OBS

今回は、佐伯市本匠の因尾茶!

2017/05/28  |  ゲスト紹介

新茶のシーズンということで、因尾茶の話題をお送りしました。

 

佐伯市本匠から

大分県茶業協会 会長

佐伯市本匠因尾茶生産組合 組合長

小野農園 小野隆壽(おの たかひさ)さんにお越しいただきました。

DSC_4503

今年の新茶は、例年に比べると収穫が遅くなりましたが、

味はよくのって、美味しいお茶が出来ているそうです。

県の北部では、まだ茶摘みの最中のところも多く、

お茶農家さんはお忙しい時期を迎えています。

 

佐伯市本匠の因尾茶は、400年以上の歴史あるお茶です。

また、現在は「釜炒り茶」の産地として注目されています。

「釜炒り茶」は、生産量が国内の1~2%といわれており、

現代ではとても貴重なお茶になっています。

その名の通り、釜で炒ったお茶で、

煎茶に比べて香ばしさとさっぱりとした渋みが特徴です。

 

スタジオでも、新茶・因尾茶の釜炒り茶をいただきました!

一口含んだ時にふわっと広がる香ばしい香りと、

まろやかな甘さがあり、とても美味しかったです!

 

小野さんは、釜炒り茶の他に、紅茶も製造しています。

ブレンドした茶葉を使った和紅茶は、深い茶葉の香りと、

ほのかな甘みを感じ、こちらも美味!

三角パックになっているので、

お湯を注ぐだけという手軽さも嬉しいポイントです!

 

小野さんは、「若い人のお茶離れも進んでいるので、

パック入りのお茶の開発にさらに力をいれたい」とおっしゃっていました。

 

また、因尾茶生産組合の組合員数は、現在約90名。

人数が多いように感じますが、平均年齢は70歳以上で、

後継者不足という課題があります。

若い人がもっとお茶を好きになって、

後継者として活躍してくれる人が増えて欲しいです!

DSC_4507

小野さん、有難うございました!

今回は、「よりもの郷」の初夏どりブロッコリー!

2017/05/21  |  ゲスト紹介

今回は、取材リポートをお送りしました。

 

宇佐市橋津地区で栽培されているブロッコリーの畑にお邪魔しました。

 

農事組合法人 橋津営農組合「よりもの郷」

仲延旨(なか のぶよし)さんにお話を伺いました。

DSC_0821

「よりもの郷」は、今から約10年前に誕生した農事組合法人です。

過疎化が進み、耕作放棄地が増えた橋津地区で、

地元の皆さんの農業・景観を守りたいという想いから作られました。

 

現在約40名の組合員がおり、

30代前半の若手なども参加しながら、

米や麦、大豆などを栽培しています。

DSC_0823DSC_0811

 

そして、2年前から作り始めたのが「ブロッコリー」です。

米や麦などの収穫時期の合間に作ることが出来るということで選びました。

一般的にブロッコリーは、秋から冬の農産物で、

初夏どりのブロッコリーというのは出回る数も少なく、

今のところ良いお値段で販売できているそうです。

苗を植えてから2か月ちょっとで収穫できるのもメリットの一つです。

ただ虫が付きやすいので、

「よりもの郷」では白いネットをかけて対応したりと対策をして、

農薬をあまり使わないようにしているということでした。

味は、クセがなくてとても柔らかいそうです♪

出荷は5月いっぱいまでで、

宇佐市内の直売所や道の駅で販売しています。

みなさんもお早めに★

DSC_0817

県内でも先進的な集落営農のモデルケースとして、

今後も組合員のみなさんで頑張って欲しいですね!

DSC_0824

 

仲さん、有難うございました。

今回は、食材で故郷を伝える(株)九州堂!

2017/05/14  |  ゲスト紹介

今回は、若手企業家を迎えてお話を伺いました。

 

東京都から

(株)九州堂 代表取締役

後藤虎南(ごとう こなん)さん

にお越しいただきました。

DSC_4480

後藤さんは、現在30歳。出身は大分市です。

後藤さんの祖父が豊後大野市で農家さんをしていたこともあり、

農業に興味を持ちました。

学生時代、「食で大分を盛り上げたい」

と夢をもった後藤さん。

大学卒業後は、“ぐるなび”に就職し、

飲食店と生産者をマッチングする仕事を担当していました。

 

今回、7月に東京にオープンするショップ「九州堂」は、

後藤さんの想いが形になった場所です。

「大分県内だけでなく、

九州各県で作られている自慢の農作物を東京に広めていきたい」

という後藤さん。

お店には、旬の農産物、加工品などが並ぶ予定だということです。

 

「30歳までには企業したい」という夢を叶えた後藤さん。

今後は「3年後には九州堂を3店舗にして、

その後さらに拡大していけたら・・・」と話していました。

DSC_4484

九州にある美味しい農産物、ぜひ東京でもブレイクして欲しいです★

後藤さん、有難うございました!

