OBS

top_image
最新記事

DESTINY鎌倉ものがたり

ぼくは西岸良平さんの、画風とマッチしたほのぼのとしたノスタルジー感のあふれる漫画のファンのひとりです。でもこの「鎌倉ものがたり」が映画化されるとは予想もしていなかった(「三丁目の夕日」と比較して若干マイナーと思っていたの […]

» 続きを読む...

金谷石材店 中津営業所 代表 金谷さん ご夫妻

今回(2017年12月5日)のゲストは、 金谷石材店 中津営業所代表 金谷真悟さんと奥様の金谷有希さんご夫妻でした。   明治20年創業で福岡県豊前市を拠点に中津市にも営業所を構えている金谷石材店。130年の歴 […]

» 続きを読む...

探偵はBARにいる3

札幌のススキノで行きつけのBARを事務所にしている探偵と北大の万年助手で空手の達人・高田のコンビの活躍を描く、東直巳の<ススキノ探偵シリーズ>は小意気なハードボイルド小説で、その軽妙な文体で楽しく読ませてもらった。札幌で […]

» 続きを読む...

「株式会社OTOGINO」ブランド推進室広報の熊谷梢さん

2017年12月4日のゲストは、「株式会社OTOGINO」ブランド推進室広報の熊谷梢さんでした。 2003年に設立したIT会社ですが、現在では、ネット通販事業、自然再生エネルギー事業、酒類事業、貿易事業と幅広く取り組まれ […]

» 続きを読む...

ひろこもがっつり!県産豚肉

今週はスタジオに、竹田市で藤野屋商店を経営されている 甲斐昇一郎さんをお迎えしました。 大分県養豚協会の約半数は、竹田市で養豚をされているとのこと! それだけ、竹田の気候と綺麗な水が養豚に適しているということですよね。 […]

» 続きを読む...

ゴッホ~最期の手紙~

まず、驚いたのは、こんな方法でもアニュメーションが撮れるのだ!という事だった。ゴッホが描いた肖像画の人々が、125人の画家によって約6万以上の油絵で描かれ、ゴッホの絵画にそっくり似た特別セットで、俳優たちが演技する様をC […]

» 続きを読む...

「有限会社ピーエムラボ」代表取締役の堤大輔さん

2017年11月27日のゲストは、「有限会社ピーエムラボ」代表取締役の堤大輔さんでした。 昭和50年2月に創業。入れ歯や差し歯の製造をされています。3Dプリンターを導入し、競争力や生産能力の向上をはかりながら、歯科医院の […]

» 続きを読む...

ひろこもがっつり!県産豚肉

11月29日の「いい肉の日」にあわせて、 大分県養豚協会では竹田市内の小中学校、幼稚園などに 豚肉の無償提供を毎年行っています。   私は14日に久住小学校で開催された児童と生産者のふれあい給食にお邪魔しました […]

» 続きを読む...

ローガンラッキー

『エリン・ブロコビッチ』(;00)『オーシャンズ11』(;01)のスティーヴン・ソダーバーグが4年ぶりに映画復帰したクライム・コメディ。切れのいい演出はまだ衰えてなく、けっこう楽しめる内容となっていた。   か […]

» 続きを読む...

「有限会社高橋水産」代表取締役の高橋明人さん

2017年11月20日のゲストは、「有限会社高橋水産」代表取締役の高橋明人さんでした。 1960(昭和35)年大分県杵築市大字守江で創業。別府湾で獲れたものだけを使った天然素材100%の『ちりめん』を製造しています。「え […]

» 続きを読む...

ひろこもがっつり!県産豚肉

今週は、豊後大野市三重町にある大野ファームの 後藤祐三さんにスタジオにお越しいただきました。 40年近く養豚業を営んでいる後藤さん。 好きな豚肉レシピは「ごぼうと人参の豚バラ巻き」ということで、 私飯倉作ってきました☆ […]

» 続きを読む...

女神の見えざる手

アメリカの政治・政策などを影で動かす、強大なパワー集団;ロビィスト;(もともと政治家が院外者と控え室[ロビー]で面会するロビー活動から生まれた言葉)たちの暗躍を描くこの作品は、アメリカ政界の暗部を容赦なく晒し出す強烈な刺 […]

» 続きを読む...

「ほめる教育研究所」特別認定講師の竹下幸喜さん

2017年11月13日のゲストは、「ほめる教育研究所」特別認定講師の竹下幸喜さんでした。 竹下さんは中学体育教師として20年勤められ、退職後、「ほめる教育研究所」を立ち上げられました。 この「ほめる教育研究所」では、『ほ […]

» 続きを読む...

ひろこもがっつり!県産豚肉

今週は、日出町にある日出ポークの増田徳義さんにスタジオにお越しいただきました。 暑さに弱い豚が快適に過ごせる高度の高いところに日出ポークはあります。 また、豚がのびのびとストレスなく過ごせるようにおが粉を敷いていたり、 […]

» 続きを読む...

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

少し話しが出来すぎの感があるが、滝田洋二郎監督の手練れの演出術によって大作として風格のある内容に仕上げてきた。   <麒麟の舌>と称される、一度食べた料理の味は決して忘れず再現できる絶対味覚の持ち主である料理人 […]

» 続きを読む...

ページのトップへ戻る