OBS

ネズミ!ラットとマウス

2020/07/18  |  ブログ

今回は「ネズミ」について総まとめ!
スタジオには、ハムスター、ファンシーラット、ファンシーマウスが並び、賎川君がどれだけ区別がつくかな?と名前をききましたが、あたったのはハムスターだけでした。

 

ネズミの仲間(ネズミ目・齧歯目)は、全ほ乳類の半分を占め、世界中に生息しています。番組でも、プレーリードッグやデグー、パンダマウス等々いろいろと紹介してきました。
今日はその中でも、マウスとラットの違いについて注目。
日本語ではネズミですが、英語圏ではちょっと酷いイメージが…
マウス=小さい、可愛い、臆病、頼りなげ
ラット=大きい、汚い、不潔、意地悪
でも、実はラットの方がマウスより温和で人に懐くし、臭いも少ないのですが。

 

ちなみにスタジオのマウスは、Yoppyさんが元々ヘビのえさに…と以前番組で2匹もらって帰ったもの。でもエサにできず、今では子どもが増えて6匹に。可愛いファミリーの一員です。

 


“賎川くんの今日の一句"
「いのちゃんは ラットとネズミにくわしいよ
  ラットはいつでも かわいそう だからネズミにやさしくね」
※一句?というよりポエマーになった賎川くん…(A)

 

photo

とっても小さいファンシーマウス

 

photo

ゴールデンハムスターを手にニッコリ&ファンシーラットの肩乗せに挑戦

Yoppyハウスにポニーが仲間入り!

2020/07/11  |  ブログ

6月にウマの出産に遭遇した安部さくらさんに感動物語をきいたYoppyさん。
その後、安部さんが愛馬優馬君を預けている牧場に同行し、なんと話題となった子ウマを「飼う!」ことに!

 

ポニーの小屋は3畳程度でOKということで、小屋を手作りし、お迎えの準備を整え、先日いよいよ牧場から到着。今や、敷地内のケヅメリクガメやミニブタも歩き回る中で、の~んびりくつろいでいます。
ごはんは、バケツ1杯の牧草に粉ミルクをまぶしたものだそうで、Yoppyさんは我が子のお話をするみたいに目尻が下がりっぱなしでした。

 

現在、引き綱の調教中だということなので、近々、近所の道をお散歩している様子を見られるかもしれませんね!

 

 


“賎川くんの今日の一句"
「ポニーはね さびしくさびしく ヒヒンヒヒン」
※たくさんウマのいる牧場からひとりになって寂しそう…ということです(A)

 

photo

ポニーと一緒に幸せいっぱいのYoppyさん!
安部さんご夫妻と牧場オーナーさんと記念撮影

 

photo

Yoppyハウスへは専用の馬運車で到着
※名前は「COCOちゃん」です!

ハスオビアオジタトカゲ

2020/07/04  |  ブログ

今回のゲストアニマルは「ハスオビアオジタトカゲ」。
Yoppyさんが連れてきてくれました。

 

原産はオーストラリアで、青い舌と短い手足が特徴です。
しかも、お腹部分がまるまるとしていて、上から見るとまるで…。
Yoppyさんが「ツチノコだよ~」と言うと信じた人もいるとか?!

 

雑食性で、人工飼料や野菜もOK。もちろんコオロギ等も食べるのですが、生き餌に抵抗がある人でも飼えるかも…。

 

 


“賎川くんの今日の一句"
「アオジタが チョロチョロチョロチョロ 見えかくれ!」
※見たまんまですわ(A)

 

photo

怯えながらも写真に入ってくれる賎川くん、ありがとう!
いのちゃんはうれしそう!!

 

photo

確かに舌が青っぽい!

感動!こうま誕生のおはなし

2020/06/27  |  ブログ

昨年「ウマを飼っている」安部さくらさんをゲストにお迎えし、ウマ、ポニーの魅力をお話しいただきました。その安部さんから、今回、こうま誕生の瞬間に立ち会えたという情報が! 早速いのちゃんがご自宅に伺って感動のお話を聞いてきました。

 

安部さんは愛馬優馬君を杵築市にある馬場に預け、しばしば会いに行っていますが、そこで突然遭遇したのが「ウマの出産」でした。馬場のオーナーさんは不在。安部さんはひとりで何とかせねば…と、マンガ(動物のお医者さん)で見た知識を総動員し、母馬をはげます役に!!

