OBS

top_image

スキップ・トレース

このタイプの映画には整合性は関係ナシ!とにかく面白ければそれでいいのだ。

いわば庶民が楽しむ娯楽映画の王道手段であり、ジャッキー・チェンの映画はその道を踏み外さない。この作品もその例にもれずハチャメチャな内容であるが、面白い!何しろ超絶スタントとギャグが売り物のジャッキー・チェンとジョニー・ノックスヴィルのふたりが組み、大掛かりなアクションが得意のレニー・ハーリンが監督したのだから尋常でない楽しさを満載した内容の娯楽映画となっていた。

香港警察のベニー・チャン(ジャッキー・チェン)は、無二の相棒ユン(エリック・ツァン)を失い、その娘サマンサ(ファン・ビンビン)の養い親となり、その敵を逮捕するため謎の犯罪組織のボスを9年間捜査している。

サマンサも父の敵をとるためマカオのカジノで働いていたが、ひょんな事からアメリカ人の天才的詐欺師のコナー・ワッツ(ジョニー・ノックスヴィル)に接触し、コナーがカジノで詐欺した大金に関係ありと疑われ、養い親のベニーを頼る。ベニーはロシアに逃げたコナーを追い、ロシアンマフィアと戦いながらコナーを捕まえるが、連行する内、ベニーが執念で捜査している謎の犯罪組織の殺人事件の目撃者の情報をコナーが握っていることを知る。だが、ふたりをロシアンマフィアと謎の犯罪組織が執拗に追いかけてくる。

詐欺師と警官、相性最悪のふたりは、もうなりふり構わず陸路でロシアから香港までの果てしない距離の旅をする羽目となってしまう。ロシアからモンゴルのゴビ砂漠、中国奥地をスキップトレースしながら香港へと。隙あらば逃げようとするコナーを連れてベニーは、なんで警官のオレが逃げなきゃあいけないんだとボヤきながらも、ふたつの組織の執拗な追跡から逃げ回り一路香港へ、さあベニーとコナーは逃げ切れるか?そして謎の犯罪組織のヴェールに包まれたボス・ヴィクターの正体を暴けるのか?・・・

ジャッキーの63才とは思えないスタント!ジョニーの超絶スタントに加えて、ギャグ満載のふたりの滑稽な珍道中の面白さ。加えてモンゴル・中国奥地のパノラマ的風景の背景のロケーションの数々を見せてくれるレニー・ハーリン監督のサービス精神。もう内容の整合性など関係ナシ!ふたりの主役の超絶スタント(スタントマンなし)に口あんぐりしながら心から楽しむ内容となっているのだ。またイヴ・トーレスとジャン・ランシンの格闘技も魅力たっぷりなのだ!

ぼくのチケット代は、2200円出してもいい作品でした。

星印は2ッ半さしあげます。

 

 

 


[ 2.5 点(5点満点)・ 2200 円(1800円基準)] 5点満点中2.5点 2200円
衛藤賢史のシネマ教室について…

“映画評論家ではない”衛藤賢史先生が「観客目線でこの映画をどう見たか?」をお話するコーナーです。

星:観客目線で「映画の質」を5点満点で評価
チケット代:観客目線で「エンターテインメント性、楽しめるか?」を評価(1,800円を基準に500円から3,000円)

【衛藤賢史プロフィール】
えとうけんし・1941年生まれ・杵築市出身
別府大学名誉教授
専門:芸術学(映像・演劇)映画史
好きな作家:司馬遼太郎/田中芳樹
趣味:読書/麻雀/スポーツ鑑賞/運動

ページのトップへ戻る