OBS

top_image

1月15日の放送内容

2017/01/15  |  放送内容

本日のゲストは、飯田裕美さん。相変わらずお美しい。
飯田さんとミチコは、実は旧い知り合い、仕事仲間でした。あれは…20年以上前だね、笑。
ある番組の担当が飯田さん、しゃべりてがミチコ。
ミキサーのひでちゃんもからんでいた、伝説の番組なんですよね、笑。
そんな飯田さんと、2016年に再会いたしました。
ふたたびご縁が始まって、とってもうれしい♪

photo

昔を思い出すと、あの頃の飯田さんは、黒のパンツスーツ、イベント会場でインカムつけて、テキパキと指示を送っている…このイメージ。スタイルがよくて、ほんとにかっこよかった(うっとり)。
現在の飯田さんは、まったくちがって、ふんわりとソフトな優しい女性のお姿。スタイルは相変わらず抜群、だけどイメチェンには、驚かされましたよ。フェミニンなファッションもとってもお似合いです(うっとり)。なにより、すごくお若い。
(四半世紀前に一緒に仕事してたんだから、最年少で計算しても、●歳でしょ?)
見えないわー!

飯田裕美さんは、マーケティングのお仕事をなさっています。
「広告宣伝は、商品やサービスを知ってもらうもの。マーケティングは、商品やサービスの認知から、購買までのフォローアップを指す」んだそうです。
ほぉ、アカデミックに説明していただくと、なるほどー!とうなっちゃいます。
飯田さん、昔は会社にお勤めでしたが、30代で独立なさったんです。会社勤めの頃は大きなイベントを任されていたので、独立してもやっていけると思っていました。ところが、2年間、なんのお仕事も来なかったんですって…。
そして自分の名刺の残り枚数を見て、この名刺がなくなったら、頭を下げてサラリーマンに戻らせてもらおうと思ったそうです。
見つめていた名刺は1枚45円でした。45円か…そう思うと、自分の名刺を使うことが惜しくなり…。
その時にはじめて、あぁ、事業主さんはこんなふうにシビアに広告宣伝費を使うんだと、身にしみたそうです。
会社員気質が抜けていなかった、本当の意味での経営者ではなかったと、深く反省したそうです。

それから県の支援機関に駆け込み、相談しました。飯田さんが積み上げてきた経験は、戦力になる経験でした。
徐々に徐々に、お仕事が増えてきたのです。

photo

なんと申しましょうか、ミチコは勇気をもらいましたよ。
こんなにソフトな印象に変化した背景には、闘ってこられた2年間があったんだなって。
飯田裕美さんからのリクエストは、平原綾香の「おひさま」
ミチコもこの曲、大好きです。
もっともっとお話をうかがいたいので、ぜひまた遊びにいらしてくださいね。
おひさまのように輝く飯田裕美さん、ご出演ありがとうございました。

それではまた来週、お相手はミチコでした。