OBS

つくみみかん応援団団長

2019/11/24  |  ゲスト紹介

今回は、美味しい時期を迎えているミカンの話題でした。

お話を伺ったのは、津久見市地域おこし協力隊の

今村祐美(いまむら ゆみ)さんです。

DSCPDC_0001_BURST20191120143035684_COVER

今村さんは大阪府出身。東京で金融機関の会社員を経て、

地域おこし協力隊として大分にやってきました。

現在、活動3年目です。

地域おこし協力隊とは、過疎化が進む地方に、都市部から移住して

様々な地域協力活動を行ってもらい、地域のために活躍してもらおう、

という制度です。

今村さんは、ずっと「綿を栽培したい」という思いを持っていて

ご友人が地域おこし協力隊になったことをきっかけに

地域おこし協力隊として活動することが現実的になったそうです。

温かい地域を中心に、どこで活動するか探していたところ

宇佐市で綿を作っている人がいると知り、県の移住フェアに参加し、

津久見の人と目があって、綿を作ることを面白がってくれたため

津久見市に実際に来てみたそうです。

現地に来てみて、津久見の風の気持ちよさに惚れこみ

津久見で地域おこし協力隊になることを決めたそう。

どんなめぐりあわせがあるか、分からないものですね。

まさに運命です。

現在は、綿やハーブを栽培しているそうです。

19-11-20-14-23-43-061_deco19-11-20-14-24-44-981_deco

綿はふわふわとした触り心地できもちよかったです。

ハーブは、アメジストセージとチェリーセージとアップルミント!

いい香りがしました。

また、つくみみかん応援団を作り、団長としても活動されています。

規格外のみかんを使って、「つくみのみかんだけジュース」を作っています。

大人気で、作るとすぐなくなるほどだそうです。

現在、3回目の生産を行っていて、「 つくみ軽トラ市」で販売するそうです。

12月15日(日) 9:00~14:00津久見市中央町で開催されます。

みかんはもちろん、モイカなどの海産物なども販売されるそうです。

その数およそ50店舗!!毎回大盛況のイベントです。

みなさんも行ってみてはいかがでしょうか?

DSCPDC_0002_BURST20191120144703029_COVER

今村さん、ありがとうございました。