OBS

2月23日(月)のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

今日のゲストは、株式会社エイビス代表取締役社長 吉武俊一さんでした。

吉武社長

平成9年9月9日に大分市大州浜で創業の株式会社エイビスは、環境分野におけるソフトの開発や、長年にわたるネットワーク構築の実績とセキュリティに対する経験を基に、お客様の状況に合わせたネットワーク環境の提案等を行っています。また、高齢化社会における「安全・安心」を提供するための「みまもり支援システム」の販売も行っています。

吉武社長スタジオ

およそ一年半前にご出演の際にご紹介いただいた「みまもり支援システム」は、

社長ご自身の介護の経験や、お世話になった施設での介護の大変さを目の当たりにした事から、何か役立つシステムが出来ないかと思い、経済産業省のロボット介護事業の認定を受けて開発されたシステムです。

ベッドの下に振動センサーとウェイトセンサーが入ったパネルを敷き、そのデータを解析することでベッドの上の人の動きを感知し、利用者の方がベッドの上にいるのか・いないのか、またベッド上で安静にしているのか、身体に異変がないのかを離れたセンターで監視することが可能です。

また、今回は「水質等環境検査の分析データ処理に特化した優れた業務効率向上を支援するソフト」についてお話を伺いました。

この環境検査システムは、日頃私達が飲んでいる水や食べ物、工場からの排水などにおける有害物質が国の基準を越えていないか検査する会社で使用されます。

エイビスの「環境検査システム」は、環境検査業界ではNO1の導入シェアを誇っています。

エイビスでは25年の長きにわたる環境検査のデータ分析の実績から、お客様のニーズにスムーズにお応えできるノウハウを蓄積してきました。

そのノウハウを基に、今後は「日本全国の環境検査システムの導入シェア50%超 ダントツナンバー1を目指す」という成長戦略のもと、昨年には大分県地域牽引企業創出事業に認定されました。

今後は自社の持つ環境分野の7つのソフトに連動性を持たせ、利便性を強化したソフトの開発などを行いたいとおっしゃっていました。

吉武社長3 (1)

《お問合せ先》

株式会社旅館エイビス

大分県大分市大州浜1-4-32

電話:097-573-2244

ページのトップへ戻る