OBS

7月9日のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

7月9日のゲストは、国宝宇佐神宮も御用達の畳屋さん。
佐々木商店・佐々木たたみ店の副代表 佐々木康幸さんでした。
18-07-09-14-36-30-801_deco

佐々木商店・佐々木たたみ店は昭和53年設立。創業40年。「一魂一畳」をモットーに地域密着を根ざし、確かな技術で高品質の畳を製作しています。
今回は県の経営革新の承認を得た経営計画『顧客の使用用途に合わせた衝撃緩衝型畳等の提案』についてお話をうかがいました。最近の畳は建材畳床が主流となっています。これは便利は良いのですが、非常に硬く、フローリングとの差別化が図れません。そこで、佐々木さんのお店では住宅の洋室化が進む中、畳の衝撃性・弾力性を持たせた畳床を使用した新畳の提供、及びフローリングに敷ける衝撃緩衝型の置き畳を提供をしています。
また佐々木たたみ店では、虎や龍、梅の花の絵、市松模様やグラデーションに彩られた畳、「デザイン畳」も取り入れています。色々な用途に合わせた畳床と、畳の革命「デザイン畳」を併せて取り入れているのは大分県内で佐々木たたみ店だけ。ライフスタイルに合わせて畳の提案をしてくれます。
1300年続く畳文化。
伝統と今の時代をマッチングさせるために佐々木さんは励まれています。

≪ お問い合わせ  ≫
佐々木商店・佐々木たたみ店
【TEL】0978-37-0295

ページのトップへ戻る