OBS

今回は、臼杵市の地域おこし協力隊!!

2017/09/17  |  ゲスト紹介

今回は、観光や農業の地域活性化に関わる

「地域おこし協力隊」の話題でした。

 

臼杵市野津町から

臼杵市地域おこし協力隊で有機農業研修生の

山﨑誠(やまさき まこと)さん

槌本俊貴(つちもと としき)さん

にお越しいただきました。

DSC_4823

山﨑さんは42歳、槌本さんは26歳で、

地域おこし協力隊2年目です。

山﨑さんは、大分市敷戸出身、槌本さんは、大阪府出身です。

お二人とも、有機農業に興味を持ち、

市をあげて有機農業に取り組む

臼杵市の地域おこし協力隊になりました。

 

臼杵市は、早い時期から有機農業に力を入れています。

臼杵市の土づくりセンターでは「

うすき夢堆肥」という有機肥料を作り、販売しています。

その肥料を使って作られた農作物は

「ほんまもん農産物」として認定され、

直売所などで販売されています。

 

今回は、お二人が作った「ほんまもん農産物」を

持ってきていただきました!

DSC_4808

賀茂ナスや白丸ナス、黄トウガラシ、

赤オクラ、伏見甘長トウガラシなど、

大分では珍しい野菜が沢山ありました。

 

10月1日(日)は、

こういった珍しい農産物も販売される

臼杵ファーマーズマーケット「ひゃくすた」の

プレ開催が行われます。

 

「ひゃくすた」=「百姓ニュースタンダード」の略語で、

“百姓の新しいあり方”という意味を込めてつけたそうです。

 

「ひゃくすた~プレ開催~」は、

10月1日(日)朝8時~ 臼杵石仏公園で行われます。

新鮮な農産物を使った“朝ごはん”も思案中とのことです!!

ぜひみなさんお出かけしてみてください!

 

地域おこし協力隊の活動が終わると、

臼杵市に残り本格的な農業を始めるというお二人!!

これからさらに臼杵市の農業を盛り上げていってほしいですね!

DSC_4825

山﨑さん、槌本さん、有難うございました!!

今回は、街の人気の八百屋さん!!

2017/09/10  |  ゲスト紹介

今回は、青果物販売を担う

楽しく素敵な八百屋さんの話題でした。

 

大分市大在から

大分市青果商業協同組合専務理事で青年部副部長

八百屋永吉 代表 永吉一哉(ながよし かずや)さん

にお越しいただきました。

DSC_4783

 

永吉さんは、現在37歳。

以前は、大分市西大分で八百屋さんをしていましたが、

5年ほど前に大在に移転して

「八百屋永吉」をオープンしました。

永吉さんは、毎日市場に出かけ、新鮮で美味しいものを

お客様にお話をしながら買っていただく

“対面販売”にこだわっています。

 

特に果物が大好きという永吉さんは、

果物の仕入れに力を入れています!

スタジオには、旬の果物を持ってきていただきました。

DSC_4782

・柿

・日田梨

・葡萄

(ピオーネ、シャインマスカット、瀬戸ジャイアンツ、みつしずく)

 

中でも、“みつしずく”という葡萄は、

まだ本格的な販売が始まっておらず、

試験的に作られたものを

いくつか譲っていただいたものだそうです。

特別にいただきました!

甘さが濃厚で葡萄ならではの芳醇さが口いっぱいに広がりました。

実際に販売されるのが今から楽しみです!(^^)

 

青果の小売店は、減少傾向にありますが、

小売店ならではの良さを「八百屋永吉」で

改めて感じてもらいたいなと思いました!

「八百屋永吉」では、野菜や果物の保存や調理法を教えたり、

試食を出していることもあるそうです!!

なんといっても、明るくフレンドリーな永吉さんと

お話しているだけでも楽しいですよ♪

 

ぜひみなさんも「八百屋永吉」に足を運んでみてくださいね!

また、仕入れ状況やお店の様子は、

SNSにアップしているそうです。

のぞいてみてください!

