OBS

今回は、大分のキウイ!!

2018/01/14  |  ゲスト紹介

今回は、出荷の時期を迎えた「大分のキウイ」の話題でした。

18-01-10-15-32-02-568_deco

JAおおいた東部事業部 杵築柑橘選果場指導班

キウイ担当 溝口桃太郎(みぞぐち ももたろう)さんに

お越しいただきました。

DSC_5135

大分県産キウイの出荷は、1~4月。

品種は、ヘイワードという、グリーン系のものです。

収穫時期は、10月末~11月中旬で、

収穫してすぐには出荷しません。

出荷場には、貯蔵用の大きな冷蔵庫があり、

温度を5度以下に保って貯蔵しています。

というのも、キウイは輸入品のものが多く、

その輸入品がなくなる時期に、国産のキウイが登場します。

味は、甘さと爽やかな酸味があり、

そのまま食べるだけでなく、サラダや調味料にも使えます。

栄養価も高く、ビタミンC・E、カリウム、食物繊維などが

溝口さんは、キウイのことを

「野菜的果実」と言っていました(^^)

現在、キウイの人気が高まっており、

1㎏の平均単価は、4年前に比べて42%も上昇しています。

ただ、農家さん達の高齢化、後継者不足など課題もあります。

大分県は今年度、キウイをさらに力をいれてPRしていく品目

“戦略品目ネクスト”に指定しました。

具体的な取り組みとしては、

選果機の導入や規模拡大に必要な整備費用

2分の1を負担することなどです。

溝口さんは、キウイに携わって10年。

お話を伺っていると、とても強い情熱を感じました!

大分のキウイは、今後スーパーなどに並んでいきますので、

見かけた際には、ぜひお召し上がりください!

DSCPDC_0001_BURST20180110162144323_COVER

溝口さん、ありがとうございました!!