OBS

7月7日の放送内容

2019/07/07  |  放送内容

本日のゲストは、壇上小夜子さんと、壇上夏子さん。
なんてかっこいい母娘!

photo

お母様の小夜子さん(左)はダンススタジオ「シオナーズ」の代表。
娘の夏子さんは世界に羽ばたいたアーティスト。
今回はすごすぎる夏子さんのエピソードをひもといていきました。

夏子さんはBlushというガールズグループでご活躍。Blushはアジア5カ国から選出された女性で構成されています。
BlushのオーディションはYouTubeでも公開され、実はミチコもチェックしておりました。
各国から選ばれたメンバー20人が香港に集められ、月曜に課題が出され金曜にテスト。
合格した人は「よい週末を。また来週!」と言われ、だめだった人は「お疲れ様。部屋に戻って荷物をまとめてください」と通告されるのです。
…シビアな世界!

photo

でも夏子さんには落とされない自信がありました。きっとお母様の小夜子さんをはじめとするご家族が、夏子さんが小さい頃から教育なさっていたことが基盤にあったからだと思うんです。
母のもとでのダンスはもちろん、お父上からは堂々とする自信を受け継ぎました。
叔母様からは歌を教えてもらいました。夏子さんが世界に出て行く逸材と見抜いた叔母様は、小学生の頃から英語のポップスを指導。
これがBlushのオーディションに役立ちました!
課題曲がSpice GirlsのWannabeだったことがあるのですが、この曲、夏子さんが小学生の時にすでに練習していたんです。
だからもちろん完璧に歌いこなしました!
運も持ち合わせているんですね。

こうして狭き門を堂々とくぐり抜け、夏子さんは世界デビューを果たしました。

その後はダイアナ・ロスやジャスティン・ビーバーの前座をつとめ、大御所クインシー・ジョーンズがプロデュースをしてくださったり…
ワオ、アンビリーバボー!

こんなエピソードも紹介してくださいました。

ある日夏子さんたちはLAのクインシー・ジョーンズさんの邸宅に招かれ、楽しい時間を過ごし、その後一緒にクラブに行きました。
顔パスでVIPルームに招かれるクインシーさんと夏子さんたち。
着席するなりクインシーさん、自宅から持って来たお気に入りのポテトチップスを開いてポリポリ!(爆笑)

あるときは友人に誘われてエディー・マーフィーさんの邸宅に行き、ボウリングを楽しみました。さらっとおっしゃいましたが、友人というのがエディー・マーフィーさんの息子さんだったのです(最初から知っていたそうです)。
連れて行かれたエディさんのご自宅の地下にはボウリングのレーンが2つ、シューティングゲームなどもあり、さながらゲームセンター。
ほぉ、セレブは桁違いですね!

photo

嘘のような本当のお話にお母様の小夜子さんは終始にこにこ笑顔、ミチコは終始びっくりまなこでございました。

インタビュー時間を急遽伸ばしたものの、もっともっと聞きたい! 時間が足りませんでした。
ぜひまたいらしてくださーい!

おふたりからのリクエスト曲は、クイーンで「ボヘミアン・ラプソディ」

本日のゲストは、壇上小夜子さんと、壇上夏子さん。
楽しいお話をありがとうございました!
世界のセレブ話をまた聞かせてくださいね!

それではまた来週、お相手はミチコでした。