 

しかし、出産が始まるとほかのウマが寄ってくるわ、出産直後にはオス馬がすでに発情して迫ってくるわ、それを追い払うのが…といったドタバタのお話をきいて、Yoppyさんも賎川くんも興味津々!
ウマを飼うのが夢!というYoppyさんは、その後、安部さんに馬場を紹介してもらったようです。

 


“賎川くんの今日の一句"
「安部さんは オスからウマを守ったよ!」
※発情と聞いただけで笑顔になる賎川くんでした… (A)

 

photo

宝くじ当選より遭遇する確率が低いと言われるウマの出産!
励ましながら、ほかのウマを追い払いながら、スマホ撮影

 

photo

生まれて間もなくすぐに立つ子馬に感動!!

 

photo

安部さんの愛馬優馬君も元気!
※いずれも安部さくらさん撮影

キイロアナコンダ

2020/06/20  |  ブログ

久々に3人揃ったアニカフェでい~の!
再開を記念してやって来た豪華ゲストアニマルは、Yoppyさんちの「キイロアナコンダ」君!

 

現在1才ちょっと、長さ2m程度、太さは賎川君の腕より太い感じです。
南米の湿地帯などの水辺に生息するというアナコンダ…聞いただけで、おののき怯える賎川君でしたが、新型コロナ対策でスタジオの各席の間に透明アクリル板があるためちょっと余裕が…。

 

しかし成長すると4mにはなるそうで、その時にはYoppyハウスのほかのアニマルたちとは分けようかな~と言うことでした。大きすぎ?!
基本的に食事は少なめで、きちんと管理して与えていて、逆にたくさん食べさせると消化に良くないそうですよ。意外と繊細なんですね。

 

※法的にオオアナコンダは特定動物(危険動物)ですが、それよりは小型のキイロアナコンダは特定動物ではありません。

 

“賎川くんの今日の一句”
「アナコンダ 胃腸よわくて からだ爆散!」
※野生のアナコンダが消化の悪いワニをまるっと食べた際、体内でワニのお腹が発酵してアナコンダもろとも爆発した~というお話がよほど印象的だったようです… (A)

 

photo

迫力のキイロアナコンダ君。
大きいので、さすがにケースから出せませんでした。

 

photo

そこで、いつもエサやりで慣れているYoppyさんが隙間からスマホを入れて、可愛らしいアップを撮ってくれました!

“賎川くんがどれだけエキゾチックアニマルに愛を感じてくれるようになったかな~?"クイズ

2020/06/13  |  ブログ

新型コロナの影響で5月は再放送となったアニカフェですが、6月より復活です。
とはいえ、前回と今回は赤ちゃんがいるいのちゃんはリモートでの出演となりました。

 

前回は今回のコロナ騒動で、自分がもし…といった場合に可愛いペットたちをどうするか? 特にイヌやネコと違って、飼育法に馴染みのない人が多いエキゾチックな動物たちはどうすれば良いのか?!について語り合いました。
その中でのアイデアのひとつが「飼育カルテを作っておくこと」。
特に、それぞれの子のエサのやり方や好き嫌いなどを書いておくことが大事だということに! イヌ・ネコも含めて皆さんもご用意をオススメします。動画もいいかも!

 

そして今回は、これまでのオンエアで賎川君がどれだけ愛着をもってくれているか?のクイズ大会(2回目)でした。その中から2つご紹介します。皆さんはわかりますか?

 


■問題1
4月に登場したばかり。賎川くんが「なんちゃらかんちゃら、ふん尿が自分にかかります」と一句詠んだ「エジプシャンルーセットオオコウモリ」が食べるエサはなんでしょうか? 別名も有名なので簡単かな?

 

賎川君「ミミズ、トリ、虫?」

 

正解/果物。別名フルーツバット(コウモリ)というように、アンズやブドウ、バナナなどの果物をよく食べます! (賎川くん「お金のかかる動物だ!」)

 


■問題2
去年11月登場。Yoppyさんちの「ブラックラットスネーク」。直訳すると、黒ネズミヘビ。色や長さについて答えてください。

 

賎川君「覚えてます!収録後に手から逃げて床を這い回ったから!で、長さは1mくらい、色は黒かグレー?」

 

正解/アメリカ合衆国原産のナミヘビ科のヘビで、全長約120cm〜。色は白系の方が多く流通しており、スタジオに来た子もまっ白の子でした!

 


 

全体的に記憶はあったようですが、説明の度に、さも初耳!というように反応する賎川君。
これからもがんばってエキゾチックアニマルのこと、覚えてくださいね。

 

photo

 

リモート出演ですが、小さな携帯画面でお互いに顔を見ながらお話しできました!

