Warning: include_once() [function.include-once]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /pub/e-obs/htdocs/blog/nougyou/wp-content/themes/obs_theme/header.php on line 15

Warning: include_once(http://www.e-obs.com/common/header/obs_global_meta.php) [function.include-once]: failed to open stream: No such file or directory in /pub/e-obs/htdocs/blog/nougyou/wp-content/themes/obs_theme/header.php on line 15

Warning: include_once() [function.include]: Failed opening 'http://www.e-obs.com/common/header/obs_global_meta.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/lib/php:/php/includes') in /pub/e-obs/htdocs/blog/nougyou/wp-content/themes/obs_theme/header.php on line 15

OBS

今回は、青果店のスタッフ!石本卓さん!!

2017/03/26  |  ゲスト紹介

今回は、農産物を販売している

売り手さんに焦点を当ててお送りしました。

 

大分市内から

有限会社見立屋商店 スタッフ

石本卓(いしもと たくみ)さんにお越しいただきました。

DSC_4321

青果物販売業の見立屋商店は、

大分市と別府市に合わせて4店舗あります。

今では店舗数が少なくなった対面販売、

いわゆる八百屋さんです。

見立屋商店は、今年創業50周年を迎えた老舗青果店。

石本さんの祖父の代から始まり、石本さんは三代目です。

店舗での販売はもちろん、飲食店や福祉施設、

介護施設、病院などにも商品の配達を行っています。

 

見立屋商店のモットーは、

毎日新鮮な商品を店頭に並べることです。

社長である石本さんのお父様は、

毎日市場にセリに出かけて、

旬のもの・新鮮なものを仕入れています。

今は、タケノコやわらび、フキ、

春キャベツなどがおすすめだそうです!

 

店頭に立つようになって1年という石本さん。

「野菜の知識も増えたし、お客様との会話が楽しい」

と話していました。

実は、石本さんはお店の手伝いの他に、

ダンスのインストラクターという顔も持っています!

 

これからも青果店のお仕事とダンスのお仕事、

両立しながら頑張ってくださいね!!

DSC_4324

石本さん、ありがとうございました!!

今回は、女性だけの農業法人・ウーマンメイク株式会社!!

2017/03/22  |  ゲスト紹介

今回は、取材リポートをお送りしました。

 

国東市安岐町にある女性だけの農業法人

ウーマンメイク株式会社を訪ねました。

 

代表取締役 平山亜美(ひらやま あみ)さんと

チーフマネージャー 後藤加奈(ごとう かな)さんにお話を伺いました。

image2

ウーマンメイク株式会社は、全員女性スタッフです。

女性の感性・能力・知恵を最大限に発揮し、

消費者のニーズに応えた商品づくりを行っています。

現在、養液栽培のレタス4種類を栽培しており、

“やさいまま”という名前で関東を中心に出荷しています。

“やさいまま”には、「野菜そのままの味を届ける」、

「優しいママのような愛情をこめて」という2つの意味を持っています。

また、ハウス内はコンピューターで管理されており、

女性のみでも大抵のことは対応できるようになっています。

image4

 

image5

安心・安全・新鮮な農作物にこだわっているのはもちろん、

働き方も育児や家庭環境に合わせて対応できるような仕組み作りをしています。

全員が女性なので、お互いの状況や気持ちがわかりあえて、

良い関係を築けているということでした(^^)

image6

ウーマンメイク株式会社が、

これまでの農業は男性の仕事!というイメージをガラリと変えてくれることを

期待しています★

 

平山さん、後藤さん、有難うございました!!

今回は、大分いちご若手生産者!!

2017/03/12  |  ゲスト紹介

今回は、旬を迎えたいちごの話題でした。

 

杵築市から

JAおおいた杵築いちご研究会

日浦悠(ひうら ゆう)さん

にお越しいただきました。

DSC_4299

日浦さんは、現在33歳。

就農8年目の農家さんです。

農業始める以前は、農協の職員として働いていましたが

「社長になる!」という夢を叶えるため退職し、

農業の道を歩み始めました。

 

最初は、ナスを主に作っていましたが、

今はいちごをメインに栽培を行っています。

いちごは今年で4作目となりました。

 

いちごは、最盛期を迎えており、

日浦さんも朝3時に起床し、収穫作業やパック詰めなど、

一日の全ての作業が終わるのは夜9時。

そんな毎日が続いています。

 

スタジオにも日浦さんのところで作られたいちごを

持ってきていただきました!

大振りで真っ赤ないちご。さがほのかです!

