OBS

渡邉 敬大

もちぇ。【9アンデス】

2019/04/28  |  渡邉敬大

 

こんにちアンデス!

GW3日目、令和の足音も聞こえてきました(^^

みなさんはどのようにお過ごしですか?

 

すでにアンデス文明展にいらした方も、

これからお越しになる方も、

まだお越しになっていない方も、

このブログを通して、ぜひアンデス文明を楽しんでください!

  

 

本日のアンデスは【モチェ文化】について!

モチェ文化は、ナスカ文化と近い時期に栄えた文化です。

ナスカ文化が極度に乾燥した地域に生まれ、

モチェ文化は、砂漠もありながら、水に恵まれた地域で栄えました。

 

一番の特徴は、高い芸術性!

独特な形の土器や黄金の装飾品が多く作られました。

IMG_4448

IMG_4356

アンデス文明は文字を持たない文明。

それは、モチェ文化も同様です。

文字の代わりに、土器で様々なことを表現しました。

 

土器に絵を描くことで神話を伝えたり、

当時の生活の様子を記録したり、

IMG_4495

身の回りの動物を土器にしていました。

IMG_4496

こちらはリャマに乗る男性。

当時は、このように横ばいに乗るのがスタンダード!

いまのようにまたがって乗る姿は、モチェの土器からは発見されていないそうです。

 

 

さらに、モチェの人々は、

「生きている人と死んでいる人は一緒に暮らしている」

という価値観を大事にしていました。

IMG_4494

骸骨の土器がたくさん作られていることからわかります。

  

死んだ人の魂を大切にする、という考え方は

現在の日本と通ずるところがありますね( ..)φ

 

美しいモチェ文化の土器たちは、

ぜひ生でご覧ください!

 

古代アンデス文明展は、5月6日まで!

【詳細はこちら】

過去の日記