OBS

宇佐市で農業を学びませんか?

2019/02/10  |  ゲスト紹介

今回は、宇佐市の就農学校、「大分味一ねぎトレーニングファーム」と

「ぶどうファーマーズスクール」の話題でした。

お話を伺ったのは、「大分味一ねぎ」生産者の

内田和寿(うちだ かずとし)さんと奥様の砂由理(さゆり)さん、

DSC_6039DSC_6065

そして、宇佐市役所農政課の

公原義史(こうばる よしふみ)さんです。

DSC_6033

内田さんご夫妻は「大分味一ねぎトレーニングファーム」の卒業生です。

「大分味一ねぎトレーニングファーム」と

「ぶどうファーマーズスクール」では研修生を募集しています。

2年間、ベテランの先輩農家さんから

生産技術などについて学ぶことができます。

また、部会の皆さんとの交流会もあり、多くのことを学ぶことができます。

研修費は無料で、しかも!!

要件を満たせば国や市の生活支援サポート(210万円)を

受けることができます。(国から150万円、宇佐市から60万円)

自治体からのサポートもあるということが宇佐市の魅力なんだそうです。

募集要件は42歳以下で宇佐市に定住し、それぞれの部会に入って下さる方!

これまで、ぶどうが2組4名、小ねぎが4組5名の卒業生がいます。

内田さんは、「相談できる同世代の仲間がいて心強い」

「地域の方々がいつも気にかけてくださる」

「子ども達の行事に参加できるようになった」と話していました。

とくにねぎは、周年栽培ができ、

収入が定期的にあるため、安心なんだそうです。

就農をお考えの皆さん、研修制度を活用してみてはいかがでしょうか?

まずは、1週間程度の短期研修から受けられます。

詳しくは、宇佐市役所農政課までお問い合わせください。

もちろん、宇佐市以外にも、

大分県内には様々な自治体、農作物の研修制度があります。

興味のある農作物で大分の農業を盛り上げませんか?

DSCPDC_0001_BURST20190206151319847_COVER

内田さんご夫妻、公原さん、ありがとうございました。