OBS

top_image

ダラス・バイヤーズ・クラブ

2013年度のアカデミー賞候補の作品群は実話物が多かったが、この作品もそのひとつであり、1980年代テキサス州でHIV陽性と診断されたマッチョ男の生き様を描いた秀作である。21キロの減量で主役を演じたM・マコノヒーは、この迫真的演技によってアカデミー主演男優賞を獲得した作品でもある。
1980年代のテキサス。マッチョな男たちが住むテキサス州。ゲイ=HIVという盲目的偏見に満ちた時代の、そんな風潮を最も忌み嫌う保守的街に住むロン・ウッドルーフは、ロデオに興じる大酒飲みの女性にだらしない荒くれ男であったが、そんなHIVに最も程遠いと思われたロンにあろうことかHIV陽性の診断が下り、しかも余命30日の宣告がされる。
HIV=ゲイを盲信している仲間たちは、ロンから遠ざかり医師たちは製薬会社の新薬の実験台扱いをする。怒り狂うロンだが、体は確実に弱ってきているのを自覚し、生き延びたいという強烈な思いから独学でHIVについて学習する。
その結果、アメリカではAZTという毒性の強い薬以外は処方されず、国外で研究されている薬は法律で扱うことが出来ないことを知る。
諦めきれないロンは、メキシコに行きAZT以外の世界の薬を調達し自分が飲むだけでなく患者たちに有料でさばいていこうと考える。
しかし荒くれ男で素行の悪いロンでは、ゲイたちに敬遠され売りさばくことが出来ない。そこでロンは、病院で知り合いになったゲイのレイヨンを仲間に引き込み販路を広げていく。そこに立ちはだかったのがロンのすることが違法と判断した政府機関や製薬会社である。しかしロンたちは新たな方法を対抗策として講じる。会費を募り、必要な薬を会員に無料で配布する<ダラス・バイヤーズ・クラブ>という組織である。つまり名目的には薬の売買はない、これでは違法にならない。
荒くれマッチョのロンの国家への徹底抗戦がはじまったのだ・・・。
J‐M・ヴァレ監督は、素行が悪く独善的なロンが、薬の売買によって毛嫌いしていたゲイ・コミュニティとの輪を理解していく様を、シリアスな描写の中に程よいユーモアを交え、生きたい!という人間の根源的思いを見事に活写した作品に仕上げた!M・マコノヒー、レイヨン役のJ・レトの主演、助演賞受賞は当然と思うすばらしい演技も見物のひとつである秀作となっている。
ぼくのチケット代は、2,400円出してもいいと思う作品です。
星印は、4つ半さしあげます。


[ 4.5 点(5点満点)・ 2400 円(1800円基準)] 5点満点中4.5点 2400円
衛藤賢史のシネマ教室について…

“映画評論家ではない”衛藤賢史先生が「観客目線でこの映画をどう見たか?」をお話するコーナーです。

星:観客目線で「映画の質」を5点満点で評価
チケット代:観客目線で「エンターテインメント性、楽しめるか?」を評価(1,800円を基準に500円から3,000円)

【衛藤賢史プロフィール】
えとうけんし・1941年生まれ・杵築市出身
別府大学名誉教授
専門:芸術学(映像・演劇)映画史
好きな作家:司馬遼太郎/田中芳樹
趣味:読書/麻雀/スポーツ鑑賞/運動

ページのトップへ戻る