OBS

top_image

SCOOP!

徹底した娯楽映画を作る監督として、今もっとも脂の乗り切った時期にきた大根仁のオリジナル脚本による、芸能界の醜聞盗撮を狙うパパラッチを扱った作品だ。
東京の夜に蠢く、猥雑で扇情的な出来事を活写していくドキュメンタリー風な味付けが冴える生きのいい内容となっている。
かつては凄腕の報道カメラマンであった都城静は、黙して語らないが、ある出来事から報道スクープへの情熱を喪失し、中年にさしかかった今は芸能界のだらしない下ネタぶりを盗み撮りするカメラマンとして生活している。
そんな都城に、かつて相棒の記者として組んでいた元恋人の写真週刊誌「SCOOP」副編集長・横川定子が、配属されたばかりの行川野火という新人記者を相棒として押しつける。パパラッチのルールも知らない野火は、都城の撮影手法に仰天し、そのダーティなやり方に不平を言うが、都城はお構いなしに野火をこき使う。しかし定子から指示された将来の首相候補といわれる若手政治家と、TV局の人気キャスターとの不倫写真を破天荒な手段でスクープした頃から、野火はこの仕事に興味を持ちはじめるも、暴力団が噛んでいる芸能人の汚いアソビの盗み撮りを都城が長年のカンで回避したことに腹を立て、無謀にもひとりでやろうとして失敗し絶対絶命の危機に陥ってしまう。その危機を察した都城と情報屋のチャラ源が乗り込んで野火を救った頃から淡い感情を持つようになる。そんなふたりに定子は、凶悪な強姦殺人事件の犯人の現場検証で、犯人の顔を撮るよう指示してくる。定子は都城に報道カメラマンとしての情熱を呼びさましたいと願っていたのだ。「SCOOP」の仲間たちと組んで、鉄壁の守りをかためる警察の警備をかい潜っての撮影を終え沸き立つ「SCOOP」誌!だが、都城とのくされ縁を持つジャンキーの情報屋・チャラ源がとんでもない事件を起こしてしまう。必死の説得をつづける都城だが…。
夜の大東京の街に蠢くスキャンダラスな出来事。それを盗み撮りするパパラッチ!
その様を生き生きと活写するテンポのいい演出。福山雅治の汚れ役として話題を呼んだこの作品は、娯楽作品としてはすごく面白い仕上がりを見せていた。
二階堂ふみ、吉田羊の女優陣の好演が光っていたのもうれしい!
ぼくのチケット代は、2,100円出してもいい作品でした。
星印は、3つ差し上げます。


[ 3 点(5点満点)・ 2100 円(1800円基準)] 5点満点中3点 2100円
衛藤賢史のシネマ教室について…

“映画評論家ではない”衛藤賢史先生が「観客目線でこの映画をどう見たか?」をお話するコーナーです。

星:観客目線で「映画の質」を5点満点で評価
チケット代:観客目線で「エンターテインメント性、楽しめるか?」を評価(1,800円を基準に500円から3,000円)

【衛藤賢史プロフィール】
えとうけんし・1941年生まれ・杵築市出身
別府大学名誉教授
専門:芸術学(映像・演劇)映画史
好きな作家:司馬遼太郎/田中芳樹
趣味:読書/麻雀/スポーツ鑑賞/運動

ページのトップへ戻る