OBS

牛の繁殖&原木乾しいたけ

2019/05/12  |  ゲスト紹介

今回は、豊後大野市朝地町で和牛の繁殖、原木乾しいたけの生産加工

そしてJAの女性部員として地域の盛り上げを行っている

素敵な女性をご紹介しました。

お話を伺ったのは、JA豊後大野女性部部員

三宮尚子(さんのみや なおこ)さんです。

DSCPDC_0001_BURST20190508143723431_COVER

三宮さんがお住いの地域、豊後大野市の朝地町梨小(なしこ)地区は

椎茸の生産量、品質が全国トップクラスとして有名です。

そして大分和牛、豊後牛の繁殖の産地でもあります。

この地域では、原木しいたけと繁殖農家をされている

農家さんが多いそうです。

しいたけ原木の伏せこみをしている時期に何か作業ができ、

ほだ場がある山に牛を放牧できるため、この組み合わせはとても良いそう。

しいたけは今、伏せこみの時期、繁殖はシーズンに関係なく出産があり

今は母牛10頭、子牛8頭を飼育しています。

三宮さんは「なしこ小町」というグループのメンバーです。

しいたけ生産者の女性6人で構成されています。

たくさんの方にしいたけを消費してもらうことを目的としたグループです。

消費拡大のためになしこ小町が開発した、画期的な商品が

「大分県産スライス乾しいたけ」!!

乾しいたけを水で戻すには一晩かかってしまいますが

これは、スライスしてから干してあるため

10分で戻すことができます。

便利!

こういったスライス加工されたしいたけは規格外が使われているのかな?

というイメージがあるかもしれませんが

このスライス乾しいたけは、「一級品」のどんこのみを使用しています。

どんことは、肉厚で傘が開ききっていない、つぼみのしいたけのことです。

これには、矢田さんもびっくり!

今回は、「しいたけ南蛮」にして持ってきてくださいました。

19-05-08-14-42-14-639_deco

アジの南蛮のような調理方法で、ポイントは

戻し汁も加えてあえることだそう。

よりしいたけの風味を楽しむことができるようになります。

甘酸っぱさの中にしいたけの風味が広がって

すごく美味しい!!

乾しいたけを使っているので生のしいたけの時とは違う食感を楽しめました。

ご飯もお酒も進みます。

ほかに、使い方としてはスライス乾しいたけを揚げて、

塩やカレー粉をかけて作る「しいたけチップス」もおすすめなんだそう!

ぜひ食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

三宮さんごちそうさまでした!

そして、ありがとうございました。

DSC_6184