OBS

なすの魅力を進司洋清さんに伺いました♪

2020/06/21  |  ゲスト紹介

今回のゲストは豊後大野市清川町からお越しいただきました、

JAおおいた 豊後大野美なす生産部会長の

進司洋清(しんし・ようせい)さんです。

DSCPDC_0000_BURST20200617141956563

県内でも、豊後大野市、佐伯市、杵築市などが主な産地ですが、

中でも豊後大野市のナスは美しいナス

「美なす」というブランドでおなじみです。

20-06-25-19-41-54-959_deco

このナス、正式には「築陽(ちくよう)」という品種で、

特徴は、黒々としたツヤと、皮がしっかりしていることです。

焼きナスや漬物、天ぷらなどにおすすめだそうです。

進司さんは、もともとご両親がお米農家で、以前は製造業に携わっていましたが

農業の講習を受け、数年前からナスの栽培を始められました。

現在では農業を始めたいという方への指導もしています。

ナスは、土づくりと剪定が大切。

土に「油かす」を混ぜたり、適度に陽が当たるように、

また、葉がこすれて ナスに傷がつかないよう、

ひとつひとつ専用のはさみで剪定しています。

この作業もスクワットをするような態勢で長時間行うため

とても体力がいるそうです。

進司さんは花の色や葉の色など栽培の記録をつけ、

よりおいしいなすを作ることができるよう

努力を欠かさないとお話してくださいました。

こうして大切に育てられてたナスを

わたしたちは食べることができるのですね!!

豊後大野市の「美ナス」は、これから旬を迎えます。

大分県内のスーパーや量販店などで購入できます。

ぜひ、利用してくださいね♪♡

DSCPDC_0002_BURST20200617144202734_COVER

進司さん、ありがとうございました。