OBS

ハゼ茶漬け

2014/10/10  |  いい釣り情報

10月4日、大分市東部を流れる大野川河口に秋を求め短時間の釣行でした。
同川の河口から約5キロの地点・鶴崎橋上流右岸(大在側)で行いました。
ハゼ釣りは早朝から半日が最も釣れる時間帯の為、午前6時過ぎから行いました。

メンバーは5メートルのノベ竿に1号程度の錘を付け、針は1本でした。
私は風が強いのでキス釣り同様L型天ビンに錘6号程度、仕掛けはキス針9号の2本針の仕掛けで狙いました。
メンバーの中には「7?歳の元教員は子供のころにハゼ釣りをした思いがある」と話していました。

photo

釣果は風が強くなり、水面に白波が立ち始めたので午前10時過ぎに終えましたが、一人30匹~40匹でした。

photo

 

私はWヒットが多く50匹の釣果に恵まれました。
サイズは10cm前後が多く、たまに15cmサイズが混じる程度でした。

photo

 

鶴崎地区に昔から伝わる郷土料理「ハゼ茶漬け」をご存知ですか?
60数年、私も鶴崎地区に住んでいますが、初めて聞く料理名です。
実は当日鶴崎商店街でお食事処のオーナーが同行され聴いた話です。
その夜、オーナーのお店「お食事処 さどや」で食べました。
大変美味しかったです。

 

photo

【ハゼ茶漬けのレシピ】 名称:はぜ茶漬け
・ハゼを三枚におろして、皮のまま細かくきざむ
・当たり鉢でいり胡麻をする
・底に刻んだハゼを入れすりつぶす
・その時あまりすりつぶさない方、食感があって良い
★味付け
・砂糖1・醤油1・お酒1・水3~4(水を入れながらアジを見る)

ページのトップへ戻る