OBS

3月3日のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

今日のゲストは、合同会社 藤グループ 代表 藤田由紀子さんでした。

合同会社 藤グループは大分市の西新地で5年前に訪問介護事業を開始。

現在は訪問介護サービスの他に居宅介護サービス、訪問介護のご家庭を

対象にした家政婦サービスなどを行っています。

また、昨年の11月から、新たな事業として大分市の松原町にデイサービス

施設を開設しました。

(写真:大分市松原町のデイサービスつくし)

藤田代表が介護事業に従事するようになったのは、およそ8年前、ご主人が

事故に遭われて頚椎に損傷を負い、車いすでの生活となった時に、自宅での

介護を行うために、介護ヘルパーの勉強を始めたことがきっかけでした。

介護の勉強を進めるにつれ、介護を望む声の多さに驚き、老老介護の実態や

独居老人の方々の多さも目の当たりにし、何かお役に立てないかと思い、5年前

に訪問介護サービス事業を開始しました。

さらに、その訪問介護サービスを行うにつれ、もっと利用者のニーズにお応え

出来ないか、という思いから訪問介護サービスのご家庭を対象にした家政婦

サービスを開始しました。利用者に年金生活者が多いことから、少しでも安く

お手伝いを、と言うことで料金設定も既存の介護保険での料金設定よりお安く

なっているそうです。

さらに365日24時間対応で相談に乗ってくれる、大変心強いサービスです。

藤グループの介護サービスをの特筆すべき点は、介護を行う人の年齢です。

60代の従業員が多く、最高年齢では78才の方が介護の現場で働いて

いらっしゃいます。

このシニア雇用の良い点は、年齢や人生経験を重ねた分だけ心配りや思いやり

に長けている方が多く、また介護される側に年齢が近いので会話がたいへん

はずみ、コミュニケーションが取りやすい点だそうです。

また、介護する側のシニアの方も、まだまだ体力の続く限り元気に働き、皆さん

の役に立っている、という思いからとてもはつらつとしていらっしゃるそうです。

昨年11月に大分市松原町に開設した「デイサービスつくし」でも、シニア雇用

が充実しておおり、利用者の方と楽しくコミュニケーションをとりながら、利用者の

方のその日の状況合ったカリキュラムで一日を過ごすそうです。

施設ではカラオケルームもあり、楽しく歌ったり、ゲームを楽しんだり、会話を

楽しんだりと、藤田代表が望むサロンのような雰囲気で皆さん過ごしていらっ

しゃると言うことです。

また、施設では季節感あふれる昼食メニューを用意しています。利用者さんの

声を取り入れながらメニューも施設も日々進化の途中と言うことです。

今日は桃の節句、と言うことでメニューには桜餅もつきました♪

スタジオの三重野アナウンサーも安波さんも大変美味しくいただきました!

そして施設では最新式のお風呂でゆっくりく安全に入浴していただけます。

デイサービスお風呂

藤グループの「デイサービスつくし」では、デイサービスの一日無料体験を

実施しています。

藤田代表は、実際に施設の雰囲気を感じながら、カラオケルームやお風呂を

体験していただき、ぜひ施設自慢の食事を楽しんでいただきたいとおっしゃって

いました。

《お問合せ先》

デイサービスつくし 電話:097-551-2940

ページのトップへ戻る