OBS

火曜日

ファースト・マン

1960年代、ソ連とアメリカのはげしい宇宙進出計画がはじまった時代。 一歩遅れを取ったアメリカが目指したのは月面到着のアポロ計画だった。そして苦難の技術の末、アポロ11号に乗ったニール・アームストロング船長が人類はじめて […]

» 続きを読む...

メリーポピンズ・リターンズ

;64(昭39)年に公開され、主演のジュリー・アンドリュースがアカデミー主演女優賞を獲得した「メリー・ポピンズ」の20年後を描いた内容であり、今回はエミリー・ブラントがメリー・ポピンズを演じる作品だ。   東風 […]

» 続きを読む...

十二人の死にたい子どもたち

倉持裕の緻密な脚本構成と、堤監督の実験的描写によって、この作品は青春映画の秀作となっていた!若手の旬の俳優たちもそれぞれの与えられた役柄を咀嚼した演技を見せさらに映画に力を与えているのだ。   ある閉鎖された病 […]

» 続きを読む...

ぼけますから、よろしくお願いします。

2016年フジテレビや関西テレビで放映され反響を呼んだドキュメンタリー作品。監督の信友直子の年老いた両親を、娘の目と第三者の制作者としての目で追いつづけたものだ。   広島県呉市に住む父95歳、母87歳。ふたり […]

» 続きを読む...

蜘蛛の巣を払う女

世界的人気をもつ北欧ミステリー・サスペンス小説『ミレニアム』シリーズの映画化2作目である。監督・主演女優を一新しての登場であり、暗い北欧の雪景色を背景にサスペンス要素の強い内容となっている。   特殊な映像記憶 […]

» 続きを読む...

アリー スター誕生

本年度のゴールデン・グローブ賞やアカデミー賞にノミネートされた作品であり、レディー・ガガの演技も注目されているハリウッドの王道的内容が満載されているサクセスストーリー物である。この作品は;37年ジャネット・ゲイヤー主演で […]

» 続きを読む...

ボーダーライン ソルジャーズ・デイ

アメリカとメキシコの国境沿いに巣食う巨大な麻薬カルテルに立ち向かうFBI・CIAの戦いをスリリングに描いた「ボーダーライン」の第二弾作品である。   メキシコ検察庁の硬骨漢検事アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ […]

» 続きを読む...

来る

CM界のエースから映画界へと転身し、次々と斬新な試みの作品で日本映画をひっぱる存在となった中島哲也監督の最新作がこれである。原作は、澤村伊智のホラー大賞を得た「ぼぎわんが、来る」であり、あえて「来る」というだけのタイトル […]

» 続きを読む...

くるみ割り人形と秘密の王国

チャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」を映像化した作品。なるほどこの内容はファンタジー!ディズニー社はいい所に目をつけたもんだ。   愛する母を喪った少女クララ(マッケンジー・フォイ)は、父と姉弟の4人暮ら […]

» 続きを読む...

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリングがオリジナル脚本を担当した事で評判になった作品の第二作目だ。前作はユーモア感を表に出しすぎて軽い味の内容となってしまったが、このシリーズ二作目ではきっちりと修正した本 […]

» 続きを読む...

鈴木家の嘘

松竹が企画するオリジナル映画による若手発掘プロジェクトに抜擢された野尻克己の監督デビュー作品であり、自身のオリジナル脚本によるものである。   両親・息子・娘の4人家族の鈴木家の息子・浩一(加瀬亮)が、ある日突 […]

» 続きを読む...

ボヘミアン・ラプソディ

<クイーン>誕生のいきさつから、伝説の「ライヴ・エイド」までを、ボーカルであるフレディ・マーキュリーの破天荒な行動を描いたこの作品は、圧倒的迫力と悲しみに満ちた内容によって見る者の心を鷲づかみにさせる傑作となっていた! […]

» 続きを読む...

ビブリア古書堂の事件手帖

古書に精通した女性と、ある事から本を読むのが苦手になった青年との真逆の組み合わせのコンビが、数々の著名な文学小説に絡む謎を推理するという、斬新な試みで人気を博した三上延のベストセラーの映画化作品。文学好きには、原作者の著 […]

» 続きを読む...

旅猫リポート

人気作家・有川浩(ひろ)の同名小説を、有川自身も脚本として参加した、青年と愛猫とのハートフルで切ない道行きを描いた作品である。   野良猫のナナ(声:高畑充希)は交通事故に遭い大怪我を負う。いつもお気に入りの餌 […]

» 続きを読む...

億男

庶民の夢である宝くじで3億円を当てた男をめぐっての、悲喜こもごもな出来事を通して、生きるなかでの幸せとは?それにまとわりつくお金とは何なのか?を親友との真摯な友情をからめて描く作品である。   大倉一男(佐藤健 […]

» 続きを読む...

1 / 2012345...1020...最後 »
ページのトップへ戻る