OBS

11月4日(月)のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

今日のゲストは、株式会社アキ工作社 代表取締役社長 松岡勇樹さんでした。

3ショット(アキ工作社)

平成10年創業のアキ工作社は、国東市安岐町で段ボールクラフト 「d―torso(ディー・ トルソー)」の製造・販売を行っています。

これまでも、郵便で送れる段ボール製・立体年賀状や暑中見舞いハガキなどを始め、「ハト段」「靴段」「猫段」「飛行機段」といった数多くの新商品をご紹介していただきました。

そして、今回はこの季節 皆さんもお待ちかねの「干支」シリーズの2014年モデル「馬段(うまだん)」をスタジオにお持ちいただきました。

馬段

左が黒、右がナチュラルカラー、このほかに 白・赤・金色など

7色展開で販売中です。

今年も、専用年賀カードを付けると年賀状として送ることができます。

この馬段の特徴は何と言っても躍動感です。躍動感を出すために、今回は

左右非対称に仕上げ、より力強く、さらには生き物ならではの柔らかさなども

細かく表現されています。

松岡社長と年賀用

そして、松岡さんは現在 大分市のギャラリーで展示会を開催しています。

展示会のコンセプトは「皮膚無き皮膚をデザインする~d-torso ミギテヒダリテ~」。。。皮膚無き。。???となっていたスタッフ一同ですが、松岡さんがお持ちいただいた作品「ヒダリテ」を見て触って納得!

松岡社長と左手

本当に人の左手の大きさ、段ボール素材に何故か人の皮膚を感じ、温かみを感じる作品に、三重野アナウンサーも安波さんも感動。ぜひ皆さんも実際に触って感じてみてください。

松岡勇樹

皮膚無き皮膚をデザインする~d-torso ミギテヒダリテ~

大分市ガレリア竹町西口裏通り 8ギャラリー

11月2日~11月10日(13:00~19:00)

 

2.3mの巨大な「ミギテヒダリテ」を始め多数展示、また2Fでは

今回の「左手」の限定販売の他、アキ工作社の人気商品が購入出来ます。

馬段・左手

《株式会社 アキ工作社》 お問い合わせ:0978-64-3002

ページのトップへ戻る