DSC_4798

永吉さん、有難うございました!!

今回は、和牛のオリンピック!全国和牛能力共進会!!

2017/09/03  |  ゲスト紹介

今回は、5年に1度開催され、和牛の日本一を決める

「第11回全国和牛能力共進会」の話題でした。

DSC_4768

公益社団法人 全国和牛登録協会大分県支部

事務局長 工藤太介(くどう たいすけ)さんに

お話を伺いました。

DSC_4765

「全国和牛能力共進会」とは、

全国の優秀な和牛を5年に1度、一堂に集めて、

改良の成果やその優秀性を競う全国大会で、

“和牛のオリンピック”とも呼ばれています。

今回の大会は、9月7~11日まで、

宮城県仙台市で行われます。

DSC_4750

大分県からも9部門に27頭の牛が出場し、

総合得点を競います。

前回の大会で、大分県勢は第3位と健闘。

今回は、もちろん優勝を狙うということで、

並々ならぬ気合を感じました。

それもそのはず、全国和牛登録協会や生産者さんたちは、

この5年間綿密な計画を立てて和牛の育成に努めてきました。

エサの量、質、筋肉や脂肪のつき方、

 

その成果がどのような結果で出るのか、、、

みなさん期待とプレッシャーを感じているそうです。

 

大分県からは、関係者等含め

約200人の応援団が仙台にいきます!

会場では上位入賞した牛だけが歩くことのできる

パレードもあるそうですので、

ぜひ大分県の和牛がパレードする姿を

みなさん見ることができるといいですね!

 

このような大会をきっかけに、

豊後牛の美味しさやすばらしさが

さらに伝わっていくことを期待しています!

17-08-30-14-54-00-512_deco

工藤さん、有難うございました!!

今回は、豊後高田のぶどう!!

2017/08/27  |  ゲスト紹介

今回は、旬を迎えたぶどうの話題でした。

取材リポートでお送りしましたよ。

 

豊後高田市呉崎にある

和泉農園 和泉陣(いずみ じん)さんにお話を伺いました。

IMG_0016

和泉農園は、和泉さんのお父様がぶどうの栽培を始めて

約50年の農家さんです。

夏はぶどう、冬は白ネギを作っています。

ご家族と常時雇用2名で作業にあたっています。

和泉さんのお父様が最初に植えたのは、その当時人気のあった巨峰でしたが、

和泉さんの代になり、ぶどうの人気にも変化が出てきました。

「種なし」「皮ごと食べられる」「甘い」といったぶどうの人気が高まり、

和泉さんは様々なぶどうの品種を作ることにしました。

なんと、今では14品種のぶどうを栽培しています。

IMG_0003

 

IMG_0006

 

お邪魔した日は、香港で高値で販売される

「ゴールドフィンガー」という品種を見せていただきました!

その名の通り、人間の指のような形をしていて、

種がなく、皮ごと食べられる美味しいぶどうでした。

 

IMG_0002

現在人気の2種類、巨峰とシャインマスカットも大きく実っていましたよ!

和泉さんのところでは、いち早くシャインマスカットの栽培に取り組んだので、

木がしっかり成長し、実が大きくて甘いものが出来ていました。

IMG_0002

和泉さんは「小さい頃からお父様の働く姿をみて学んだ部分も大きかった。

栽培技術を受け継いでいくということは職人と同じだと思う。」

と農家さんの仕事について話して下さいました。

「今後は、受け継いだ技術をさらに磨き、

和泉農園ならではの珍しいぶどうが沢山の方に喜ばれたら嬉しい。

また、そういった姿を通して若い世代に魅力を感じてもらえる職業にしたい。」

と話していました。

また、色んな国への輸出も増やしていけたらということでしたよ(^^)

 

大分のぶどうが世界へ!今後も応援していきます!!

IMG_0004

和泉さん、有難うございました!

今回は、玖珠町大麦プロジェクト!!

