OBS

2/2(日)の放送内容

2014/02/02  |  放送内容

大竹慎吾さん(48歳)。番組初のプロスポーツ選手。
現役バリバリの競輪選手です。
photo
スーツでご登場、かっこいい~!!
小さい頃からスポーツが大好き。小学4年の時に、プロスポーツ選手になることを誓った慎吾少年。でもまだ、どのスポーツにするかは決めていませんでした。
小学校の頃は剣道をしていましたが、面が苦しくて野球に転向、中学に入ってからも野球を続けていましたが、練習が物足りないなぁと感じる日々…そんなある日、お父様がこんなひとことをおっしゃいます。
「慎吾、競輪選手にならないか?」
競輪の車券がなかなか当たらないので、息子を競輪選手にして稼がせたらどうだろう!と何気なく発した一言だったそうですが、お父上のヒラメキ発言は、慎吾少年の未来を決定付ける大きなスイッチとなりました。
大竹慎吾さん、野球部を辞め、自転車に転向。中学2年のことでした。
★★★
スポーツタイプの自転車を買ってもらい、大分市スカイタウン高崎の坂道で毎日練習。頂上まで1300m、ゆっくり上がって、最後にダッシュをかける。これを繰り返しました。
高校は、自転車部が全国レベルの日出高校(現・日出総合高校)へ迷わず進学。
大分市の自宅から高校まで往復50kmの距離を、もちろん自転車で通学。
自転車部では、平日80km、土日は120kmのロード、ですので毎日、130km~170kmを走ります←車の走行でもかなり疲れる距離ですよね!
photo
太ももの太さは65cmと、女性のウエスト並み。スカートがはける太ももです。
さすがに太ももを見せて、とは言えず、鍛え上げたふくらはぎを見せていただきました!
こんな、「W」にの形になったふくらはぎの筋肉、見たことありますか?!
(◎_◎;)
話は戻って・・・
日出高校・自転車部の鹿児島合宿は想像を絶する過酷さでした。
学校集合だったため、大分市からいったん日出高校まで登校(約25km)、部員揃って日出から大分を抜けて宮崎まで、宮崎から鹿児島まで、400km近い道のりを自転車で走破しました。
でもこれは、合宿所に行くまでのことです。合宿所に着いたら、合宿メニューが待っているのです!
ええーっ、これ以上まだ走るの?!
「あのような極限の練習をさせてもらったので、今があるのかな(笑)」
そして大竹慎吾さんは国体で見事、日本一を獲得したのです。
★★★
高校卒業後は、静岡県の修善寺にある日本競輪学校に入学。
10ヶ月間、みっちり体を鍛え、学科も学びました。
そしてついにあの、「別府競輪の男!」となるのです。
プロ選手になると誓った小学生のあの日から、まさに、信念の男。
(「別府競輪の男達」は、YouTubeに過去のCMがアップされています。大竹慎吾さんを探してみてね!)
え~ん、もう少しお話をうかがいたいところですが、お時間になってしまいました。

続きはまた…で、急きょ、来週も出ていただくことになりました!!!

リクエスト曲は、大竹さんがお世話になっているトレーナーであり先輩である木元敏郎さんの自主制作CDから。「慎吾ちゃん十番勝負」という、大竹さんを題材にした楽しい曲を♪
CDのジャケットには、大竹さんが撮影した高崎山の写真が使われています。
photo

信念の半世紀少年・大竹慎吾さん、ご出演ありがとうございました。
また来週、よろしくお願いいたしますd=(´▽`)=b

________________________________

番組へのリクエストやメッセージは、おはがき、ファックスでお寄せください。
宛先は、870-8620 OBSラジオ「50/50 Hearty Party!!」まで
ファックスは、097-558-5071です。

それではまた来週。
お相手はミチコでした。