OBS

2月14日放送

2021/02/14  |  放送内容

本日のゲストは、竹田市総合文化ホール『グランツたけた』から、伊達奈都紀さん。

IMG_5512

 

「竹田は水がきれい、星空がきれい、気分がしゃきっとします」

 

 

別府市育ちの伊達奈都紀さん。

長年、コンテンポラリーダンスの企画を個人的にやっていました。

そのうちに劇場で働いてみたいなぁとぼんやり考えるようになり、

タイミング良くグランツたけたの職員に空きが出て、

「いまだ!」と飛び込んだのでした。

 

 

とても癒される劇場だと、奈都紀さんはご自身の直感に大満足です。

 

 

グランツたけたはいま、「マダム・バタフライ塾」を開講しています。

竹田市には、プッチーニのオペラ「蝶々夫人」のモデルが2人もいるんですって!

 

 

ひとりはグラバー邸の主人、トーマス・グラバーさんの奥さん、ツルさん。

この方、岡藩士の妻だったことがあるんです。岡藩といったら、竹田ですね。

それに、ちょうちょうの紋付を好んで着てらしたそうで、ふむふむ…においますな。

 

 

もうひとりは、オカネさん。

10代で長崎に行き、ピエール・ロティさんというフランス人の現地妻になりました。

ところがロティさんはすぐにフランスに帰ってしまいます。

15年後(そんなに長く!)、ふたたびロティさんが日本にやってくるのですが、

会いたいと乞うオカネさんを…無視!ひどい!

その後オカネさん、洞窟で物乞いをして暮らすという…なんという後半生。。

 

 

ロティさんは、「お菊さん」という小説を書きました。

これをもとに、アメリカのジョン・ルーサー・ロングさんが「蝶々さん」を書き、

お芝居として上演されます。

この「蝶々さん」のお芝居を見たプッチーニさんが、オペラ「蝶々夫人」を作ったんです。

…ちょっと、すごくない?!?!?!

IMG_5583

 

 

竹田市と蝶々夫人のつながり。

グランツたけたは、「マダム・バタフライ」プロジェクトとして、さまざまな行事を仕掛けています。

上でご紹介した「マダム・バタフライ塾」もそのひとつ。

 

 

2月20日(土)21日(日)は、演劇ワークショップ「if〜もしも、から始まる想像体験〜」。

3月13日(土)14日(日)は、長崎でのフィールドワークを予定しています。

 

 

そして、2023年には、竹田市オリジナルオペラを制作予定!

うわぁ〜〜壮大!

 

 

本日のゲストは、グランツたけたから、伊達奈都紀さんでした。

リクエスト曲は、

マリア・カラス「ある晴れた日に」

 

 

私はまだうかがったことがないので、ぜひうかがいたいです。

グランツたけた、すごい!

 

 

伊達さん、ご出演ありがとうございました。

 

 

それではまた来週、お相手はミチコでした。