2017/08/20  |  ゲスト紹介

今回は、玖珠町で、役所や企業、

JAや専門家を交えてスタートした

「大麦プロジェクト」の話題でした。

 

大分大学COC+推進機構 統括コーディネーター

玖珠町大麦プロジェクト研究会会長

梶原敏明(かじわら としあき)さんにお越しいただきました。

DSC_4730

「玖珠町大麦プロジェクト」とは、

大分大学の学生が授業で提案したもので、

大麦で生産・加工・販売をする「6次産業化」の事業を展開し、

地域の産業振興や雇用創出を目指しています。

大麦は、大分では焼酎・味噌・醤油など、

昔から馴染みのあるものとして着目しました。

大麦の商品化により玖珠町の活性化に繋げることを目標としています。

大麦の栽培から収穫、商品化まで、

学生達と地元農家さんやJA、企業、飲食など様々な専門家が協力し、

プロジェクトを進めています。

今年度からは、別府大学の学生も加わり、

大麦を使った「アイスクリーム」の商品化を進めています。

 

大麦は、栄養価も高く、特に食物繊維が沢山含まれているそうです!!

 

今年4月には、関係者でプロジェクト研究会を発足し、

8月には一般社団法人「玖珠レーベル」という会社も出来ました!

 

様々な広がりを見せている「大麦プロジェクト」、今後も注目ですね!

DSC_4739

梶原さん、有難うございました!!

今回は、大分のハウスミカン!!

2017/08/13  |  ゲスト紹介

今回は、大分が生産量全国第3位を誇る

「ハウスミカン」の話題でした!

DSC_4684

杵築市守江から

杵築市柑橘青年部

木村知雄(きむら ともゆう)さんにお越しいただきました。

DSC_4696

木村さんは、現在33歳。ミカン農家さんになって14年目です。

今回は、木村さんの奥様と息子のゆうと君(1歳)も

遊びにきてくれていました。

DSC_4686

また、大分のハウスミカンも

スタジオに持ってきていただきました~!

艶やかで美しいオレンジ色。

皮が薄くて、甘さがギュッと詰まった美味しさ。

最高でした~!!

ミカン大好き矢田さんは、

本番中に4個も食べ終わっていました(笑)

 

ハウスミカンの栽培は、水をやる加減が難しいそうです。

そのタイミングは、毎日毎日作業をしながら

ミカンの顔を見て判断するそうです!

木村さんのところでは、すでに出荷は終わったそうですが、

全体としては9月半ばまで続きます。

その時期までは、楽しめるそうですので

みなさんもいかがでしょうか?

ギフトにもおすすめです!

 

木村さんは、2代目のミカン農家さんです。

20歳の時に、お父様のお仕事を継ぐことになりました。

最初は、乗り気でなかった農業ですが、

5~6年経ってくると、

徐々に面白さが分かるようになっていったといいます。

「自分が努力した分だけ返ってくる面白さが農業にはある」

と木村さんは話してくれました。

そんな木村さん、実は今年の春に行われた

全国青年農業者会議プロジェクト発表大会で、

省力化したハウスミカン栽培の実績が評価され、

全国3位に輝きました!

 

年々生産者が減っている大分のハウスミカン。

後継者不足を解消するために、

杵築市ではファーマーズスクール

「みかん学校」も開校するそうです。

 

現在、生産量全国第3位を誇る大分のハウスミカン。

今後のさらなる飛躍を期待しています!!

DSC_4708

木村さんご家族、有難うございました!

今回は、いよいよ旬!大分かぼす!!

2017/08/06  |  ゲスト紹介

今回は、大分県が全国の生産量の9割以上を占める

“かぼす”の話題でした。

DSC_4666

臼杵市乙見(おとめ)のかぼす生産者

JAおおいたかぼす部会 部会長

藤原輝幸(ふじわら てるゆき)さん

にお越しいただきました。

DSC_4669

藤原さんは、現在52歳。

お父様のかぼす農園を継ぎ、

今年で24年目になるかぼす農家さんです。

ハウスと露地のかぼすの栽培の他に、

お米や椎茸なども作っています。

 

今月は、いよいよ露地かぼすが旬入りします!

