OBS

1/20(月)のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

今日のゲストは、有限会社福田農園 代表取締役 福田 実さんでした。

福田社長1

有限会社福田農園は、中津市耶馬溪町で養豚の一貫経営を行っています。

安全で安心なおいしい豚肉を作るため、豚にストレスを与えない飼育方法で環境に配慮し、こだわりの餌で育てています。

特に平成14年に商標登録した高級ブランド豚肉『錦雲豚(きんうんとん)』は柔らかな肉質とヘルシーな美味しさで県内外でも大変な人気を得ています。

(写真下:肩ロースのしゃぶしゃぶ用)

009

この『錦雲豚』のこだわりの飼育方法とは、空調システムや照明が自動管理されたウインドレス豚舎の中で豚にストレスを掛けない環境で飼育、さらに飼料にお米を混ぜることによって、肉質が柔らかくアミノ酸たっぷりで風味が増した豚肉になるそうです。

また、錦雲豚には身体に嬉しい「オレイン酸」が多く含まれ、さらに脂肪融点が

32~33℃と低いため、口の中でとろけます。

実際に口にしたお客様から「こんな豚肉は食べたことない」と言われたり、小さなお子様が「このお肉だったらたくさん食べられる!」と言ってくれるのが、福田社長としては本当にうれしくてたまらないとのことです。

錦雲豚バラ

そして、スタジオの三重野アナウンサーと安波さんも錦雲豚のバラ肉しゃぶしゃぶ用(写真上:※加熱前)をしゃぶしゃぶにして食べさせていただきました!

噛めば噛むほど甘味を感じる美味しさと、油切れの良さに感動です。

また、加工品の生ハムも試食させていただきましたが、何とも言えない風味に

これまたとろける食感がたまりません。

(写真下:加工品の一部・ベーコン、生ハム他)

福田農園では、豚肉の美味しさのみならず、食の安全をさらに追求するための

管理手法、「HACCEP(ハセップまたはハサップ)」に取り組んでいます。

さらに、前回までは福田農園のブランド豚『錦雲豚』は主に県北、県外が主な流通ルートでしたが、昨年から大分市内の一部の飲食店でも販売が始まったそうです。今後も少しでも多くの大分の皆さんに食べていただけるよう頑張ります、とおっしゃっていただきました☆

福田写真3ショット

ご家庭で『錦雲豚』の味を楽しみたい方には嬉しい商品発送のサービスもありますので、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

 

《商品発送等お問合せ先》

「福豚(ふくとん)」 電話:0979-72-2983(FAXも同じ)

ページのトップへ戻る