OBS

「社会医療法人社団大久保病院病」地域包括ケア推進室 室長の本田浩史さん

2016年10月3日のゲストは、「社会医療法人社団大久保病院病」地域包括ケア推進室 室長の本田浩史さんでした。

photo

大分県竹田市久住町「社会医療法人社団大久保病院病」。地域包括ケア推進室では、2015年10月より『いど(医砥)ばたカフェ』を運営されています。“いど(医砥)"の言葉には、カフェのような場所で井戸端会議をひらくように、気軽に…という想いが込められているそうです。また “病院"というと患者さんが病院へ足を運ぶというイメージがありますが、この『いど(医砥)ばたカフェ』のシステムは、スタッフが患者さんのいらっしゃる地域へ出向くもの。今現在は、週に1度、竹田市内の公民館などにスタッフ10名程度(医師・看護師・リハビリ担当のスタッフなど)が軽・ワゴン車で移動し、治療をおこなっています。直接やってくる方が多いですが送迎することもあるそうですよ。リハビリしながら、お茶をの時間も楽しみながら、気分も少し晴れ渡りそうですよね。様子は、大久保病院のフェイスブックで様子を見る事もできます。チェックしてみてくださいね!

《お問い合わせ先》
0974-64-7777

ページのトップへ戻る