かぼすは3月中旬~8月初めはハウス、

8月半ば~10月にかけて露地、

10月末~3月半ばは貯蔵したかぼすが販売されています。

DSC_4668

露地のかぼすは、色が濃い緑色で果汁たっぷり!

クエン酸とビタミンCが多く含まれているので、

夏バテ予防にぴったりです!!

大分県民にとっては、もうおなじみで、

みなさん色んな使い方をしていると思いますが、

藤原さんのこの時期おすすめの食べ方は、

そうめんやところてんに絞ることだそうです。

 

現在、県内のかぼす部会員は570名。

年々高齢化が進んでおり、

新規就農者の開拓が今の課題です。

 

そんな中、嬉しい報告が!!!

今年5月、大分のかぼすが

農林水産省が認定する“GI認定”に登録されました!

“GI”とは、地理的表示保護制度のことを言います。

これは長年培われた特別の生産方法や

生産地の特性を生かして作られた産品に対して、

国が「お墨付き」をくれる制度です。

これにより産品の付加価値が高まり、

ブランドとしてより認められたものとなります。

認定基準を満たしたものにだけ

“GIマーク”を使うことが認められます。

大分のかぼすは、

“緑色のかぼすを一年通して流通できること”が評価され、

今回の認定に至りました。

「今後は、この“GI認定”を活かして、

かぼすの輸出にも取り組んでいきたい」と

藤原さんはおっしゃっていました。

 

いつの日か「かぼす」を使ったお料理が

世界中で食べられるようになるかもしれませんね(^ワ^)

DSC_4677

藤原さん、有難うございました!!

今回は、農家レストラン「べべんこ」!

2017/07/30  |  ゲスト紹介

今回は、九重町飯田高原の地域を担う青年農業者をご紹介しました。

 

玖珠郡九重町から

イーグルファーム 代表

鷲頭将治(わしず しょうじ)さんにお越しいただきました。

DSC_4648

鷲頭さんは、ご家族で牛の繁殖農家をしながら、

農家レストラン「べべんこ」を経営しています。

「べべんこ」とは大分弁で“子牛”という意味です。

「べべんこ」は、鷲頭さんのところで育った和牛を使った

ステーキや焼肉丼、コロッケなどのメニューが食べられます。

お肉の他にも、お米やブルーベリーも作っており、

それらもレストランで使われています。

 

鷲頭さんのご両親は、

いち早く農家レストランを開いた農家さんとしても知られています。

オープンして15年になる「べべんこ」は、飯田高原にあり、

ロケーションも最高です!!

テラス席からはくじゅう連山を見渡すことが出来ます。

また、春は黒、夏は緑、秋は赤、冬は白といった

四季折々の飯田高原の表情を見ることが出来るとあって、

人気のドライブ立ち寄りスポットになっています。

 

3代目の将治さんは、現在41歳。

牛の繁殖農家さんとして、

出産から肥育、加工まで全てを見る立場です。

年間120頭産まれる子牛の出産に立ち会い、

無事に産まれるよう親牛の手助けもしています。

そんな命の現場を見続けている将治さんが

農業のやりがいを感じる瞬間は、大切に育てた牛を

“美味しい”

と言ってくれる声を聞いたときだそうです。

農家レストランは、そんな消費者の声が届きやすく、

農家さんの想いも届けやすい、

手段のひとつなんだなと改めて感じました。

将治さんは

「今後は農家さんと消費者を繋ぐイベントなどを企画していきたい」

とおっしゃっていました。

 

また、今年の秋には、5年に一度の和牛のオリンピックともいわれる

「全国和牛能力共進会」が宮城県で開催されます。

大分県勢は前回総合3位の成績でした。

今年は優勝目指して、みなさん並々ならぬ気合が入っているそうです。

大分県を上げて、みんなで力いっぱい応援しましょう~!

DSC_4656

将治さん、また「べべんこ」に遊びにいきますね!

有難うございました!!

Page 1 of 2112345...1020...Last »