甘味と酸味のバランスが良く、とてもジューシーでした!!

DSC_4291

杵築市には、就農研修学校“いちご学校”もあり、

卒業生した方たちが今元気に栽培を行っています。

日浦さんは、後輩が出来てとても嬉しそうでした!!

また、

「後輩が出来たことで自分の栽培にもより力がはいる」

とおっしゃっていましたよ!

 

今後は、

「若手農家さんが増えて、

みんなのお手本になれるような農家になりたい」

とおっしゃっていた日浦さん。

日浦さんのガッツで、

みんなを引っ張っていく存在になってほしいです!

DSC_4302

日浦さん、ありがとうございました!!

今回は、JA玖珠九重直販出荷組合!!

2017/03/05  |  ゲスト紹介

今回は、今年度の大分県農業賞を受賞された

JA玖珠九重直販出荷組合の話題でした。

 

玖珠郡玖珠町から

玖珠九重農協 グリーンプラザ良心市 課長

江藤孝美(えとう たかみ)さんと

玖珠九重農協直販出荷組合役員

原孝芳(はら たかよし)さん

にお越しいただきました。

DSC_4267

この度、玖珠九重農協は、

生産・加工・販売グループ部門で

大分県農業賞最優秀賞を受賞されました。

 

直売所の運営を担当されているのが江藤さん、

そこに商品を出荷しているのが原さんです。

 

玖珠九重農協が運営する直売所「グリーンプラザ良心市」は、

人口が少ない地域でありながら、

県内直売所でトップレベルの販売額を誇っています。

販売しているものは、野菜やお米などの農産物、

また、吉四六漬やお惣菜などです。

DSC_4276

 

グリーンプラザ良心市に出荷している原さんは、

1年で30品目の農産物を栽培し、販売を行っています。

 

グリーンプラザ良心市は、県内だけでなく、

福岡のスーパーに併設された

“インショップ”が18か所あります。生産者には、

そのインショップに出荷した自分の農産物がどの金額で、

どれくらい売れたのかという情報が毎日メールで送られてきます。

そういった体制づくりも、今回受賞された理由です。

 

この他にも、女性目線の商品づくりを心がけたり、

ベテラン農家さんから若手への技術指導、

安全講習会の開催を行っています。

 

競争が激しい大都市で、さらに消費者の目も厳しい中、

「地方にいながらもこれだけやっていけるんだ」

という取り組みをみせてくれる

玖珠九重農協。今後の取り組みにも注目ですね!

DSC_4274

江藤さん、原さん、ありがとうございました!!

今回は、農業青年プロジェクト実績発表大会!

2017/02/26  |  ゲスト紹介

今回は、今月2日に大分市で開催された

「大分県農業青年プロジェクト実績発表大会」

で入賞された方をご紹介しました。

 

豊後大野市緒方町から

麻生竜誠(あそう りゅうせい)さんと

奥様の祐三子(ゆみこ)さんにお越しいただきました。

DSC_4248

麻生さんは、現在34歳。

今年度の大分県農業青年プロジェクト実績発表大会

意見発表の部で、最優秀賞を受賞されました。

 

麻生さんご夫婦は、新規就農して3年目。

5年前に、豊後大野市の就農学校

“インキュベーションファーム”の第二期研修生として参加し、

夏秋ピーマンの栽培を学びました。

2年間の研修を終え、豊後大野市で就農し、

今では主に夏秋ピーマンと

高糖度甘藷“甘太君”の栽培をしています。

 

就農学校に入るまでは、

一般サラリーマンをしていた麻生さんですが、

祐三子さんの後押しもあり、農業の道へ。

農業を始めてからは、農業技術や知識だけでなく、

「絆」「仲間」「恩師」との出会いがあり、

農業の道を究めていこうと決意が生まれたそうです。

そんな仲間や恩師とのエピソードと

自身のこれから目指す農家さんの姿を綴り、

今回の意見発表で最優秀賞を受賞されました。

 

麻生さんの恩師から受けた恩を

これからの若手に繋いでいきたいという想いと、

祐三子さんの麻生さんを支える想いが一つになって、

農家さんとして

みなさんを引っ張っていく存在になるんだろうなと思いました。

 

今後も注目のご夫婦ですよ!

DSC_4249

麻生さん、祐三子さん、ありがとうございました!!

今回は、夢一輪運動!!

