OBS

「有限会社但馬屋老舗」代表取締役の板井良助さん

2017年4月10日のゲストは、「有限会社但馬屋老舗」代表取締役の板井良助さんでした。

photo

「但馬屋老舗」は、創業1804年旧岡藩御用達代表銘菓【三笠野】は藩主の命により、奈良の「灯打ち焼き」を模して創製したもの。そして【荒城の月】は古くは「夜越(やごえ)の月」といわれていたそうですが、これは昭和の時代に岡城址が国の公園にしていされたことから、竹田所縁の瀧廉太郎の作曲になる「荒城の月」を名前にいただいたとのこと。
そんな2つの代表銘菓は、2016年度の1年間、クルーズトレイン「ななつ星IN九州」でお客様に提供されました。さらに【荒城の月】は海外に日本のすぐれた産品を紹介する経済産業省のクール・ジャパン「THE WONDER 500」の認定を受けました。そして今年5月にはJAL国内便ファーストクラスタ食にも採用が決まっています。そんな「但馬屋老舗」の若手職人チームが考案した新商品【ふろうりす】が発売されました!ふんわりと仕上げた生地はサフランの天然の色合い。竹田のカボスの香りを羊羹に閉じ込め、白小豆の香りと3種類の香りと味覚の織りなすグラヂュエーションを楽しめるようになっています。
スタジオでいただいた2人も見た目に驚き、香りに驚きでした。

《お問い合わせ先》
090-3013-7465

ページのトップへ戻る