OBS

7月19日の放送内容

2020/07/19  |  放送内容

本日のゲストは、石松多美子さん。旧姓は原田多美子さん。
大分の放送局にお勤めの局アナさんでしたから、ご存じの方も多いかと思います。
多美子さんは現在、福岡にお住まいで、才能を見つけるお仕事「才能開花プロデューサー」をなさっています。

photo

 

多美ちゃんと私の出会いは、世紀末の大分。とある局。
当時私はシティ情報おおいたでエッセイを書いていて、そのあとを引き継ぐのが多美ちゃんと決まっていました。
で、どのように書けばいいかを尋ねに、会いにきてくださったのです。
たいへん評判の良いアナウンサーだった原田多美子さん。実はかねてからお会いしたいと願っておりました。
そうしたら、「飛んで火にいる原田多美子」ですよ!笑
嬉しくてびっくりして興奮しちゃいました。
それなのにさ、ドキドキの裏返しか?!あたくし、
「明日までに原稿一本書いてきて」。
なァんて、横柄な態度を取ったらしい!うん!取った、思い出してきた!
・・・ごめん!笑

 

多美ちゃんは約束通り、翌日原稿を持って来てくださいました。それが素晴らしい文章で、まったく校正の必要がない。
最後までひっかからずに、さらっと読めちゃう。
こういう方は本当に珍しいです。
聞けば、3歳から日記を書かされていたと、だから文章が流れるように書けるんですね。親御さん、素晴らしい習慣付け!

 

日記の話をいたしましょう。
多美ちゃんは、幼少の頃より日記を書いて(書かされて)いましたが、毎日そんなに書くことがない。
そこで、うんと先のページに、こういうことがあったらいいな、を込めて、過去形で、未来の日記を書く遊びを始めました。
やがて、その未来の日になりますよね、そのページを開きますよね、そうすると、書いていることが、自分もすっかり忘れていたことが、
実際に起こっているんです!
これはすごい、面白い! 宇宙の法則を発見し、その後、この習慣を続けながら、夢をかなえてきたっていうんです。

 

 

例えば、大好きな藤井フミヤさん。
涙のリクエストの裏声にしびれて以来大ファンの「フミヤさんと出会って…☆☆☆…」の妄想を綴ったところ、密着取材を2回もすることになったと!
そして、フミヤさんに会いたいがためにアナウンサーになったと言っても過言ではない多美ちゃんは、夢がかなったのであっさりアナウンサーを辞めちゃうのです。

 

友達に笑われても、藤井フミヤに会う!と言い続け、その夢を手に入れた多美子さんには、確信があります。
これまでも笑われてきたけど全部かなえてきた。笑われるぐらいがちょうどいいと。

 

本当に魅力的な石松多美子さん。
彼女の言葉をキャッチしたい方も多いことでしょう。石松多美子、で検索してみてくださいね。
https://profile.ameba.jp/ameba/brilliantspace

 

 

photo

photo

コロナ禍を逆手に取り、予定していたイベント内容を変更、
会場で遊んじゃおう!と好きなことをしながら配信、セカイノオワリの「サザンカ」も歌いました。
多美ちゃんの生き方にぴったりな、歌詞ですね。

 

とにかく面白すぎた!
またお話しましょうね。
今回、多美ちゃんのお話が聴けたリスナーさんとミチコはラッキーです。
radikoでもタイムフリーで聴けるので、50/50で検索してみてくださいね。
石松多美子さん、ご出演ありがとうございました!

 

というわけでお届けした曲は、
藤井フミヤの「Life Is Beautiful」と、セカイノオワリ「サザンカ」でした。
楽しかったー!それではまた来週、お相手はミチコでした。