今回は、青果物販売の若手リーダー!!

2017/05/07  |  ゲスト紹介

今回は、南大分で八百屋さんをしている

青果物販売の若手リーダーでした。

 

大分市尼ケ瀬から

大分市青果商業協同組合青年部 部長で

三浦青果店 三浦崇志(みうら たかし)さん

にお越しいただきました。

DSC_4463

三浦さんは、現在43歳、三浦青果店の二代目です。

20代前半から家業を手伝いはじめ、

今では毎日市場で行われる競りに出かけ、

旬の農産物をお店に並べています!

三浦さんのSNSには、その日のお買い得商品や、

お店に並ぶ農産物を使った手料理がアップされています。

三浦さんの農産物に対する愛がたっぷり感じられますよ(^^)

 

スタジオに、今おすすめの農産物を持ってきていただきました!

春キャベツ、新玉ねぎ、新人参・・・

これらの食材を使って作る

三浦さんおすすめのお料理が「コールスローサラダ」!

カットした野菜に塩を振って水分を抜き、

マヨネーズ・無糖ヨーグルトで作ったドレッシングであえて完成という、

とっても簡単レシピです★

 

また、果物は大分県産のハウスミカン、

熊本のハウススイカなどがあります。

 

お店では積極的にお客様に声をかけながら接客をしているという三浦さん。

八百屋さんならではの

対面販売を大事にしていきたいとおっしゃっていました。

そして、いつか生産者さんとコラボした

企画やイベントをしたいそうです!

DSC_4469

三浦さん、有難うございました!!

今回は、大分のキュウリ!

2017/04/30  |  ゲスト紹介

今回は、大分のキュウリの話題でした。

 

大分市高田から

JAおおいた 直売出荷連絡協議会 会長

(有)輪中の郷 池永農園 代表取締役

池永勝己(いけなが かつみ)さんにお越しいただきました。

DSC_4443

池永さんは、現在55歳。

大分市で長年キュウリの生産を行っています。

最盛期には、50~60名いたキュウリ部会。

今では5、6人ほどだということです。

 

池永さんは、土耕栽培にこだわっています。

今回スタジオに、

立派なキュウリとトマトを持ってきていただきました!!

DSC_4439

キュウリは、一般的なものよりも短い

「カリカリ千成(せんなり)」という大分では初登場の品種。

トマトは、オランダ産のカンパリトマトやプレミアムルビー

を持ってきていただきました。

 

キュウリは、名前の通りカリカリの食感でみずみずしく、

真っ赤でツヤツヤのトマトは、

食べるとジューシーでとてもおいしかったです!

 

大分市のキュウリ栽培の歴史は、今年50年を迎えます。

長い歴史を持つ大分のキュウリ、

これからもその歴史が続くことを願いたいですね。

後継者や新規就農者が増えることを期待しています!!!

DSC_4453

池永さん、ありがとうございました!

今回は、臼杵市の有限会社ベストクロップ!!

2017/04/23  |  ゲスト紹介

今回は、先週に引き続きパプリカの話題でした。

 

臼杵市野津町から

有限会社ベストクロップ

橋本文博(はしもと ふみひろ)さん

奥様の橋本友佳子(はしもと ゆかこ)さん

にお越しいただきました。

DSC_4420DSC_4422

有限会社ベストクロップは、

オランダから仕入れたパプリカの種などを販売しています。

 

橋本さんは、臼杵市出身。友佳子さんは、千葉県出身です。

以前、東京の総合商社に勤務していた橋本さんですが、

2000年にご家族で大分に移住されました。

友佳子さんの

「田舎で子育てをしたい」

という想いもあり、移住を決断されたそうです。

そして、まだ日本ではあまりなじみのなかった

パプリカの栽培をすることに。

それまで農業に関わりのなかったお二人ですが、

失敗から色々なことを学び、

今では会社を経営するまでになりました。

 

友佳子さんのおすすめのパプリカの食べ方は、

“揚げ出し”だそうです!!

素揚げしたパプリカを麺つゆに漬けるだけという簡単レシピで、

私も実際に作ってみましたが、

さっぱりとしていてとても美味しかったです!

