあってルックスもさわやか笑顔もステキです。入所者の食事介助の際、一緒に「あ~ん」と口を開ける小野さんのしぐさは子育て中の親の姿と重なります。

photo

photo

行列ができる動物病院に密着!

2017/11/22  |  番組内容

県内最大規模の動物病院すえつぐ動物病院(別府市)に一日密着しました。
同病院は35年前に開業。現在10人の獣医師と16人の動物看護師が交代で勤務しています。

photo

photo

朝8時の診療受付開始と同時に受付カウンターには長蛇の列ができます。
診療が始まると5つある診察室はフル稼働。
飼い主さんになぜ同病院に通院するのか尋ねると「他の病院で治療を断念されたとき、ここに来たら助けてもらったから」「動物に対する愛情を感じる」「一生懸命みてくれる」といった答えが返ってきました。
末次由和院長の「あきらめない」ポリシーが人気の理由でした。
飼い主さんとじっくり話をすることで会話の中から病気に関するヒントを見つけ出します。

photo

午後1時からは手術の時間。同病院では手術の様子を飼い主がモニターで見ることもできます。

photo

午後5時からは再び外来診療。異物を飲み込んだ犬や肝臓に腫瘍がある犬など、さまざまな病を持った動物がやってきました。

photo

この日は午後9時に診療が終了しました。
末次院長に獣医師としてのやりがいを聞くと「動物の一生に関われるという点で魅力的な仕事」だと話してくれました。

大分市200人にきいた!あなたの好きな紅葉スポットは?

2017/11/15  |  番組内容

秋が深まるこの季節に、私たちを目で楽しませてくれる紅葉。
今回の旬感!3chは、大分市内200人にアンケートを取り、人気紅葉スポットをランキング形式でお届けしました!

photo

第5位は九重“夢”大吊橋!(8票)
今年3月には来場者が1000万人をこえ大分の人気観光地に!
気になる紅葉の見ごろは「今月中旬まで」ということで、まだ今年の紅葉は楽しめそうですよ!

photo

第4位は国東市の両子寺!(10票)
厳かな境内で色づく紅葉は、また他とは違った雰囲気を楽しめます。
現在、色づきは進んでおり、今週末から見ごろをむかえるそうです!
また国東半島の寺社では、夜間ライトアップを実施中。
詳しくはHPをご覧ください。

http://www.millennium-roman.jp/rokugou1300/event/detail.php?2017-8

photo

第3位は九重町の九酔渓!(15票)
川沿いの岩肌と色づいた紅葉が美しい名所です。
現在、色づきは進んでおり、今週から見ごろを迎えるそうです!
またお食事や買い物ができる桂茶屋。
名物看板娘ポン姫がみなさんを出迎えてくれますよ!

photo

第2位は豊後大野市の用作公園!(40票)
池を囲むように紅葉が色づき、比較的近くから見られることもあり、多くの支持を集めました!
現在は色づきも進み、まさに見ごろを迎えています。
徐々に葉は少なくなりそうですが、11月いっぱいは楽しめそうです。

photo

第1位は中津市の耶馬溪(71票)
県外からも多くの観光客が訪れる人気の景勝地!
他の紅葉スポットを寄せ付けない、圧倒的な支持を集めました。
中でも一目八景は岩肌と紅葉のコントラストが美しい名所。
現在は色づきも進み、今週からまさに見ごろを迎えています。

100人にききました!大分市 人気ラーメン店トップ10

2017/10/18  |  番組内容

肌寒くなりラーメンが恋しくなるこの季節。番組では「100人にききました!大分市 人気ラーメン店トップ10」をお送りしました。

 


★番組で紹介したお店★
・「太一商店 乙津店」
野菜の量や麺の太さなどを自分好みに調節することができる、食べごたえ抜群のラーメンが人気。スープをチャーシューと一緒に炊くため、相互に味がしみこんでいる。

電話:097-551-5850
営業時間:10:00~23:00
定休日:なし

photo

photo

 


・「元祖辛麺屋 桝元 大分南店」

宮崎発祥の辛麺のお店。スープは辛さだけでなく、うま味もある。辛さは0辛から100辛まで調節できる(標準は3辛)。麺はそば粉と小麦粉で作られた「こんにゃく麺」が一番人気。人気の理由には、こんにゃく麺には食物繊維が多くヘルシーなことも挙げられる。

