OBS

大分を代表する農産物「かぼす」

2018/09/09  |  ゲスト紹介

今回は、大分県が全国の生産量の9割以上を占める

「カボス」の話題をお送りしました。

18-09-05-14-20-10-601_deco

お話を伺ったのは、大分県農林水産部おおいたブランド推進課で

大分県カボス振興協議会の事務局を担当されています

西水良太(にしみず りょうた)さんです。

DSC_5777

今年は8月10日に旬入り、10月上旬くらいまで旬が続くそうです。

今年も非常によい出来だそうですよ。

現在、大分県全体のかぼすの生産量は

5800トンで、平年並みの安定した生産量です。

また、大分のかぼすは地理的表示保護制度(GI制度)に登録されています。

GI制度とは、地域の伝統的な生産方法や生産しているものにあった

気候・土壌・風土などを守っていこうという制度です。

登録されることにより他の産品との差別化を図ることができます。

消費拡大にさらに弾みがつきそうですよね。

皆さんは、かぼすをどのように使っていますか?

サンマにかける、焼酎に入れる、など多岐にわたる使い方がありますよね。

今回西水さんに教えてもらった使い方で

特に印象的だったのは、

「チョコレートアイスにかける」

というレシピです。

実際に、収録の後アイスを買ってきて食べてみました。

image1

美味しい!!

チョコレートのまったりとした甘みと

かぼすのさわやかさが非常に合うんです。

鼻からかぼすの酸味が抜けるため後味も非常にすっきりしていて

どれだけでも食べたいおいしさでした(*^^*)

かぼす果汁は、しっかりと入れたほうが風味が出て美味しかったです。

まるで高級店のデザートのようで、矢田さんも大絶賛でした。

みなさんもぜひ、お試しください☆

まだまだ、いろいろな使用方法を試してみようと思います。

DSC_5779

西水さん有難うございました。