OBS

近況報告  【579ぴーや】

2016/11/17  |  小田崇之

image1

 

61にもなって相変わらずファンキーな我がおかん。

 

もういい年齢なんだからと心配しつつも「紅葉どうよ?」と聞くと。

 

 

image2

と。

 

その後またメールが届き、結局、

 

 

22

と。

 

もうこれは受信機の問題でしょう。

 

ビッグスクーターにまたがり、ツインスピーカーでOBSラジオを聞きながら、県内を爆走するおかんは今日も元気なようです。

 

 

 

 

先日、西の台小学校で、特別授業の外部先生として6年生のみんなの前で話をさせてもらいました。

タイトルが、

『世界一受けてもらいたい授業』

 

心無い、とある後輩から、

「小田さん、世界一“おもしろい”授業やるんですね。頑張ってください♪」

と揶揄される中、行って来ました。

 

「登場が肝心!」と思い、控え室でオーダマンに変身して教室に入場!

 

P_20161020_131501

 

さすが6年生。もう大人です。

気を使っていただきまして、苦笑いの中、拍手で迎えてくれました。

 

 

image1

 

あっという間の講演も終わり、先日、みんなからお礼の手紙が届きました。

 

そんなみんなからの感想でおもしろかったものを一部抜粋してご紹介。

 

 

◆最初のかっこう(オーダマン)おもしろかったです。

ぬぐのが大変そうでした。

 

そうだね、ちょっと脱ぐのてこずったよね・・・

 

 

◆ときどきバレーをしている小田さんに会うことがあります。

会った時は早口言葉で勝負をしませんか?

楽しみにしています。

 

挑戦状だね。負けないぞ!

 

 

◆少しでも小田さんに近づけるようにがんばりたいです。

 

ありがとう!でも、俺には近づかないほうがいいよ!!

 

 

◆昨日(月)のおはようナイスキャッチはとてもうまかったです。

 

ありがとう。会社の人、褒めてくれないから嬉しいよ!

 

 

◆おはようナイスキャッチ 見れるときは見たいと思います!

 

うん、きみ達学校だからね。無理しなくてもいいぞ!

 

 

◆ちなみに、ナイスキャッチ見ました。

 

ちなみに、ありがとう!!

 

 

◆それと、オーダマンの仕事も頑張ってくださいね!!

オーダマンで、子どもたちが笑顔になることを願ってますよ!!

これからもどんどん有名になっていってください!

 

はい!オーダマン、頑張りますっ!!

有名、伸びしろありますかね・・・?

 

 

◆先生が最初にヒーローみたいな着ぐるみをきて教室に入ってきたとき、

暑くてかわいそうだなと思って心に残っています。

 

うん、優しい気遣いありがとう!!

 

 

◆小田崇之(オーダマン)へ

最初はすごく陽気な人がきたと思ったけど、話を聞いたりしたらすごく勉強になってすごいなぁと思いました。

 

ありがとう!陽気なだけで終わらなくてよかったよ!!

 

 

◆11/7(月)は「おはようナイスキャッチ」をみました。

特典の発表の時に、はきはき、しっかりと伝えていて、すごいと思いました。

 

そうだね!特典キーワードの発表は、はきはき伝えなくちゃね!!

 

 

◆おもしろい格好をしていたのは、すごい思いつきだなと思いました。

 

ありがとう!「滑らないか」と「怒られないか」が心配だったよ!!

 

 

◆私はクラスの講師がオーダマン先生と知って、「テレビに出ているあのアナウンサーが来てくれるんだ!」とビックリでした。

あと、時間がなくてサインがもらえなかったので、もし機会があったらサインください。

 

オーダマン、じわじわ認知度上がってるね!

サイン、喜んでいつでもするよっ!

 

 

◆土曜日に見たオーダマンは、初めて見ました。

 

オーダマン、やはり認知度まだまだだね・・・

 

 

◆(最初のオーダマンはおどろいたけど・・・)

私は、まだなりたい職業はありません。

でも、小田さんがアナウンサーになったいきさつを聞いて、

「なりたい職業じゃなくても、よっぽど自分に合わない職業じゃないかぎり、どれも楽しんで働けるのかな」と思いました。

 

うん!なったら、毎日めちゃくちゃ楽しいよ♪

 

 

◆ぼくは最初のオーダマンのかっこうで暑くないのかと思いました。

その後ぼくはイケメンだと思いました。

 

イケメン!イイね!みんなに伝えよう!!!

 

 

◆アナウンサーにはならないかもしれないけれど、ためになるお話ありがとうございました。

 

うん!なりたいものになろう!!

君たちの可能性は無限大さ!!

 

 

このほかに、みんな本当にたくさんの感想を、丁寧な字で一生懸命書いてくれていました。

嬉しいこともたくさん書いてくれていたけれど、褒められるの恥ずかしいんで、それはのせません(笑)

オーダマンの宝物がまた一つ増えました!!

 

あの日のことが、大きくなっても、どこか記憶の片隅に残っていてくれれば嬉しいです。

そして、万が一「あの日のことがきっかけで、アナウンサーになりました!」って言ってくれる子が将来いたら、おじさん泣くと思います。

 

その時はぜひ一緒に仕事しよーな!

それまで、おじさん、みんなに見てもらえるように頑張るぜ!

間違っても、他局で強力なライバルにならないことを祈ります(笑)

OBSアナウンサーの日記

過去の日記