OBS

今が旬の春にんじん

2021/04/04  |  ゲスト紹介

今回は出荷が始まった「春にんじん」について

豊後大野市犬飼町から、JAおおいた豊肥事業部春人参部会

部会長の小野不二夫さん(57)にスタジオにお越しいただきました。

DSC_7605

豊後大野市は県内一の春にんじんの産地。

部会員は7名で、平均年齢は63~64歳です。

小野さんは就農18年目。

ハウス30アール、露地40アールで春にんじんを栽培しています。

畑は高台にあり、山に囲まれている場所で近くを大野川が流れています。

この時期はヤマザクラがみえるそうです。

春にんじんは、水分を適度に含み、柔らかく、甘みが強いのが特徴です。

小野さんによりますと、今年は、長雨が続いたことや

12月の寒波があり、生育にむらがあったそうですが、暖かくなり、

昨年同様、良いものができているとのことです。

また、県の「安心いちばん大分県認証」を取得して、

減農薬、減肥で有機肥料やたい肥を工夫して、

信頼性の高い春にんじんを出荷しています。

出荷は4月~6月末までで、主に県内と福岡に出荷されます。

スタジオにも春にんじん、お持ちいただきました!

21-03-31-14-18-12-264_deco

鮮やかなオレンジ色!生でいただくと、柔らかい歯ざわりで、

甘く、とても瑞々しく、美味しかったです!

カロテンを多く含む野菜なので油との相性も良いそうですよ。

皮ごとにんじんスティックの素揚げなども良さそうですね☆

今回もにんじんスイーツを奥様が作ってくださいました!

にんじんプリンは矢田さんも「売り物になる!」と大絶賛でしたよ♪

レシピも教えていただいたので、是非春にんじんを使って作ってみてください♪

≪にんじんプリンレシピ≫

【 材料 】

〇にんじん 400~500グラム

〇砂糖 100グラム

〇塩      少々

〇水 200CC

〇牛乳 400CC

〇ゼラチン 25グラム

①にんじんの皮をむき、サイの目状に切る

②にんじんを柔らかくなるまでゆでる(水に塩を少々入れておく)

③ミキサーに②でゆでたにんじん、水200CCを入れてかき混ぜる

④鍋に③と牛乳400CCを入れて人肌くらいの温度に温めて

砂糖100グラム、ゼラチン25グラムを入れてゼラチンが解けるまで煮る

⑤型に入れて冷蔵庫で冷やす。

小野さんは、

「春にんじんを美味しく食べてくれる人の顔が浮かぶと

自然と生産意欲が湧いてくる。安全・安心な人参作りに努力しているので、

是非多くの人に食べてもらいたい」とおっしゃっていました(^^)

春野菜ならではの甘みと彩り鮮やかな「春にんじん」。

ぜひ楽しんでください。

DSC_7607

小野さんありがとうございました!

なお、放送時間が日曜午前7時30分に変わりました。

教えて農業、これからもご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます。