OBS

top_image
最新記事

芳華(ほうか)

「芳華」とは日本語で<青春時代>と訳される言葉である。1970年代の文化大革命(1966~1976)時代に、歌唱・舞踊・演劇などで、人民解放軍の将兵の士気を高める目的の部隊である<文芸工作団=文工団>に入団した若きエリー […]

» 続きを読む...

僕に、会いたかった

EXILEのTAKAHIROが単独主演するハートウォーミングな作品。島根県の隠岐の島の風景がすばらしい!   島に住む池田徹(TAKAHIRO)は、腕のいい漁師だったが、ある事故により12年間も記憶喪失になって […]

» 続きを読む...

5月13日(月)のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

今回は大分市にあります、ウェディングカフェアンジェリカの代表、森迫智子さんにスタジオにお越しいただきました。 森迫さんは式場やホテルだけでなく、レストランや水族館、砂浜や公共のスペース等を利用した「オンリーワン」の結婚式 […]

» 続きを読む...

株式会社 西石油 取締役副社長 西貴之 さん

今回(2019年5月8日)のゲストは、別府市で石油製品の販売事業(ガソリンスタンド事業)、車関連事業、観光産業事業(ラクテンチ)などを展開している「株式会社西石油」取締役副社長西貴之さん。 別府市で、ガソリンスタンドを見 […]

» 続きを読む...

名探偵ピカチュウ

世界中の子供たちから愛された日本のゲーム「ポケモン」が、ハリウッドで実写化された。2019年は、「トランスフォーマー」「ポケモン」そして「ゴジラ」と立て続けににほんはつの3本の作品が実写映画化されることになったのはうれし […]

» 続きを読む...

5月6日(月)のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

今回は、中津市耶馬渓にあります、株式会社耶馬渓ライフの川原康幹さんにお電話でお話をうかがいました。 株式会社耶馬渓ライフは平成元年より、「食の安全を守り、安心、安全、新鮮、おいしい」を企業理念に、主に農畜産物の販売をして […]

» 続きを読む...

麻雀放浪記2020

ピエール瀧の出演シーンを撮り直しせずに公開すると、製作会社の東映が発表しメディアを賑わした作品である。阿佐田哲也の同名小説を、和田監督が;84年に真田広之主演で発表した作品のリメイクであるが、小説を大胆にアレンジしており […]

» 続きを読む...

4月29日(月)のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

今回は、大分市小野鶴にあります、きくや水急の代表取締役、後藤洋さんと村中啓晃さんにスタジオにお越しいただきました。   きくや水急は平成元年に設立。鮮魚・活魚の卸販売、加工をしています。 今回は、「新鮮な魚を届 […]

» 続きを読む...

こどもしょくどう

生活苦や家庭崩壊で日々の食事すら取れない子供たちを支援する「こども食堂」が、一時期メディアで報道されたのは承知していると思います。この作品は、それをモチーフにした小学生の子供たちの目線で、淡々としかし見るぼくらに強烈なメ […]

» 続きを読む...

4月22日(月)のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

今回のゲストは、佐伯市宇目町にあります、山の幸 由紀ん子の代表、小野由紀子さんでした。 山の幸由紀ん子は国道326号沿いにある「うめタウン326」という商業団地の一角で飲食店を営んでいます。 今回は県の経営革新の承認を取 […]

» 続きを読む...

ハンターキラー 潜航せよ

ロシアでクーデターが発生し拘禁されたロシア大統領を秘密裏に救助する指令を受けた、アメリカの原子力潜水艦ハンターキラーとネイビーシールズの活躍を描いたベストセラー小説の映画化のこの作品は、超一級のサスペンス性をもつエンター […]

» 続きを読む...

4月15日(月)のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

今回は豊後大野市にあります、有限会社源屋、コスメティックスみなもとやの伊藤瑞枝さんにスタジオにお越しいただきました。 源屋の創業は江戸時代の終わりの頃、元々は造り酒屋で戦後、酒の小売店として営み、20年ほど前からコスメテ […]

» 続きを読む...

バイス

2018年度のアカデミー賞で、作品賞など8部門にノミネートされたポリティカルなブラック・ユーモアに満ちた内容の作品となっている。ちなみに<バイス/Vice>という単語は<悪徳>などの意味だが、<副/代理>などの意味もあり […]

» 続きを読む...

4月8日(月)のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

今回のゲストは臼杵市にあります、(有)山本鳳凰堂の代表取締役で5代目当主の、平林真一さんでした。       (有)山本鳳凰堂は明治147年創業、臼杵市の畳屋町で仏壇、仏具を取り扱っています […]

» 続きを読む...

ダンボ

ティム・バートン独特の過剰な遊び心が適度に抑えられた、誰が見ても楽しい気分にさせられる上質な娯楽作品となっていたのだ!   1919年。一次大戦から帰還した、メディチ・サーカス団の看板スターのホルト(コリン・フ […]

» 続きを読む...

1 / 8312345...102030...最後 »
ページのトップへ戻る