OBS

top_image

孤狼の血

俊英の白石監督が、柚月裕子の同名原作を凄絶極まりない骨太の作品に仕上げてきた!日本映画史にアウトロー映画として名を残す『仁義なき戦い』シリーズと肩を並べたといっていい。

 

昭和63年、暴力団対策法案が成立する前の広島県呉原市。
そこに県警本部から呉原東署の刑事二課(暴力団担当)に赴任してきた日岡秀一(松坂桃李)は、ベテランの大上章吾(役所広司)とコンビを組まされる。破天荒な捜査で名高い大上は、暴力団のみならず警察内部でも恐れられ一目置かれる存在だった。早速その荒ぶる捜査で加古村組きっての武闘派の勝矢(苗代広行)にケンカを売る事を強制された日岡は広島大学時代習得した空手を封印しボコボコにされる。実は大上の目的は、加古村組のフロント企業である「呉原金融」経理係の男が行方不明の事件を追っており、勝矢に目をつけていたのだ。日岡は大上に<これは違法捜査>だと抗議するが意にも介さない大上は、そんな毅然とした態度の日岡を気に入ったらしく可愛がり呉原市中を連れまわる。
その頃、呉原市には加古村組と尾谷組の二大勢力が真っ向から対立していた。
大上はなぜか尾谷組を贔屓し若頭の一之瀬(江口洋介)とは懇意の仲。噂どおりダーティな刑事だと思う日岡の鬱屈がたまる。だが双方の組の対立が激化し、その双方の和解を図る大上の動きや、クラブ「梨子」のママ高木里佳子(真木よう子)へのやさしい態度などを近くで見ていた日岡は、しだいに弱者をいたぶる者への激しい怒りが大上の原動力であることを理解していく。が、抗争の激化をおさめる鍵は「呉原金融」経理係の男の失踪の原因をつかむ事が鍵だと睨んでいた大上の執拗な捜査によって、その全貌が判明した時点で・・・。

 

ダーティと噂されるベテラン刑事と、熱血漢の若い刑事による捜査という刑事物を軸として、激しい暴力団の抗争を血生臭いヤクザの動きを絡ませて描いていくこの作品は、全編はげしい憎しみと、暴力とが絡み合い錯綜し、一瞬の油断もできない見ていて戦慄するような内容に仕上がっていた!大上役の役所広司と日岡役の松坂桃李の演技は秀逸であり、真木よう子のクラブのママ役は女性の目線での悲しみをよく表現し得たと思う。
ぼくのチケット代は、2300円出してもいい作品でした。
星印は、4ッさしあげます。


[ 4 点(5点満点)・ 2300 円(1800円基準)] 5点満点中4点 2300円
衛藤賢史のシネマ教室について…

“映画評論家ではない”衛藤賢史先生が「観客目線でこの映画をどう見たか?」をお話するコーナーです。

星:観客目線で「映画の質」を5点満点で評価
チケット代:観客目線で「エンターテインメント性、楽しめるか?」を評価(1,800円を基準に500円から3,000円)

【衛藤賢史プロフィール】
えとうけんし・1941年生まれ・杵築市出身
別府大学名誉教授
専門:芸術学(映像・演劇)映画史
好きな作家:司馬遼太郎/田中芳樹
趣味:読書/麻雀/スポーツ鑑賞/運動

ページのトップへ戻る