OBS

NBUブレーブスの柿田監督

2011/02/26  |  番組内容

今週のゲストは日本文理大学チアリーディング部「ブレーブス」の柿田智之監督でした。

 

柿田さんは実はブレーブスの卒業生なんです。

日本文理大学のチアリーディング部が男女混成チームとして編成された時の一期生です。

3年生の時には世界選手権の日本代表として選出され、優勝!

卒業後はブレーブスのコーチに、そして2005年からは監督を務めてらっしゃいます。

なんと柿田さんが監督になられて1年目からブレーブスは全国大会14連勝を果たしたんです。

本番の演技時間は大体2分30秒。

たった一回のチャンスにミスをしない可能性を1%でも減らせるような練習をするよう意識しているそうです。

プレッシャーに勝つためのメンタルトレーニングとして練習に取り入れているのは、試合当日と出来るだけ同じ状況を作りあげること。

前日の晩のミーティング、当日の起床時間、ホテルから試合会場までの距離を実際に歩くなど、試合前の気持ちに出来るだけ近づけて緊張感に慣れる練習をしているそうです。

そうすることによって当日自信を持って演技することが出来るそうです。

 

柿田監督のことしの目標は『チーム一丸となって必ず優勝カップを大分に持ち帰ってくること』です!