OBS

6月10日の放送内容

2018/06/10  |  ブログ

今回のゲストは、12回生の石和徹也さんでした。大分県庁で、道路や河川など社会インフラの整備・維持管理などの仕事をされています。今年1月に開通した宗麟大橋のプロジェクトも担当。開通式には予想以上の参加者が訪れて、大分市で半世紀ぶりの大規模な橋の建設に多くの方が色々な期待をしているのを改めて感じたそうです。土木の仕事は緻密な計算をして建設をしたり、街づくりを長期の計画で進めたり色々な楽しさがあるそうです。庄の原佐野線はこれが終わりではなく、また次の計画が始まります。次の10年、その次の10年を一緒に取り組んでくれる後輩の方がいてくれるとうれしいですね。
最後に「人が何をしてくれるかではなく、人の為に何ができるかが大切。自分を変えることができるのは自分だけ。自分に何ができるのか創造して取り組んでみてください。」とメッセージを送ってくれました。
次回の番組タイトルコールは3年7組の皆さんの予定です。

photo

photo