OBS

がん征圧月間 私たちにできることは?

2018/09/19  |  番組内容

9月は「がん征圧月間」です。
今や2人に1人が、がんと言われている時代。
私たちにできることを考えました。

photo

今月行われた「リレー・フォー・ライフ・ジャパン大分2018」には、54チーム3,200人以上が参加し、24時間歩き続けるリレーウォークでは命のたすきを繋げました。

photo

photo

ご自身も乳がん経験者のピンククロス大分の中澤有里代表は、何よりも「早期発見」が大切だといいます。早期であれば、90%の人が治るということです。
そして、今年4月から大分で施行されたのが「ヘルプカード」です。
がんや内臓疾患の方など見た目では症状がわからない方への配慮を知らせます。
※「ヘルプカード」は、県庁や各市町村の福祉担当窓口で配布(無料)

photo

北浜温泉テルマスは、今年4月、ピンクリボン温泉ネットワークに申請したことをきっかけに、乳がん患者へ専用入浴着の貸し出しをしています。(レンタル料 200円)
また、10月のピンクリボン月間には、専用入浴着を無料で貸し出す予定です。
★北浜温泉テルマス
電話: 0977-24-4126
定休日:木曜日

photo

photo

病気や事故、怪我などで体の一部を失った人のために作られているのが、人工ボディ「エピテーゼ」。歯科技工士の黒崎さんが、造形技術にこだわって製作しています。
★株式会社クリエーション
電話:090-9476-6298

photo

photo

小児がんや脱毛症などで髪を失った子供たちに、寄付された髪の毛でウイッグを作って贈る「ヘアドネーション」。
年齢、性別問わず、誰でも思いがあればできるボランティアです。
※運営団体がいくつかあります。
ジャーダック:31センチ以上から受け付け。県内に、賛同美容室が30店あります。
つな髪プロジェクト:15センチから寄付が可能。事前にインターネットで登録要。