OBS

農業青年組織、大分アグリユース【前編】

2018/08/12  |  ゲスト紹介

今回は、結成3年を迎えた農業青年組織、大分アグリユースの話題でした。

副会長の甲斐竜太郎(かい りゅうたろう)さんと

大分市役所農林水産部農政課の玉衛義明(たまえ よしあき)さんに

お越しいただきました。

DSC_5701DSC_5689

大分アグリユースとは、大分市内の若手生産者(45歳まで)の組織です。

現在、24人の会員がいます。

会員の皆さんの栽培品目は三つ葉、ニラ、カイワレなど様々です。

今回お越しいただいた甲斐さんはピーマンを育てています。

18-08-08-15-38-05-572_deco

玉衛さんは、大分アグリユースの事務局を担当しています。

行政として、新規就農者のお世話や研修会の開催などを行っているそうです。

甲斐さんは、新規就農者として玉衛さんとかかわる中で声をかけてもらい

大分アグリユースに参加したそうです。

甲斐さんと玉衛さんの話を聞く中で農家さん同士のつながりが強くなり

大分市内の農業がますます活性化していることを感じました。

また、大分県ではこれから農業を始めようかなとお考えの方向けの

イベントを開催します。

「おんせん県おおいた就農応援フェア」

日時は、8月19日日曜日11:00~16:00。

場所は、大分市のコンパルホール多目的ホールと300会議室。

参加費無料、申し込み不要です。

大分県内の市町村がブースを出し、行政の話はもちろん、

先輩農家さんからの話も聞くことができます。

大分県での就農を希望する皆さん、ふるってご参加ください。

来週も引き続き大分アグリユースの話題をお伝えします。

DSC_5709

甲斐さん、玉衛さん、ありがとうございました。