OBS

今回は、おおいた豊後牛part1!!

2014/11/02  |  ゲスト紹介

今週、来週と「おおいた豊後牛」の話題を2週に渡ってお伝えします。

 

おおいた豊後牛の生産は、大きく分けて2つに分けられます。

子牛を産ませ、10カ月になるまで育てる繁殖生産者と

その後、20カ月くらいまでかけて

牛をより大きく育てる肥育生産者です。

 DSC_2071

今回は、前者の繁殖生産者

竹田市荻町 後藤克久(ごとう かつひさ)さん

にお話を伺いました。

 

後藤さんは、現在29歳。就農11年目の繁殖生産者さんです。

先月行われた大分県畜産共進会肉用牛の部で

最高賞の農林水産大臣賞を受賞されました。

この大会の肉用牛の部は、

第1区~6区までに分けられて審査されます。

それぞれの区で最高の県知事賞が選ばれ、

さらにその中から優秀な牛が農林水産大臣賞に輝きます。

後藤さんが挑戦した部門は、繁殖牛、

つまりお母さん牛を審査する部門です。

主に、牛の見た目を審査していきます。

筋肉の付き方や、足の細さ、姿勢の良さ、

女性らしい顔つきも審査に含まれるそうです(*^ヮ^*)

 

農林水産大臣賞に輝いた後藤さんの牛は「つばき」という名前です。

DSC_2080

この大会で良い結果を残すために、朝はウォーキング。

また、食事にも気をつかい、大会前はわらを食べていたそうです。

写真をお持ちいただいたのですが、

DSC_2079

顔も、まつ毛が長く、

どことなく色っぽい感じがしませんか・・・??(>ヮ<)笑

 

今回、竹田市荻町から大会に出場し、

最高賞を受賞したのは初の快挙のようです。

後藤さんは

「初出場ですばらしい賞をいただき、とても嬉しいです。

その分、これからのプレッシャーも大きいですが、頑張ります。」

と話していました。

 

今後、「つばき」は、お母さん牛として沢山の子牛を産むそうです。

「つばき」似の美しい子牛が誕生するのが楽しみですね♪

 DSC_2078

後藤さん、ありがとうございました!!

今回は、夢をつなげ!県立山香農業高校★

2014/10/26  |  ゲスト紹介

今回は、来年の3月で65年の歴史に幕を下ろす

山香農業高校の話題です。

 

県立山香農業高校農業経営科

指導教諭 幸松昌則(こうまつ まさのり)さん

3年生 荒金大樹(あらかね だいき)さんと

小野了司(おの りょうじ)さんにお話を伺いました。

 DSC_2053

山香農業高校は、日出暘谷高校と統合し

日出総合高校になりました。

現在は、今年度卒業の3年生51名だけが在籍しています。

 

一般科目の授業のほか、

農業実習がありそれぞれ担当する作物があります。

小野君は珍しいフルーツ「ドラゴンフルーツ」、

荒金君は「しいたけ」の栽培をしています。

ドラゴンフルーツは、サボテン科のフルーツで、

外側は鮮やかなピンク色。

割ってみると、黒ゴマアイスクリームのような果実です。

しかし、味は、糖度が高い割には淡白だそうです。

まだまだ全国的に栽培が珍しい品目ですが、

昨年は約130個しました。

今年は、ちょうど今が収穫時期でいくつ出来るのか楽しみですね♪

 

しいたけは、菌床栽培で育てられています。

菌床栽培とは、木のチップなどを固めて作った人工のブロックです。

現物をスタジオに持ってきていただきました!!

2つのブロックからは、すでに沢山のしいたけがっ!!!

DSC_2049

直径10センチほどになって、

少し傘がひらきかけたものが収穫の目安だそうです。

この菌床栽培は、

原木栽培に比べて短い期間で沢山のしいたけを収穫できます。

しかし、その分、水や温度の管理が大変なんだそうです。

 

栽培のほかに加工品にも挑戦しています。

特製のしいたけ旨辛漬は、ご飯やお酒のおつまみにぴったり!

DSC_2047DSC_2065

生徒が作った加工品は、山香農業高校校内にある

「新鮮館」で販売されています。

月・水・金曜日の午後1時15分から午後3時までの営業です。

 

また11月15日(土)は、文化祭が開催されます。

しいたけの加工品のほか、ジャムや苗物の販売も行うそうです。

朝9時から、山香農業高校校内で行われますので、

ぜひ足を運んでみて下さい。

 

お話を伺った荒金君、小野君は10代とは思えないくらい

しっかりとした受け答えで、

それを見ていた幸松先生も「育ったなぁ~」と

とても誇らしげでした(*^-^*)

DSC_2061

これからの数ヶ月間、

仲間たちと共に充実した高校生活を送って欲しいと思います。

荒金君、小野君、それぞれの夢に向かって頑張れ~★

DSC_2064 

荒金君、小野君、幸松先生、ありがとうございました!! 

今回は、秋の味覚・ぎんなん!!

2014/10/19  |  ゲスト紹介

今回は、秋の味覚・ぎんなんの話題を取材リポートでお送りしました。

 

お邪魔したのは、JAべっぷ日出の選果場です。

日出ギンナン

JAべっぷ日出 ぎんなん部会 部会長 上野輝彦(うえの てるひこ)さんと

JAべっぷ日出 指導販売課 課長 佐藤清治(さとう きよはる)さん

にお話を伺いました。

日出ギンナン (4) 日出ギンナン (18)

実は、大分県はぎんなんの栽培面積が日本一!

JAべっぷ日出では、8月末から収穫がスタートしています(^^)

主に、実が大きいのが特徴の「喜平(きへい)」という品種を栽培しています。

出荷先は、関西方面が中心で、料亭などで使われています。

 

現在の部会員は41名。

この出荷時期、多いときは一日1トンもの量を作業するそうです。

日出ギンナン (7) 日出ギンナン (9)

ぎんなんは、脂質、糖質、たんぱく質、ビタミンA・B群、ビタミンC、鉄分、カリウムなどを含みます。

滋養強壮やぜんそくの治療、せき止めなどに効果があるといわれているそうです。

 

今後、JAべっぷ日出では、ぎんなんを使った加工品の販売も行っていきます!

現在、試作思案中ということですのでみなさんお楽しみに★

 

栽培面積では日本一の大分のぎんなんですが、

出荷量は1位の愛知県に次いで2位です。

上野さんは「今後、栽培面積・出荷量ともに日本一になるよう、

部会員と頑張っていきたい。」とお話して下さいました。

 

現在83歳の上野さんですが、とってもお元気でお若い方でした!

ぜひこれからも部会員のみなさんを引っ張って行って大分のぎんなんを盛り上げていって欲しいと思います。

日出ギンナン (22)

上野さん、佐藤さん、

そして出荷作業中にもかかわらず、お話して下さったみなさん、ありがとうございました!!

今回は、大分県農林水産祭!!

2014/10/12  |  ゲスト紹介

今回は、次の土日に開催されるイベント「大分県農林水産祭」の話題です。

 

大分県農林水産部 農地農振室

主査 佐藤憲治(さとう けんじ)さんと

集落営農・水田対策室 集落営農推進班

副主幹 井上卓也(いのうえ たくや)さんに

お話を伺いました。

 DSC_2028

大分県農林水産祭おおいたみのりフェスタは

農業部門は38回目、

林業部門は37回目を迎える歴史あるイベントです。

消費者と生産者のふれあいや大分の農林業の魅力を

より知っていただこうと始まりました。

今年のスローガンは「おんせん県おおいた“うまい”が集合!」です。

このスローガンの通り、新鮮な野菜や果物、

加工品、ご当地グルメが一堂に集まります。

 

いくつかご紹介すると・・・

・小学生以下限定!大分県産新米のつかみどり(なくなり次第終了)

・木製キャンピングトレーラーの展示

・卵の無料配布

・県内ご当地キャラクター大集合

・育ドル娘WA-SHOKU女子隊とステージで踊ろう!食育PR(ようかい体操第一など・・・)

 

井上さんはお米担当ということでスタジオには、

大分のお米「つや姫」のおにぎりを

スタジオに持ってきていただきました。

DSC_2036DSC_2035

一粒一粒が本当にツヤツヤしていて、

噛みしめるほどにしっかりとお米の味が感じられます!

このつや姫も会場に登場するそうです♪

まだまだ書ききれないほどの出展ブースや

ステージイベントが予定されています。

ご家族で楽しめるイベントも沢山用意されていますので、

ぜひおでかけ下さいね★

 DSC_2034

大分県農林水産祭おおいたみのりフェスタは、

今月18日(土)19日(日)

朝9時30分~別府市の別府公園で開催されます。

※駐車場に限りがありますので、公共の交通機関を使っておでかけ下さい。

※JR別府駅と別府中央小学校から会場まで無料のシャトルバスが運行します。

DSC_2032 

佐藤さん、井上さん、ありがとうございました!

今回は、マリンレモン♪

2014/10/05  |  ゲスト紹介

 

今回は、佐伯の特産品マリンレモンの話題でした。

 

JAおおいた県南柑橘レモン研究会

会長 広津留宗三郎(ひろつる そうざぶろう)さんと

奥様の勝子(しょうこ)さんご夫婦にお越しいただきました。

 DSC_2016

広津留さんがレモン栽培を始めたのは今から約30年前。

佐伯市鶴見の海を望む斜面で栽培を行っています。

始めた当初は価格も良かったそうですが、

レモンの輸入解禁に伴い価格が大暴落。

しかし、そんな中でも広津留さんは

なんとか家族を養っていたそうです。

そして、みんなが安全・安心に食べられる

低農薬レモンの栽培に挑戦しました。

レモンは柑橘の中でも特にデリケートな品種だそうですが、

広津留さんご夫婦の丁寧な栽培方法によって大事に育てられています。

 

スタジオには「マリンレモン」と

勝子さんが作って下さった

「マリンレモンの泡雪」を持ってきて下さいました(^^)

 DSC_2011

鮮やかな緑色と爽やかな香りが

スタジオをフレッシュな空気にしてくれました!

「マリンレモンの泡雪」は果汁と皮を細かくして泡雪の中に入れ、

トッピングにもマリンレモンの薄切りが乗っていてとてもおしゃれ★

マリンレモンのすっきりとした酸味と

皮の苦みがとーっても美味しかったです(*^^*)

 

他にも、とり天などの揚げ物やお刺身にかけたり、

スライスして紅茶に浮かべるのがオススメです!

みなさんも試してみて下さいね。

 

現在、79歳の広津留さん、

これからもお元気で

美味しいマリンレモンをみなさんに届けて下さいね!

DSC_2018

ありがとうございました!!

今回は、玖珠農業高校★

2014/09/28  |  ゲスト紹介

今回は、玖珠町にある県立玖珠農業高校で、

牛の飼育研究をしている高校生を訪ねての取材リポートをお送りしました。

 

お話を伺ったのは、

玖珠農業高校 生物生産科畜産類型生 3年

生田雄哉(いくた ゆうや)くん

若杉将太郎(わかすぎ しょうたろう)くん

です。

玖珠農高畜産 (3)

 

生物生産科畜産類型生の生徒は、生まれた子牛を立派に育てる研修をしています。

この日も、生田君と若杉君が育てた牛が大きな声を聞かせてくれました。

玖珠農高畜産 (1)

生田君も若杉君も、「牛はとても可愛い」と言っていました^-^

 

実は、若杉君は2012年に開催された第10回和牛審査競技会高校生の部で

優秀賞を受賞しました。

この競技会は、「牛の見る目」を競うものです。

出場者は黒毛和牛4頭を審査し、優劣を解答用紙に記入する形で競います。

若杉君は、各都道府県予選を勝ち抜いた40人の内、5人が選ばれる優秀賞を受けました。

高校1年生で受賞するのは大変稀なことだそうです。

若杉君は「大会に出場する際に協力してくれた地域の人たちに恩返しがしたい」と話していました。

将来の夢は、黒毛和牛の繁殖農家です。

立派な農家さんになって、玖珠町の畜産を盛り上げて欲しいですね(*^-^*)

 

生田君も将来、“パン製造の道に進みたい”という夢を持っています。

自分たちの夢をしっかり持っている二人の活躍に期待しましょうね♪

玖珠農高畜産 (8) 

生田君、若杉君、ありがとうございました!!

(畜産類型生の女子のみなさんも一緒に・・・^-^)

今回は、日田梨!

2014/09/21  |  ゲスト紹介

今回は、旬を迎えた“梨”の取材リポートでした。

 

お邪魔したのは、

JAおおいた日田梨部会 神川豊和(かみかわ とよかず)さん

の農園です。

日田梨 (1)

日田市の三花地区にある“竜体山”にある農園で、

とっても静かな良い場所でした♪

ちなみに、私は小学生の頃、遠足で竜体山に登ってました(^^)

 

今は、豊水(ほうすい)が最盛期で、

約180センチの高さの木に沢山の豊水が実っていました!

豊水は、糖度が高く、果汁がたっぷりなのが特徴です。

想像以上に甘くて、シャリシャリの食感とジューシーさがたまらなく美味しかったです★

日田梨は、平均糖度が12度以上あるそうですよ。

もう少しすると、次は新高(にいたか)という品種が出荷されるそうです。

日田梨 (6)

神川さんは、実家の梨農園を継ぎ、就農15年になります。

3年前にお父様を亡くされてから、

現在は主に、お母様と神川さんで栽培をされています。

元々は料理人をしていた神川さんですが、

「梨で育った自分だから、この農園を絶やしたくない」という想いで後継者になることを決意しました。

今は、お父様が作っていた梨を目標に栽培に励んでいます。

いつかお父様が作っていたような“人が喜ぶ・笑顔になる梨”を作りたいと日々研究を重ねています。

日田梨 (3)

(私たちの後ろでは、矢田さんが収穫の作業をお手伝い中です・笑)

 

ちょうどこの日、胸に「毎日が地獄です」と書かれたTシャツを着ていた神川さん。(笑)

「農業は、地獄みたいに大変で苦しいことも多いけど、

自分が作った梨を食べて“美味しい”と笑顔になってくれる人たちを見ると、

それまでの苦労が、一気に天国にかわるんですよ」とお話してくれました。

日田梨 (11)

これからも食べた人たちの笑顔を引き出してくれるとびきりの梨を作ってくれることでしょう♪

神川さん、ありがとうございました!!

今回は、農地中間管理事業について

2014/09/14  |  ゲスト紹介

今回は、農地を集めて、意欲的な担い手に貸し出すという

「農地中間管理事業」についてお話を伺いました。

 DSC_1961

大分県農地中間管理機構 管理統括官

森竹嗣夫(もりたけ つぎお)さん

にお越しいただきました。

 

現在の農業は、高齢化が進み、

農業の担い手が減少し、耕作放棄地の増加が懸念されています。

グローバル社会の進展により農業においても

厳しい競争力に耐えうる農業経営体を育成することが

日本の農業を振興するための課題です。

国際競争が激化する経済社会において、

地域農業を守り、競争力に打ち勝ち、

安定した農業経営者を育成するため、

地域ぐるみで意欲ある担い手等への農地の集積・集約を進め、

規模の拡大、農地利用の効率化、

高度化を図ろうというねらいがあります。

今年度から始まり、今後10年間にわたり実施予定です。

 

まず、地域農業をいかにして維持、

発展させるのかという課題について、

市町村と一緒に地域の方々の話し合いを進め、

地域の中核となる担い手への農地の集積など、

農業戦略・計画を「人・農地プラン」としてまとめ、

作成してもらうことが手続きの最初になります。

そして、プランに基づき、

出し手と受け手について市町村においてマッチングして、

配分計画を作成します。

これに基づき、農地中間管理機構が

出してと受け手に対して契約を結び管理していきます。

 

現在、今月19日(金)まで第2回の担い手公募が行われています。

気になった方は、

お住まいの各市町村農政課にお問い合わせください。

 

今回、色々と難しい部分のお話もありましたが、

今後の農業の衰退をとめるため、

またふるさとの景観が損なわれないようにするためにも

農地中間管理事業などを

上手に利用していただけたらなと思います。

 DSC_1962

森竹さん、ありがとうございました!!

Page 37 of 38« First...102030...3435363738