2017/02/19  |  ゲスト紹介

今回は、

「子供の未来に夢を託す・夢一輪運動」についてお伝えしました。

 

NPO法人夢一輪の会 会長

野上の切り花 代表 野上健次(のがみ けんじ)さん

にお越しいただきました。

DSC_4231

 

以前にもこの番組でお伝えしたことがあります「夢一輪運動」。

子供たちに花を通して感性を育んでもらおうという活動が、

2月6日から10日までの5日間、

大分市のホルトホール大分で行われました。

 

取り組みの具体的な内容は、

ホルトホールの一室に生花200種類5000本を一堂に集め、

小学校二年生の子供たちに

自分の一番好きな花をスケッチしてもらいます。

美しい花を五感で感じてもらえる素敵な取り組みです。

また、高校生と花の農家さんや行政の担当者、

生花店のスタッフとのディスカッションも行われました。

将来、花に関わる仕事をしたいと夢を抱く高校生たちに

良い刺激になったようです。

 

「夢一輪運動」期間中、この取り組みに参加した小学生は、

大分市など6市33校から約2100人。

大分市内の高校も約4校と、

沢山の子供たちが花と触れ合いました。

 

野上さんの長年抱く

「子供たちに花を通して豊かな心を育んでほしい」

という想いは、毎年広がりを見せています。

みなさんもぜひ来年足を運んでみてくださいね!

DSC_4233

野上さん、ありがとうございました。

今回は、大分のスイートピー!!

2017/02/12  |  ゲスト紹介

今回は、贈り物にピッタリなスイートピーの話題でした。

 

JAおおいた豊後高田スイートピー分会

会長 岩男俊紀(いわお としのり)さん

のハウスにお邪魔しました。

image4

 

豊後高田市は、県内最大のスイートピーの産地です。

卒業・入学シーズンの2月末から3月にかけて出荷のピークを迎えます。

岩男さんのハウスにお邪魔したこの日も、

岩男さんのおばあ様やご両親、弟さん、

ご家族みなさんで収穫と出荷の準備をされていました。

image5

 

岩男さんのハウスでは、白・ピンク・2種類の紫を栽培しています。

ハウスに入った瞬間に甘い香りに包まれました。

 

可憐なスイートピーが私よりも高い背丈で咲いていて、

その美しさは迫力がありました!

 

スイートピーが良く育つには、日照時間が大事になるので、

岩男さんのハウスは、朝早い時間から陽が沈むギリギリまで、

陽の当たる場所を選んで作られたそうです。

 

新規就農8年目になる岩男さん。

とてもきっちりとした性格で、

しっかりと目標を決めて栽培に取り組んでいました。

ご家族みんなでその岩男さんを支えている姿がとても印象的でした。

これからもご家族のみなさんで、

素敵なスイートピーを届けてくださいね!!

image1

 

スイートピーの花言葉は「門出」「思い出」です。

卒業や転勤シーズンを迎えるこの時期、

ぜひプレゼントに贈るお花としていかがでしょうか??

image3

岩男さん、ご家族のみなさん、ありがとうございました!!

JA新春農機フェア2017!

2017/02/05  |  ゲスト紹介

今回は、最新の農業機械の大展示会

「JA新春農機フェア2017」について

ご紹介しました。

 

JA全農おおいた資材部 次長

小橋信敬(コバシ ノブタカ)さん

DSC_4186

JAおおいた大分市女性部 部長

眞部ミヤ子(マナベ ミヤコ)さん

JAおおいた大分市女性部 事務局

中山美恵子(ナカヤマ ミエコ)さん

DSC_4190

にお越しいただきました。

 

2月8日(水)9日(木)の二日間、

大分市の大分スポーツ公園大分銀行ドーム西広場で

午前9時から午後3時まで

「JA新春農機フェア2017」が開催されます。

 

JA組合員向けのフェアで、

有名メーカーが一堂に集結し、

農機を比較体験することが出来ます。

最近の農機具は、使いやすさ、安全性、

さらにデザインにこだわったものが多くあります。

今回の会場では、野菜機械化一貫体系コーナーもあります!

 

その他、JA女性部のみなさん手作りの

鶏飯と豚汁がお昼ご飯に配布されます。

また、加工品の販売も行います!

石垣饅頭やトマトケチャップ、フキの佃煮、

いなり寿司などが並ぶそうです!

お土産にもぴったりですね!!

 

自家製玄米1合を持っていくと、

無料で食味測定をしてくれる企画もあります!

ぜひ参加してみてください(^_^)

 

JA組合員向けの「JA新春農機フェア2017」!

組合員の方はぜひ足を運んでみてください★

DSC_4192

小橋さん、眞部さん、中山さん、ありがとうございました!!

Page 1 of 1812345...10...Last »