OBS

top_image

3月17日の放送内容

2019/03/17  |  放送内容

本日のゲストは、工藤和之さん。大分市出身の役者さん。
もとは、お役所勤め。お辞めになってお好きな道、お役者へ。
“お役者”って、“お”は付けないですよね!
番組冒頭で“お”をつけて大笑いしちゃった私たちは、昨年のミュージカル『宗麟の海』で共演した仲。
かずにいさんにはたくさん助けていただきました。かずにいさん、ありがとう!
…和之さんのほうが少しだけ年下です…

photo

ミュージカルの時に思いましたけど、台詞を覚えるのがお早いですね!
「どうやって覚えるの?とよく聞かれますけど、何度も読んで何度も稽古してるからです。役者同士のやりとりで成立してくるもので、気持ちがのってきたら覚えられるんですよ」。
なかなかその域に入れませんわっ!

工藤さんが役者を始めたのは、26、27歳のころ。
それより遡ること数年前、遠藤周作さんの劇団樹座(役者としては素人の政治家などの有名人が芝居をする劇団。スタッフは一流。遊び心に溢れている)が大分であり、舞台に触れるきっかけとなりました。
もともと人前で何かをするのが好きで、大分舞鶴高校の頃は映画を作りたくて脚本を書き、監督に挑戦しました。撮影していると同級生たちからおまえがやったほうが早いと言われ、主役のひとりになっちゃったそうです。
当時から役者オーラがあったんですよ。

「役者ですと言った時点で役者です。なんの資格も必要ないですから」
そういえば私もことしの年賀状に“役者”って入れちゃったんですよ、きゃーお恥ずかしい^^

高校生のときにOBSラジオの番組に出たことがある工藤さん。
「高校生の悩みに同じ高校生が助言できたら」なんてハガキに書いて出したら採用されたんですって!
プレゼンもお上手!

話は尽きませんので、来週もまた来ていただくことにしました!

リクエスト曲は、大ファンだった石野真子の「春ラ!ラ!ラ!」。
工藤和之さん、ご出演ありがとうございました。

 

それではまた来週。
お相手はミチコでした。