OBS

top_image

億男

庶民の夢である宝くじで3億円を当てた男をめぐっての、悲喜こもごもな出来事を通して、生きるなかでの幸せとは?それにまとわりつくお金とは何なのか?を親友との真摯な友情をからめて描く作品である。

 

大倉一男(佐藤健)は、3000万の借金を残して失踪した兄の肩代わりとなった身。大学を出て司書として働く一男は、夜は厨房のバイトをしながら日々借金返済のため身を粉にして頑張っているものの心身ともに疲れ果て、妻の万佐子(黒木華)・娘と別居中。ある日、たまさかの愛する娘との散歩中福引きで宝くじ券が当たった。その券の中に3億円の当選クジがあったのだ。これで借金は返せ妻・娘と元の生活にもどれる!だが銀行の担当者の話しで、宝くじ当選者たちの大金を持ったばかりの悲惨な出来事が多いので注意との意見で、真面目な一男は人間にとって<お金>とは何なのかを考えてしまう。一男は、大学時代の親友でベンチャー企業を開設し億万長者になった九十九(高橋一生)に<お金>とは何かのアドバイスをもらうため訪れる。今まで一男は九十九とはもう住む世界が違うと会っていなかったのだ。九十九は、一男から事情を聞き悲惨な境遇に陥りながら彼を頼りにせず、3億円をゲットした幸運をよろこんでくれる。そして一夜、億万長者の破天荒な豪遊ぶりを体験させてくれる。はじめての体験に舞い上がった一男はグデングデンに酔っぱらい目を覚まして愕然としてしまう。九十九が一男の3億円の現金とともに姿を消していたのだ。実は九十九のベンチャーは破綻していたのだ。仲間との解釈の違いから他社に200億円で売買していたという情報を、あきら(池田エライザ)からレクチャーされた一男は、その昔仲間のふたり(北村一輝/藤原竜也)を訪ねるが、九十九の消息を知らないという。落研時代の九十九の誠実な人柄を知る一男は、学生時代ふたりでモロッコに旅した時の様子を思い出す。九十九は何か自分に伝えたい!そのために3億円を持ったまま姿を消したのだ。
だが、その思いとは別の絶望的な気持ちもある中に・・・。

 

一万円札が舞い踊る狂騒的乱痴気パーティーからはじまるこの作品は、人間の価値観の相違をあぶり出そうと試みた内容となっている。が、<お金>ある人生、ささやかだが平穏な人生を求める人々を次々と描写するものの、ぼくら観客にはその価値観の相違が全く伝わってこないのだ!いたずらに狂騒的ベンチャー成金の描写、変にセンチなモロッコの旅行シーンの長い描写で、ぼくらに何をメッセージしたかったんだろう?
ぼくのチケット代は、1500円ぐらいかなと思う作品でした。
星印は、2ッさしあげます。


[ 2 点(5点満点)・ 1500 円(1800円基準)] 5点満点中2点 1500円
衛藤賢史のシネマ教室について…

“映画評論家ではない”衛藤賢史先生が「観客目線でこの映画をどう見たか?」をお話するコーナーです。

星:観客目線で「映画の質」を5点満点で評価
チケット代:観客目線で「エンターテインメント性、楽しめるか?」を評価(1,800円を基準に500円から3,000円)

【衛藤賢史プロフィール】
えとうけんし・1941年生まれ・杵築市出身
別府大学名誉教授
専門:芸術学(映像・演劇)映画史
好きな作家:司馬遼太郎/田中芳樹
趣味:読書/麻雀/スポーツ鑑賞/運動

ページのトップへ戻る