OBS

お盆を前にほおずきの魅力を伺いました。

2020/08/09  |  ゲスト紹介

こんにちは。

今回は、お盆を前に、仏前やお墓のお供えものに欠かせない

ほおずきについて伺いました。

お話をうかがったのは、大分園芸花商組合 組合長で、

株式会社野田麗花園 代表取締役社長の野田淳一さんです。

DSC_7028

スタジオに立派な「ほおずきタワー」をお持ちいただきました!

20-08-05-14-34-41-144_deco

大分県はほおずきの生産量が日本一!

今年は新型コロナの影響で開催はされていませんが、

毎年東京の浅草寺で開催される「ほおずき市」にも出荷されていて、

高い評価を得ています。

ほおずきは色が濃いオレンジ色で、玉の数が多く、

均等で丸みがあり、1本に11個以上玉がついて、

長さ1メートル以上のものが良いものとされているそうです。

また、大分園芸花商組合の活動についてもうかがいました。

先日、大分市中心部のガレリア竹町ドーム広場に

巨大なフラワーアマビエさまが登場しました。

アマビエさまは造花で作成され、その周りを県産のホオズキやケイトウ、

リンドウなど約10種類の生花で飾り付けされたという事です。

野田さんは、

「展示を見て少しでもみなさんの気持ちが癒されてくれれば」

とおっしゃっていました。

現在はイオンパークプレイス大分で展示されていて、

今後も県内のイベント会場に登場する予定だそうです。

大分県産の品質の高いほおずきをお盆にぜひご利用ください。

DSC_7032

野田さんありがとうございました!!