OBS

10月25日放送分

2020/10/28  |  放送内容

本日のゲストは、久保田吉文さん、後編。
先週同様、“クボタくん”と気安い呼び方を許してね!
IMG_5109

今回は、クボタくんがどうしてラジオDJになったのか、初めて聞いてみました。
「中学の頃、ビビりで、体型はぽっちゃりしてたし、受験はあるしで、悩みがつきなかった。
友達や家族にも話せない、自分で自分を追い込んで…そんな時に出合ったのが、ラジオの中の、
同じような悩みを抱えた人たち。共感を覚えると同時に、悩みを聞きアドバイスするDJに憧れました。
イントロにバチっと乗せて曲を紹介するカッコよさも!」

そしてクボタくんは高校1年の時、担任の先生に「ラジオのDJになる!」と宣言したのです。
この宣言は学年主任も巻き込み、どういうつもりなのかと、ひと波立たせちゃった。
というのも、仲良しの友人もプロのギタリストになる!と宣言しちゃったからです。
2人同時に、先生の想定を超えた目標を持ち…先生も、どゆこと?と、びっくりなさったんでしょうね。

友人は、宣言直後からギターの練習を始め(弾いたことがなかったんかい!)、
めきめきと腕をあげ、プロの一歩手前までいったそうです。惜しい! 努力と健闘を称えましょう!

そしてクボタくんは、想いを温め、大学3年でDJアカデミーの門を叩いたのです。
そこには本気の仲間たちがたくさんいて、大いなる刺激を受けました。
事務所に所属後、オーディションを受けては落ち…(サクセスストーリーにはつきもののエピソード)、
やがて、ふるさと大分のラジオ局に送ったデモテープが認められ、DJデビューを果たしたのです。

その頃に、ミチコとも会ったんでしたよね。

自分の想いを貫き夢を叶え、大分を代表するタレントさんになったクボタくん。
私も誇らしいよ(と、どこまでも恩着せがましく偉そうです)。
今度はクボタくんが、若い人たちに刺激を与える立場ですね。

今回選んでくれた曲は、
aikoの「あした」と、
宇多田ヒカルの「ディスタンス」
どちらも私と一緒に仕事をした頃の曲だそうです。
ありがとう。

そしてラストは、サザンオールスターズの「希望の轍」。
ときどきばったり会うから、ご縁があるのよ、ワダチたち。たぶんね!
久保田吉文さん、ご出演ありがとうございました。

またぜひ盛り上がりましょう!

それではまた来週、お相手はミチコでした。

1 / 39512345...102030...最後 »