OBS

top_image
最新記事

1月28日(月)のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

今回のゲストは(株)Log Styleの代表取締役、時松秀豊史さんにお話をうかがいました。 時松さんは延岡発祥の元祖辛麺屋「桝元」を現在大分で2店舗、別府に1店舗展開しています。もともと「桝元」の辛麺のファンで大分の人に […]

» 続きを読む...

ぼけますから、よろしくお願いします。

2016年フジテレビや関西テレビで放映され反響を呼んだドキュメンタリー作品。監督の信友直子の年老いた両親を、娘の目と第三者の制作者としての目で追いつづけたものだ。   広島県呉市に住む父95歳、母87歳。ふたり […]

» 続きを読む...

1月21日(月)のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

今回は中津市一ツ松にあります、とおやま整骨院の代表、遠山健司さんにお電話でお話をうかがいました。 とおやま整骨院は2011年3月に開業、DRT(ダブルハンド・リコイル・テクニック)の施術をすることで、本来人間が持っている […]

» 続きを読む...

蜘蛛の巣を払う女

世界的人気をもつ北欧ミステリー・サスペンス小説『ミレニアム』シリーズの映画化2作目である。監督・主演女優を一新しての登場であり、暗い北欧の雪景色を背景にサスペンス要素の強い内容となっている。   特殊な映像記憶 […]

» 続きを読む...

1月14日(月)のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

今回は梅乃屋コーポレーション株式会社の代表取締役、内山晃さんにお電話でお話をうかがいました. 梅乃屋コーポレーション株式会社は平成18年に創業、豊後大野市三重町で飲食店を経営しており、お蕎麦屋と居酒屋の融合やカラオケボッ […]

» 続きを読む...

1月7日(月)のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

今回のゲストは、株式会社隼斗のCEO/システムエンジニアの毛利隼人さんとCIOの木許心源さんでした。 株式会社隼斗は2017年8月8日に設立されました。 今回は県の経営革新の承認を得た経営計画『難病の子どもたちを救う「子 […]

» 続きを読む...

アリー スター誕生

本年度のゴールデン・グローブ賞やアカデミー賞にノミネートされた作品であり、レディー・ガガの演技も注目されているハリウッドの王道的内容が満載されているサクセスストーリー物である。この作品は;37年ジャネット・ゲイヤー主演で […]

» 続きを読む...

12月24日(月)のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

今回は、日田市にあります、美容室アンジェラの代表、近江輝生さんにお電話でお話をうかがいました。 美容室アンジェラは2008年3月に設立。近江さんは山口出身で、結婚を機に日田市で開業されたそうです。今回は県の経営革新の承認 […]

» 続きを読む...

ボーダーライン ソルジャーズ・デイ

アメリカとメキシコの国境沿いに巣食う巨大な麻薬カルテルに立ち向かうFBI・CIAの戦いをスリリングに描いた「ボーダーライン」の第二弾作品である。   メキシコ検察庁の硬骨漢検事アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ […]

» 続きを読む...

12月17日(月)のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

今回のゲストは、株式会社オークショントレードの代表取締役、甲斐良二さんでした。 株式会社オークショントレードは平成13年に設立、大分市で中古車の買取、査定、個人売買の仲介を手がけています。「心温まるサービスの追求」を経営 […]

» 続きを読む...

来る

CM界のエースから映画界へと転身し、次々と斬新な試みの作品で日本映画をひっぱる存在となった中島哲也監督の最新作がこれである。原作は、澤村伊智のホラー大賞を得た「ぼぎわんが、来る」であり、あえて「来る」というだけのタイトル […]

» 続きを読む...

12月10日(月)のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

今回のゲストは、梅津生花店の代表取締役、梅津麻美さんにお話をうかがいました。 梅津生花店は創業61年。別府市と大分市で「花のあるくらし」を提案しています。 今回は、梅津生花店で最近注目を集めている「バルーンブーケ」につい […]

» 続きを読む...

くるみ割り人形と秘密の王国

チャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」を映像化した作品。なるほどこの内容はファンタジー!ディズニー社はいい所に目をつけたもんだ。   愛する母を喪った少女クララ(マッケンジー・フォイ)は、父と姉弟の4人暮ら […]

» 続きを読む...

12月3日(月)のチャレンジ・トゥ・ザ・フューチャー

今回のゲストは、宇佐養魚株式会社の代表取締役、日髙暁彦さんでした。 宇佐養魚株式会社は平成15年から温泉を利用した「どじょう」の養殖をしています。 今回は県の経営革新計画の承認を得た『既存事業の養殖技術を活用した「ナマズ […]

» 続きを読む...

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリングがオリジナル脚本を担当した事で評判になった作品の第二作目だ。前作はユーモア感を表に出しすぎて軽い味の内容となってしまったが、このシリーズ二作目ではきっちりと修正した本 […]

» 続きを読む...

ページのトップへ戻る