エジプシャンルーセットオオコウモリ&エミスムツアシガメ(スマトラムツアシガメ)

2020/04/25  |  ブログ

今回も引き続きゴールドフォレストの吉田さんがゲストです。
エキゾチック専門のショップならでは…で、もう名前が覚えられないようなアニマルたちと登場してくれました。でも簡単に言うとコウモリとカメです。

このコウモリは、オオコウモリの中でも小型の種類。別名フルーツコウモリとも言われ、ごはんはハリネズミやフクロモモンガのフード+フルーツを毎日食べているそうです。

一方、カメの方は東南アジア原産のカメで、リクガメなのに泥の中や落ち葉、木の根元などにもぐり込み水場も必要という変わり種。ジャングルの水たまりが好きな感じ?
甲羅がまるでプラスティックフィギュアのような幾何学模様なのに感動でした!
現在はあまり流通がないので、珍しいカメだそうです。

“賎川くんの今日の一句”
「コウモリの ふん尿じぶんに かかります」
※仕方ないでしょうに…

photo

photo

エジプシャンルーセットオオコウモリ
ちゃんと逆さになってます!
※ちなみにコウモリ全種は2003年より輸入が禁止され、現在は国内繁殖のみしかいませんのでご安心を。

photo

エミスムツアシガメ
リクガメには珍しい生活環境で飼育されています。

デグー&チンチラ 春の赤ちゃんたち!

2020/04/18  |  ブログ

ゲストはお馴染み、ゴールドフォレストの吉田さん。
今回は、春の出産シーズンで生まれた赤ちゃんたちを連れてきてくれました。愛らしいデグーの赤ちゃん&ふわふわのチンチラの赤ちゃんです。

ふつうネズミの仲間はピンクの丸裸で生まれますが、デグーやチンチラなどの南米のネズミ類は毛がはえて目も見える状態で生まれて来るそうです。
また、お父さんが育児をする種類も。人間が見習いたいこともいっぱいありそうです。今回生まれた赤ちゃんは、デグーが7匹、チンチラ2匹。みんな元気に育ってほしいですね!

“賎川くんの今日の一句”
「赤ちゃんは 小さいからこそ かわいいな」
※大きくても可愛いアニマルはいっぱいいますがな…

photo

赤ちゃんを前にするとみんな笑顔に!
(初登場のメンバーはスタッフhです)

photo

ママのおっぱいに大集合のデグーの赤ちゃん

photo

ママ「なに見てんのよ!!」
赤ちゃんなのにもうふわふわ

タマゴヘビとマイクロミニブタ

2020/04/11  |  ブログ

今回スタジオに来てくれたアニキャラは「タマゴヘビ」!
番組レギュラーとなったYoppyさんちのニューフェイスです。

タマゴヘビはアフリカに生息するヘビで、成長しても1m程度。しかもその名の通り、エサはタマゴ!そのため歯も退化して無く、生き餌不要というお気楽さで人気です。Yoppyさんもタマゴを飲み込む姿を早くみたいと興味津々でした。(まだ来たばかりでエサの時期はもうちょっと先だそうで…)

そしてもう1匹紹介してくれたニューフェイスは「マイクロミニブタ」。ミニブタのもう一段階小さい種類のブタです。でも40kgほどあり(イヌのコーギーよりちょっと大きい程度?!)さすがにスタジオには連れて来られませんでしたが、可愛くて仕方なさそうなYoppyさんでした!!

☆いのちゃんの突然の無茶振り“賎川くんの今日の一句”スタート
「タマゴヘビ 食費は あまりかからない」
「ミニブタは ブタだけれども きれい好き」
※お話をきいたままですがな…

photo

この細さなら…とちょっと余裕になってきた賎川君

photo

Yoppyさんちではケヅメ(リクガメ)ファミリーと一緒に暮らしています。

photo

ブラシで撫でてもらうと気持ちいい~!

祝!20分番組に拡大アメファジのベビーと長寿チンチラのおはなし

2020/04/04  |  ブログ

4月から20分に拡大した当番組!
今回のゲストは先週に引き続いて、わだペット牧場のわださんがウサギ「アメリカンファジーロップ」のベビーと一緒に来てくれました。
この子たちは2月22日(猫の日?!)にわださんの所で生まれたそうで、とにかくふわふわの小さな毛のかたまりとしか言い様のない可愛らしさ!!

そしてもうひとつ、長寿チンチラのお話にもびっくり。チンチラの寿命は10年から長くて20年と言われていますが、わださんのところにはなんと26才になるおじいちゃんチンチラがいるということで、おそらく日本一、いや世界一かもしれません。
わださんは「普通に飼っているだけなんですけどね。」と言うことですが、まだまだ長生きしてほしいですね!

photo

アメファジベビーを抱っこして記念撮影
※わださんの持つチンチラは、賎川くんへのチンチラ見本用に連れてきた
スタッフのチンチラです。

photo

ふわっふわのアメリカンファジーロップのベビー