OBS

11月4日の放送内容

2018/11/04  |  ブログ

今週のゲストは、14回生の村上博秋さんでした。大学を卒業後は、日本史の先生に。学生の時には雄城台高校で教育実習もしました。高校時代に日本史を習った鹿毛先生(7回生)には、その実習の時も、またその後は大分県立先哲資料館の職場でもお世話になったそうです。そして現在は大分県立歴史博物館の学芸調査課でお仕事をされています。
現在大分県立歴史博物館(宇佐風土記の丘)では『福沢諭吉 独立自尊へといたる道』開催中。年間の中で一番大きな企画展を、今回企画したのは村上さんです。明治150年を記念して大分ともゆかりの深い福沢諭吉をテーマにその業績やゆかりの品などを紹介しています。散歩に持ち歩いた折り畳み式のイス。鍛錬に用いた居合用の刀など貴重な品もたくさんあります。また、11月8日には「福沢諭吉 熟知編」という講座を村上さんが担当します。開催は11月11日(日)まで。詳しくは大分県立歴史博物館のHPもチェックしてくださいね。最後に「歴史を見て欲しい。歴史あるものを見ることで、人の経験したものから自分の中に得られることもたくさんある。」とメッセージを送ってくれました。
次回の番組タイトルコールは3年3組の皆さんの予定です。

photo