OBS

top_image
衛藤賢史のシネマ教室

パッセンジャー

乗員、乗客5000人以上の巨大宇宙船で、90年も早く人口冬眠から目覚めてしまった男女ふたりと、コメディリリーフ役のアンドロイド、そしてワンポイント・リリーフ役の乗員、という4人だけで綴られる異色のSF作品「パッセンジャー […]

» 続きを読む...

エゴン・シーレ 死と乙女

28歳で早逝した異端の天才画家エゴン・シーレは、現在はグスタフ・クリムトと共に20世紀初頭のウィーン画壇の双璧として、その作品1点に4千万ドルの価格がつくオーストリアを代表する画家としての評価を持つ。 だが、シーレは存命 […]

» 続きを読む...

チア☆ダン

県立福井商業高校のチアリーダー部が、2009年の全米のチアダンス選手権で優勝したというミラクル・ストーリーにインスパイアーされて作られた、青春情熱コメディ。 県立福井中央高校に入学したひかりは、中学からの同級生でサッカー […]

» 続きを読む...

アサシンクリード

人気ゲームを元にして作られた、祖先の遺伝子とシンクロしながら戦う主人公の活躍を描く、異色のSFアクション作品である。 カラム・リンチは不幸な生い立ちの末、成人後ある殺人事件を起こし死刑の身となる。覚悟して薬物による死刑を […]

» 続きを読む...

ラ・ラ・ランド

「セッションズ」で鮮烈なデビューを飾ったデイミアン・チャゼル監督が、映画だけのために作ったミュージカル作品で、本年度のアカデミー賞の最有力候補と噂される。 <ラ・ラ・ランド>とは、ロサンゼルス、主にハリウッド […]

» 続きを読む...

人生フルーツ

津端修一さん90歳、妻の英子(ひでこ)さん87歳、この滋味に富んだ風貌の夫婦のゆったりとした生活を追った東海テレビのドキュメンタリー作品だ。 1955年、伊勢湾台風による被害で低地に住んでいた人々5千人の命が失われた後、 […]

» 続きを読む...

ニーゼと光のアトリエ

東京国際映画祭で作品賞と最優秀女優賞を獲得したブラジル映画だ! 国土が広いブラジルは今だに各種の困難な状況を抱えており、それに対しての強烈なメッセージ性を持つ作品をブラジル映画界は発表しつづけているが、この作品は1940 […]

» 続きを読む...

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

映画の宣伝チラシには「ティム・バートン史上、最も奇妙。」と謳われていたが、物語は「最もまとも!」と言い換えていい!ファンタジーに富んだ作品となっていた。 フロリダに住むジェイクは、周囲の仲間たちとなかなか溶け込めない少年 […]

» 続きを読む...

ドクター・ストレンジ

「スパイダーマン」を生み出したコンビが;66年に発表した、マーベル・コミックでも異色の主人公の元・医師が超絶的魔術を自在に操つり、大いなる異次元の存在と対峙するという神秘的な物語で、主人公のドクター・ストレンジ役に、独特 […]

» 続きを読む...

沈黙―サイレンス―

1991年、ジョン・キャロル大学の名誉博士号を受けるため渡米した遠藤周作に、マーティン・スコセッシはNYで会い、この小説の映画化の決意を伝えてから25年!資金難などの幾多の苦節を乗り越え遂に完成した執念の作品である。 舞 […]

» 続きを読む...

ミス・シェパードをお手本に

映画の冒頭に<ほとんど真実の物語>と字幕が出る。この物語は原作者であり劇作家として著名なアラン・ベネットが体験した事実であり、後にベネットが舞台劇として発表し好評を博したものを、監督・主演をそのままにして映画 […]

» 続きを読む...

ナーヴ

2017年の初頭作品は「ナーヴ(NERVE)」という日本語で<勇気・度胸>の意味となる青春映画です。 一歩踏み出す勇気(ナーヴ)がない、真面目な女子高校生が闇ネットの<ナーヴ>に弾みで登録し、危険 […]

» 続きを読む...

土竜の唄

高橋のぼるの人気コミック『土竜の唄』は現在52巻まで続いているが、その25~35巻の「チャイニーズ・マフィア編」が今回の映画化シリーズ2の舞台となっている。 この第1作は同じ三池・宮藤コンビで、原作マンガの超過激な描写を […]

» 続きを読む...

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

この作品は「スター・ウォーズ」の外伝です。 ジョージ・ルーカスが考えた草案に沿って、<スター・ウォーズ>の中で語られなかった無名の戦士たちにフット・ライトを当て、邪悪な帝国軍の究極兵器の設計図を奪おうとする& […]

» 続きを読む...

海賊とよばれた男

出光佐三をモデルとした百田尚樹の『海賊とよばれた男』は圧倒的に胸を打つ熱血の小説だった。この小説を2時間半の映画にするのは支点の持ち方を誤ればとんでもない駄作になりかねない。と思いながら多少の危惧で見たが、山崎監督は時系 […]

» 続きを読む...

1 / 1412345...10...最後 »
ページのトップへ戻る