OBS

今回は、三重総合高校久住校!!

2018/01/28  |  ゲスト紹介

今回は、農家さんになるべく奮闘する高校生をご紹介しました!

三重総合高校久住校 農場主任 栗木眞一(くりき しんいち)先生と

三重総合高校久住校 農業課3年 吉田台楓(よしだ らん)さん、

同じく農業課3年 深田雄太(ふかた ゆうた)さん

にお話を伺いました。

DSC_0021

DSC_0024DSC_0027

お邪魔したのは、竹田市久住町にある三重総合高校久住校!!

農業研修をするための畑やハウス、牛舎などがある三重総合高校は、

県内唯一の農業単一校。今年70周年を迎える歴史ある学校です。

現在の全生徒数は、74人で、この春卒業する3年生は、24人です。

卒業生の進路決定率は100%。

24人中、7人が進学、17人が就職します。

吉田さんは、農業大学校に進学し、

長年の夢である畜産農家さんになる勉強をします。

現在は“うし部”に所属し、

大好きな牛と毎日触れ合えて楽しいと言っていました。

深田さんは、いつかご実家の農業を継ぐために、

農業法人に就職し、経験を積むそうです。

夢にあふれたお二人は、キラキラして見えました(^^)

三重総合高校久住校は、

九州大学・宮崎大学・大分大学などと連携していたり、

県の機関・先農家さん・農業法人などとの連携もしっかりしています。

高校生の時から、実践的な研修や現在活躍する農家さんを通じて、

刺激ある高校生活が送れる学校です。

こういった場から、次代の大分の農業を担う若手農家さんが

沢山輩出されることを期待しています!!

みなさん、有難うございました!!

DSC_0033