 

橋本さんは

「みなさんには、豪快にざく切りしたパプリカを食べて、

美味しさを知ってほしい」

とおっしゃっていました(^^)

 

橋本さんご夫妻が作ったパプリカは

「大分のパプリカ兄弟」という名前で、

コープおおいたなどで販売しているそうです!

ぜひみなさんも召し上がってみてくださいね★

DSC_4423

橋本さん、友佳子さん、ありがとうございました!!

今回は、大分のパプリカ!!

2017/04/16  |  ゲスト紹介

今回は、大分ならではのエネルギーで栽培されている農産物の話題でした。

 

玖珠郡九重町野上にある愛彩ファーム九重にお邪魔しました!

専務取締役 松尾崇史(まつお たかふみ)さん

にお話を伺いました。

image2

 

愛彩ファーム九重は、広大なハウスでトマトやパプリカなどを栽培しています。

パプリカハウスの中に入ってみると、スラッと約5メートルほど伸びた茎に、

赤や黄色、オレンジの大きなパプリカが実っていました!!

こちらの施設では、一年中出荷できるように夏と冬の栽培に分けられていて、

どちらも合わせると約9万株植えているそうです。

TAB:航空写真

 

TAB:パプリカ

 

そして、愛彩ファームのハウスは、環境に優しいエネルギーを使って、

農作物を栽培しています。

それが、大分県ならではの“温泉熱”です。

TAB:ガーデン温泉蒸気

 

温泉の地熱を利用して熱交換された循環水がハウスの中を通っており、

暖房できるシステムになっています。

化石燃料の使用を削減することができ、二酸化炭素の排出もないので、

エコでクリーンなエネルギー。

しかも、他県には出来ない、エネルギーから“大分県産”という

強いアピールポイントにもなりますよね!

 

また、土ではなく水耕栽培で作られており、

ハウスの中がとても綺麗で驚きました!!

さらに、パプリカの栽培に必要な環境条件が全てコンピューターで管理されているそうで、農業の新時代を見たような気がしました。

ただ、細かな変化や最終的な収穫の判断などは、人間によるもので、

最先端の設備と人間の技・知識を上手く使い、

安心・安全な農産物を出荷しています。

image3

従業員は約40名ほどおり、

みなさん生き生きと楽しそうにお仕事をしていました。

松尾さんは「いつかこの農場から農家になる若者がどんどん輩出されのが夢」

とおっしゃっていました。

 

愛彩ファーム九重のパプリカ食べてみましたが、

肉厚で甘味が強く、とっても美味しかったです!!!!

 

これからどんどん、国産、大分県産のパプリカが増えて、

私たちの食卓に並ぶのが楽しみだなと思いました!

image1

松尾さん、そしてスタッフのみなさん、

ありがとうございました!!

今回は、地域おこし協力隊!!

2017/04/09  |  ゲスト紹介

今回は、国東市の地域おこし協力隊から、

国東市役所 活力創生課 地域支援係

稙田真(わさだ まこと)さんと

国東市役所 農政課 園芸畜産課

上田啓太(うえだ けいた)さんにお越しいただきました。

DSC_4394

地域おこし協力隊とは、

人口減少や高齢化の進む地方に、都市部から人材を受け入れて

活動を行ってもらいながら、定住・定着を図ることで、

地域力の維持、強化をしようというものです。

昨年度、全国で3978人が活動していて、

大分県は九州で最多の139名が活躍しています。

 

地域おこし協力隊の任期は、約3年。

DSC_4380

今年3年目、33歳、国東市出身の稙田さんは、

一度故郷を離れ、国東市外でお仕事をしていましたが、

帰省した際に田畑が荒廃していく姿を見て、

家族で農業をやろうと決心し、

地域おこし協力隊に応募しました。

 

今年2年目、28歳、

DSC_4389

東京出身の上田さんは、

珍しい農作物を作ってみたいという思いを抱き、

国東市が現在力を入れている

オリーブ栽培をやってみたいと応募しました。

 

お二人の普段の地域おこし協力隊としてのお仕事は、

稙田さんは「空き家バンク」という

国東市内にある空き家に移住者を受け入れる取り組み、

上田さんは、

オリーブ農家さんのお手伝いやPR活動をしています。

 

国東での生活は、そんなに不便に感じることもなく、

何より自分のやりたかったことが

実現できるという喜びがあると、お二人とも楽しそうでした!

 

3年の任期が終わっても、

国東に住んで農業を続けたいというお二人!!

ぜひ国東の新たな農業者として頑張って欲しいですね★

DSC_4397

稙田さん、上田さん、ありがとうございました!!

Page 1 of 1912345...10...Last »