OBS

杵築市の集落営農

2020/01/26  |  ゲスト紹介

今回は、杵築市から元気な皆さんをお迎えしました。

農業生産法人 新庄農地利用組合 事務局長の

田坂圭司(たさか けいじ)さんと

DSC_6576

農業生産法人 新庄農地利用組合加工グループ 麦の穂の

滝口礼子(たきぐち れいこ)さん(右)と

田坂みどり(たさか みどり)さん(左)です。

DSC_6592

「集落営農」というのは、個人ではなく、

地域の集落で組織を作って農業生産を営むことです。

高齢化の進む集落の維持、農地の保全を図るうえで大変有効な取り組みです。

大田さん曰く、大分県内に600もの集落営農組織があるそうですが

新庄農地利用組合のように大きいのは稀だそうです。

新庄は、住所でいうと、杵築市大字日野です。

大分市側から見て、杵築の城下町より川を挟んで手前側のエリアです。

新庄農地利用組合では、46軒もの農家の方がまとまって農業をしていて、

農地を合わせると25ヘクタールあるそうです。

現在は、米や麦を栽培しています。

米は、「ちりめん米」という名称で販売しています。

これは、規格外のちりめんを土に加えて米を育てていることにちなんだ名前で、

海のミネラルをたっぷりと吸い込んで甘みのあるお米になっています。

1キロ600円、2キロ1000円で販売。とってもお得です。

20-01-22-14-20-29-092_deco

加工グループ 麦の穂は、地域のものを食べてほしいという想いで生まれ、

30代~60代の13人の女性で運営しています。

「麦の穂カフェ」をしていて、税込み800円で

おすすめセットやピザセット

(組合の小麦粉を使って、麦の穂の皆さんがこねて、

地元の野菜をふんだんにのせているピザとサラダ、コーヒーがセット)

などが食べられます!

他にも、シフォンケーキ!3つ入って税込み300円!!!

驚きのお値段です。

杵築茶の抹茶とココアとプレーンの3種類!

お菓子作りには珍しい中力粉を使った

ふわっふわ、しっとりのシフォンケーキです。

とても美味しかったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「麦の穂カフェ」

営業日時:第2・4土曜日の11:00~15:00

住所 :杵築市大字日野856

問い合わせ:0978-97-2495

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

DSC_6598

シフォンケーキや乾麺は、

Aコープ杵築店や大分農業文化公園

杵築ふるさと産業館などなどで販売しています。

(店舗によって提供している商品が異なります)

また、対面販売もしています。

詳しくは公式ホームページ

https://muginohocafe.jimdofree.com/でチェックしてください!

新庄の美味しいものを皆さんもぜひ、お召し上がりください!!

DSCPDC_0001_BURST20200122150100255_COVER

田坂さん、礼子さん、みどりさんありがとうございました。