OBS

火曜日

テルマエ・ロマエII

丁度2年前の4月に公開された第一作は、ヤマザキマリさんの原作マンガに程よいアレンジを加えた、いいセンスの内容を持った娯楽映画として、興行成績60億円という大ヒット作品となったのだが、この二作目は前作に比較して少し筋立てが […]

» 続きを読む...

キャプテン・アメリカ

アメリカン・コミックのヒーローの中で、日本人にあまりなじみのない人物が「キャプテン・アメリカ」だろう。彼は二次大戦中に特殊な血清を打たれ不死身のヒーローとして活躍するが、世界制覇を狙う悪の組織<ヒドラ>の爆弾を身を持って […]

» 続きを読む...

それでも夜は明ける

アメリカの奴隷制度の闇を描き、2013年度のアカデミー作品賞を獲得した作品。 また、助演女優賞を新人のルピタ・ニョンゴがその見事な演技で受賞した。 1841年、南北戦争が始まる20年前。北部に住むソロモン・ノーサップは自 […]

» 続きを読む...

最後の晩餐

韓国のオ・ギファン監督が、中国とのコラボレーションで撮った独特のリリカルな雰囲気を発散させたラブ・ロマンス作品である。 北京に住むホー・シャオシャオとリー・シンは恋人同士。シャオシャオは陶芸家になることを望み、シンは有名 […]

» 続きを読む...

白ゆき姫殺人事件

伝える者の主観だけで突っ走るツイッターというニューメディアの恐怖を描いたこの作品は、現代の日本社会の他人の尻馬に乗る無責任な短絡的思考の暴発の怖さというものを存分に表現した内容となっている。 とある地方都市にある国定公園 […]

» 続きを読む...

ローン・サバイバー

最近のハリウッド映画は実際にあった出来事を脚色した作品が、観客の反応がいいと見たか続々と映画化されているが、この作品もアフガニスタンで実際に実施された作戦をベースにしている。 海兵隊の中でも凄まじいサバイバル訓練を突破し […]

» 続きを読む...

アナと雪の女王

2013年度、長編アニメーション作品賞を獲得した作品だ。宮崎駿の『風立ちぬ』も候補作品に挙がっていたが、早くからこの部門での本命視されていた予想通り順当にアカデミー賞を獲得した。なにしろディズニー創立90周年記念作品と銘 […]

» 続きを読む...

ダラス・バイヤーズ・クラブ

2013年度のアカデミー賞候補の作品群は実話物が多かったが、この作品もそのひとつであり、1980年代テキサス州でHIV陽性と診断されたマッチョ男の生き様を描いた秀作である。21キロの減量で主役を演じたM・マコノヒーは、こ […]

» 続きを読む...

ホビット 竜に奪われた王国

『ロード・オブ・ザ・リング』3部作が、あまりにも素晴らしく、その途方もないスケール感の残像が色濃く残ってしまったので、『ホビット』1部には多少の不満感があったと思う。しかしこの2部に入ってかなり内容が大きく動き始めた。 […]

» 続きを読む...

KICK-ASS キック・アス ジャスティス・フォーエバー

戦闘能力ゼロだが正義感の強いアメコミ・オタクの少年が、戦闘能力100%の小学生の少女と一緒になって悪人をやっつけていくという、胸のすくような痛快な内容に、口コミで大ヒットした「キック・アス」(2010)の続編。 <キック […]

» 続きを読む...

エージェント・ライアン

昨年、急逝したトム・クランシーの大ベストセラー小説のジャック・ライアン・シリーズはハリソンフォードなどの主演によって知られているが、今回は「スター・トレック」でブレイクしたクリス・パインを起用して、若きジャック・ライアン […]

» 続きを読む...

サントリー金麦:火曜日

2014/02/11  |  火曜日

「金麦presentsうれしいね!大分と金麦。大分うまいもんレシピ!」   今週は一週間にわたって、サントリー金麦にあう、大分ならではの手軽でおいしいお料理をご紹介しています♪ お料理は、ごごらくワイドのパーソ […]

» 続きを読む...

鑑定士と顔のない依頼人

世界的な美術オークションを一手に仕切る美術鑑定士の権威と名声を知る作品である。 作品の真贋を一瞬で見分け、2~3分で億単位の金額を取引きさせるプロ中のプロの腕前に魅了されながら進行するこの作品は、同時にひとりの蠱惑的な謎 […]

» 続きを読む...

アメリカン・ハッスル

1979年、大物議員かなりの人数が、収賄容疑で摘発されアメリカ中を驚かせた、FBIのオトリ捜査<アブスキャム事件>をベースにした作品であり、今年度のアカデミー賞10部門にノミネートされた話題作である。 ハゲを鬘で隠した中 […]

» 続きを読む...

ゲノムハザード~ある天才科学者の5日間~

サントリー・ミステリー大賞読者賞を受賞した司城志朗の小説「ゲノムハザード」を「美しき野獣」(06)の監督キム・ソンスが原作に惚れ込み、自ら映画化することを熱望し企画した作品であり、韓国・日本の映画界が共同して作った作品で […]

» 続きを読む...

ページのトップへ戻る