OBS

3月12日の放送内容

2017/03/12  |  放送内容

本日のゲストは、藤川ユウマさん。

photo

東京在住。でもいまは、大分の人。
3月19日(日)に、ホルトホール大分で豊後FUNAIミュージカルがあり、藤川さんはその原作/演出/振付/脚本のすべてを手掛けています。
公演が迫ってきたので、もうずっと大分に張り付き!だから大分の人☆なわけです。
ミチコもこのミュージカルに参加していて、だから、ユウマさんというより、ユウマ先生^^

photo

あらためまして、こんにちは。
ユウマ先生、今回のミュージカルは、どんな内容かご紹介くださいますか?
「はい。大友宗麟が当主になる直前のお話です。ご存知の方も多いと思いますが、大友家は家督を宗麟に継がせるか、弟の塩市丸に継がせるかのお家騒動<二階崩れの変>があり、この中で幼い塩市丸は殺されてしまいます。歴史は壮絶で悲しいですね。だから、ミュージカルでは、きょうだいはとても仲が良かったというファンタジーに仕立てました。きょうだいの絆の物語です」。

photo

二階崩れの変ももちろん描かれ、リハーサルのたびに涙が出てきます。でも決して悲しいお話ではないんですよね。
「はい。楽しいシーンもたくさん盛り込んでいますし、なにより、前向きなお話です。
そして、ミュージカルですから、ご覧になった方が、歌やダンスやお芝居に興味を持ってもらいたいなと思いますし、今回は和楽器が入りますから、伝統芸能にも興味を持ってもらいたいって思っています。タイトルが時代劇っぽくないでしょう。いろいろな入り口から、地元大分の歴史に興味を持ってもらえたらたいへんうれしいです」。

このミュージカル、総合監修は那須雅之さんという、プロデューサーとしてとてもご活躍の方。
さらに音楽監修は、羽毛田丈史さんという、これまたとても有名な音楽家です。
素晴らしいスタッフに囲まれ、絶賛リハーサルちう!

さらに、このミュージカルに出演している仲間たち、左から、吉良奈菜子さん、日高早稀(さき)さん、笠木花郁(はなか)さんにもインタビューいたしました。

photo

笠木花郁さんは、苦悩する大友義鎮(のちの大友宗麟)を演じます。意気込みを!「あ、はい。ジムに通って肉体改造を頑張っています。立ち方、しゃべり方も、戦国武将になりたいです」。
塩市丸役の日高早稀さんはことし中学を卒業。天真爛漫で聡明な10歳(実年齢より5歳年下)の塩市丸を演じます。ご本人も明るく元気な女の子♪
義鎮のお伴、斎藤鎮実役の吉良奈菜子さんは大学生。とてもスリムな女性ですが、精悍な男性を演じます。

最後に藤川ユウマさんは、「このミュージカルから元気を届けたいです。みなさんが、がんばろう!という気持ちになってくださったらうれしいですね」と締めくくってくださいました。

豊後FUNAIミュージカル「ぼくたちは星空のした。義鎮と塩市丸」は、3月19日(日)ホルトホール大分の大ホールで、14時開場、15時開演です。チケットは一般1,500円、学生500円。前売・当日、同額です。

どうぞ観にいらしてくだーい!ミチコも出ますんで~~!

それではまた来週。
お相手はミチコでした。