電話:097-574-5918
営業時間:11:00~23:00
定休日:木曜

photo

photo

 


・「ラーメン工房 ふくや 大分駅前店」

大分駅すぐそばの豚骨ラーメン専門店。高火力の釜を使い、濃厚なスープを作っている。 定番の「元(はじめ)ラーメン」はもちろん、豚骨スープに鶏白湯スープを混ぜた「豊(とよ)ラーメン」も人気となっている。

電話:097-538-5165
営業時間:11:00~23:00
定休日:なし

photo

photo

 


・「一蘭 大分弁天店」

世界で73店舗展開するラーメン店(2017年10月現在)
半個室のカウンターで周囲の目を気にすることなくラーメンが食べられる。
秘伝の赤いタレは30数種類のスパイスから調合されており、作り方を知っているのは7000人近いスタッフのうち4人のみ。

電話:097-536-0606
営業時間:10:00~翌4:00
定休日:なし

photo

photo

 


・「牛ごろ」

大分市のアーケード街にあるラーメン店。
国産牛肉・牛骨を使った牛白湯スープがあっさりしている中に牛のうま味がしみている。

電話:080-2733-2929
営業時間:11:30~15:00/18:30~23:00
定休日:日曜日

photo

photo

激戦!おおいたカフェ大調査

2017/10/11  |  番組内容

★番組で紹介したお店★

・「コメダ珈琲店 大分中央町店」
名古屋発祥のカフェチェーン。
ドリンクを注文するとサービスでついてくるモーニングサービスが人気。
営業時間:7:00~24:00
定休日:なし

 


・「コナズ珈琲 南大分店」※11/3(金)OPEN
ハワイで過ごす休日をイメージしたカフェ。
ハワイの雰囲気を感じながら、ゆったりとした癒しの時間をどうぞ。

 


・「LADYBIRD COFFEE STAND(レディーバードコーヒースタンド)」
一定の基準をクリアした高品質コーヒー豆を使用した"スペシャリティコーヒー"専門店です。
電話:080-9245-7862
営業時間:(月~土)11:00~20:00/(日)11:00~18:00
定休日:水曜

 


・「cotake(コタケ)」
別府竹細工のギャラリーを併設したカフェ。
事前予約をすれば貸切湯に入浴可。
電話:0977-51-4396
営業時間:9:00~17:00
定休日:日曜

 


・「農民カフェ」
有機栽培を推進する臼杵の野菜を使ったカフェ。
宿カフェとしての機能も。
電話:0972-63-3447
営業時間:9:00~17:00
定休日:月曜

なぜかそれにはワケがある 絵本ブーム

2017/10/04  |  番組内容

今回の放送では年々売り上げを伸ばしている絵本。そのブームのワケを探りました。

photo

photo

由布市挾間町を拠点に活動するザ・キャビンカンパニーの2人。多くの絵本作家が東京や関西で活動する中、地元の人たちと密接にいたいと大分で制作に取り組む。近年の絵本作家はサイン会やワークショップなどで読者と交流する機会が増えており、ザ・キャビンカンパニーでは展示会用の大きな展示物も作成している。

photo

photo

絵本を使って大人に癒しを届ける人も年々増えてきました。絵本を通じて、声を出したり、内容について議論したりすることで、癒しを得る絵本セラピー。そのイベントを行う絵本セラピストは九州で100人、大分県内で20人となっています。読書の秋を迎え、絵本セラピストの活動も多くなっているようです。

photo

photo

豊後高田市に今年9月にニューオープンした「えほん月波や」は絵本・児童書専門の古本屋です。経営する金谷さんは元々刑務官を勤め、少年院を担当した時に親子のコミュニケーションが子どもの成長に大事だということを感じたそうです。その出来事が今回のお店のオープンのきっかけとなっています。

名作を後世に伝えていく人がいたり、大人の癒しとしても注目を浴びたり、良い作品を作ろうとする絵本作家さんがいたりして改めて絵本の魅力に気づく人が増えたというのが、絵本ブームの背景にあるようです。

1 / 2612345...1020...最後 »