OBS

火曜日

沈黙―サイレンス―

1991年、ジョン・キャロル大学の名誉博士号を受けるため渡米した遠藤周作に、マーティン・スコセッシはNYで会い、この小説の映画化の決意を伝えてから25年!資金難などの幾多の苦節を乗り越え遂に完成した執念の作品である。 舞 […]

» 続きを読む...

ミス・シェパードをお手本に

映画の冒頭に<ほとんど真実の物語>と字幕が出る。この物語は原作者であり劇作家として著名なアラン・ベネットが体験した事実であり、後にベネットが舞台劇として発表し好評を博したものを、監督・主演をそのままにして映画 […]

» 続きを読む...

ナーヴ

2017年の初頭作品は「ナーヴ(NERVE)」という日本語で<勇気・度胸>の意味となる青春映画です。 一歩踏み出す勇気(ナーヴ)がない、真面目な女子高校生が闇ネットの<ナーヴ>に弾みで登録し、危険 […]

» 続きを読む...

土竜の唄

高橋のぼるの人気コミック『土竜の唄』は現在52巻まで続いているが、その25~35巻の「チャイニーズ・マフィア編」が今回の映画化シリーズ2の舞台となっている。 この第1作は同じ三池・宮藤コンビで、原作マンガの超過激な描写を […]

» 続きを読む...

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

この作品は「スター・ウォーズ」の外伝です。 ジョージ・ルーカスが考えた草案に沿って、<スター・ウォーズ>の中で語られなかった無名の戦士たちにフット・ライトを当て、邪悪な帝国軍の究極兵器の設計図を奪おうとする& […]

» 続きを読む...

海賊とよばれた男

出光佐三をモデルとした百田尚樹の『海賊とよばれた男』は圧倒的に胸を打つ熱血の小説だった。この小説を2時間半の映画にするのは支点の持ち方を誤ればとんでもない駄作になりかねない。と思いながら多少の危惧で見たが、山崎監督は時系 […]

» 続きを読む...

マダム・フローレンス!夢見るふたり

ハート・ウォーミングな内容の映画として、今年いちばんと言っていい作品だ! 今だにカーネギー・ホールのアーカイブ録音の人気ナンバー・ワンである、フローレンス・フォスター・ジェンキンス(1868~1944)をメリル・ストリー […]

» 続きを読む...

奇跡がくれた数式

神が与えた天賦の才によって、直感で頭の中に難解な数式の解答が次々と沸き出すというインドの天才数学者シュリニヴァーサ・ラマヌジャンの数奇な人生を描いた作品である。ラマヌジャンの数式は、現在ブラック・ホールの研究にも使用され […]

» 続きを読む...

聖の青春

将棋界のレジェンドとなった天才棋士・村山聖(1969~1998)。将棋愛好家から「東の羽生、西の村山」と謳われたが、<ネフローゼ症候群>という腎臓の難病のため29才という若さで短い生涯を終えた。この作品は、こ […]

» 続きを読む...

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

「アウトロー」(’12)につづく、リー・チャイルドの人気小説<ジャック・リーチャー>シリーズの2本目であり、今回は原作の18作目である『NEVER GO BACK』を映画化したものである。監督は「 […]

» 続きを読む...

ぼくのおじさん

ぼくら世代にとって、北杜夫と言えば『どくとるマンボウ航海記』だった。 精神科の医師でもあり、父君が歌人の斉藤茂吉である事も、この本を読んで知った。 その北杜夫の児童小説である『ぼくのおじさん』(1972)が山下敦弘監督に […]

» 続きを読む...

淵に立つ

カンヌ国際映画祭に初参加でいきなり「ある視点」部門・審査員賞を受賞した、36才の映画監督・深田晃司のオリジナル作品である。 シリアスな描写の中に、キリスト教的原罪意識に包まれた人間の内面を切り取る演出が評価された作品だ。 […]

» 続きを読む...

スター・トレック ビヨンド

1966年、TVドラマとしてスタートした「スター・トレック」は、6本のTVシリーズと13本の映画でファンを熱狂させてから、今年で50年の節目をむかえた。 その誕生50周年の記念映画として「ワイルド・スピード」シリーズでダ […]

» 続きを読む...

ストリート・オーケストラ

「ハドソン川の奇跡」といい、この「ストリート・オーケストラ」といい実際にあった話だというのは驚きだ!そしてこのふたつの作品の共通項は、ひとりの人間が最悪の状況下、自分の専門分野を信頼し事に当たる勇気と行動力へのリスペクト […]

» 続きを読む...

ジェイソン・ボーン

マット・デイモンを一躍世界の大スターに押し上げた「ボーン」シリーズ3部作(2002/2004/2007)が9年ぶりに復活した!(間に「ボーン・レガシー」(2012)という番外編があったが雑な作りでひどかったし、M・デイモ […]

» 続きを読む...

ページのトップへ戻る