OBS

いざ津久見へ!!

2015/02/13  |  いい釣り情報

2月です。立春も過ぎ公園では梅の開花が見られ春近し!と心は春ですが、海の中では一年中で最も海水温が低下する時期と成りました。
釣り人は微妙な浅い(小さい)魚信に神経を集中させ苦難の釣りが続いています。
今回はにわかに注目を浴びている釣り場を紹介しました。
津久見市の中央部の防波堤です。通称「漁協裏」と呼ばれる50メートルと短い防波堤です。
「大きなアジが釣れちょる」「1月に50センチのチヌが釣れた」「2号のハリスが切れた」など好調な情報が飛び込みで来ました。
2月7日早朝、チームノムラの川野釣り名人が先行している釣り場に向かいました。

途中釣り場近くの「ほごたん屋釣具店」に立ち寄り情報をチェック。
「釣れる方は釣れています。やはり釣り方でしょう」と返事が返って来ました。
釣り具を釣り場に移動すると「25センチサイズのアジです」と川野名人が竿を曲げていました。
では私もと隣に入りコマセを打ち込み仕掛け作り。
今回はチヌ狙いの為半遊動仕掛けだ。竿1号・2000番リール・道糸2号・ウキ0.8号、ハリス1.5号3メートル・針チヌ4号。
水深を取り棚はハリスが海底をはわせる状態にする(約10メートル)。
チヌの当たりは無くウキを沈めるのは小型のカンダイやフグの中川野名人は快調にアジをゲットしています。散歩途中の地元漁師さんもアジを見て「船で出たがアジは釣れん・なし防波堤でこげん大きいアジが釣れるのか」と不思議がっていました。

photo

正午過ぎ、親子連れがやって来て少し間を空けて釣り座に入りました。
ナント 私にはチヌの当たりが無かったのにいつの間にか30センチのチヌをゲット!少年が釣れて私が釣れないのでは・・・・・

photo

大分市けやき台の保月貫汰君(戸次小学校3年生)今度はルアーを投げ小型のエソを釣り上げています。
私もコマセにアジが海底近くまで下りて来たのかヒットし始めました。
午後2時釣りを終え帰宅の用意をしていると大分市の大在公共ふ頭や坂ノ市の日吉原埠頭で連日釣りを行っている大分市の甲斐さんが来られ「大分は全く釣れん」と話し私の釣り座を甲斐さんに渡しました。
津久見湾一帯では津久見港のアジ・ナフコ裏のサバ・沿岸一帯のチヌと今最高に釣れる場所と言えます。

ページのトップへ戻る