OBS

3月8日の放送内容

2015/03/08  |  ブログ

今週は 3月8日に大分雄城台高校で行われた卒業式の模様をお送りしました。
photophoto

早咲きの梅の花があちらこちらに咲く中、体育館でとても厳粛な雰囲気で卒業式は行われました。

緊張の面持ちで卒業生入場。

photophoto

体育館の中は暗転し、ステージの上のスポットライトに照らされて卒業生233人、一人一人に卒業証書が授与されました。

教員生活最後の卒業式を迎えた高木校長先生の式辞。

photophoto

PTA会長薬師寺朗彦さん(9回生)からの祝辞ではバックナンバーの曲が会場に流れ、その歌詞が卒業生はもちろん、保護者の皆さんの心に大きく響いたようでした。

photo

記念品の贈呈(竹田晴香さん)、在校生送辞(関ももかさん)、卒業生答辞と式は進んでいきます。

photophoto

総代としてあいさつしたのは、番組にも出演してくれたハンドボール部キャプテンを務めた前田大地くん。目の前で聞いていた高木校長も胸がいっぱいになったとおっしゃっていました。また、部活での感謝を口にしたときには会場の一番後ろで見守っていた平井監督の様子も胸にくるものがありました。飛川杏樹さんがピアノ演奏をする中、心にじわじわとしみる素晴らしい答辞でした。

photo

式の後、生徒会が作成したビデオが上映され次々と映し出される思い出の写真に卒業生や保護者か歓声があがっていました。

そのあとは生徒、担任、保護者がそろって各クラスで温かい最後のホームルームが行われ、皆さんいつまでも去りがた様子でした。

photophoto

番組では、PTA会長の薬師寺朗彦さんと同窓会長の児玉憲明さんから卒業生の皆さんにメッセージを送りました。

40回生の皆さんご卒業おめでとうございます。これからの活躍を期待しています。

photophoto